COLUMN

2階リビングで注文住宅をグレードアップ!徹底解説

2階リビングで注文住宅をグレードアップ!徹底解説の画像

家族が集まるリビングルームは1階に配置されるのが一般的ですが、このところ増えつつあるのが「2階リビングの家」です。しかし、なぜわざわざリビングを2階にするのか不思議に感じたことはありませんか。じつは、リビングを2階にすることで、さまざまなメリットが得られるケースがあるのです。この記事では、2階リビングのメリットやデメリット、注意点などについて説明します。これからマイホームの新築や建て替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

<span id='point1'>■子育てファミリーにおすすめ!2階リビングとは</span>の画像

■子育てファミリーにおすすめ!2階リビングとは

「2階リビング」とは、その名のとおり、2階にリビングを配置する間取りのことをいいます。もともとは都市部の住宅密集地や狭小地に建てられた家で快適に過ごすために考えられたプランです。隣家との距離が近すぎると、1階の採光や日当たりが十分ではありません。外からの視線が気になり、ブラインドやカーテンを閉じたまま過ごしているという人もいます。リビングは家族が集まる場所なのに、これでは気持ちよく過ごすことができません。
こうした不満は、1階と2階を逆転させた2階リビングプランで解消できます。2階なら外からのぞかれることはなくなるため、カーテンやブラインド、窓を開けてのびのびと過ごせますし、新鮮な空気が流れる気持ち良い空間になります。明るく快適なリビングには自然と家族が集まり、大きなダイニングテーブルで宿題をしたり、パパやママの目の届くところで遊んだりするので安心です。
明るさや風通しの良さ以外にも、2階リビングには多くの魅力があります。そのため、敷地に比較的ゆとりのある郊外でも、あえて2階リビングプランを選ぶ人が増えています。

<span id='point2'>■2階リビングのメリット</span>の画像

■2階リビングのメリット

2階リビングにはどのようなメリットがあるか、さらに詳しく説明していきます。

■日当たりが良い

家族で多くの時間を過ごすリビングは、日当たりが良く、明るい空間であることが望ましいです。2階は1階よりも採光をとりやすく、日照時間も長いため、明るいリビングが実現できます。上階がないので天井にトップライト(天井窓)を設けることも可能です。その場合、家族で寝転んで星を眺めるなど、ちょっとしたアウトドア気分が楽しめるリビングになるのではないでしょうか。

■開放感がある

2階にリビングを設けた場合、天井が高く、柱や壁が少ないスッキリとした空間を作ることができます。リビングとテラスの高さをフラットにするなど、さらに広がりを感じさせる空間づくりも楽しめます。
立地にもよりますが、1階リビングに比べ高さのある2階リビングからは、遠くの景色や夜景を楽しめるのがメリットです。窓を上手に配置すれば、周囲の景色を借景として取り込むことも可能です。眺望の良いリビングは、より開放感を感じる快適な空間となり、家で過ごすのがさらに楽しくなりそうです。

■プライバシーを確保できる

設計上、道路に面してリビングを配置せざるを得ないことがあります。また、住宅密集地では隣家との距離が近く、お互いの家の窓が近い位置にあるというケースも少なくありません。せっかく大きな窓を設置しても、リビングが丸見えになるのを防ぐために常にカーテンやブラインドで目隠しすることになります。これでは開放感のあるリビングとはいえません。
2階にリビングを配置した場合、外からの視線を避けやすくなるため、カーテンやブラインドを閉めっぱなしということはなくなります。リビングから続くバルコニーにハイウォールで目隠しすれば、隣家との距離が近くてもプライバシーを十分確保できます。

■天井高を有効活用できる

戸建住宅の標準的な天井高は、2m20cmから2m40cmほどです。上階に部屋がない2階は、1階に比べると天井の高さを自由にでき、天井高を有効活用できます。勾配天井や吹き抜けにすればさらに開放的な空間になりますし、使い勝手の良いロフト(屋根裏部屋)を設置するのも良いでしょう。ロフトは物置として利用されることの多いサービススペースですが、リビングを見渡せるロフトは子どもの格好の遊び場になります。このように、1階リビングでは実現できない楽しみ方ができるのも、2階リビングのメリットのひとつです。

<span id='point7'>■2階リビングのデメリット</span>の画像

■2階リビングのデメリット

2階リビングにはメリットばかりではなくデメリットもあります。次のような点に注意してください。

■夏場は熱がこもりがちになる

2階リビングのメリットである日当たりの良さが、夏場にはデメリットになります。2階にリビングを配置する場合は「屋根断熱」を欠かすことはできません。窓からは光と同時に熱が取りこまれるので、設置する位置や向きに注意が必要です。さらに、暖かい空気は上に向かって流れることから、2階は1階よりも室温が高くなりがちです。
年々気温の上昇が危険視されていますが、家の中でも熱中症にかかる可能性はゼロではありません。特に幼い子どもや高齢者、暑さに弱いペットがいる場合には要注意です。年間を通して快適なリビングにするためには、断熱と通風を考えた設計が必要になるでしょう。

■階段の上り下りがつらい

リビングを2階に配置すると、生活の中心は2階になります。ゴミ出し、郵便物や宅配便の受け取り、来客など、1日に何度も階段を上り下りしなくてはなりません。2階リビングではキッチンとダイニングも2階に配置するのが一般的です。そのため、食材の買出しに行けば、重い荷物を2階まで運ぶことになります。赤ちゃんを連れていれば、安全のためにまず2階へ行って赤ちゃんを寝かせ、階段を下りて荷物を持ち、もう一度2階に上るという動きになるでしょう。1日に何度も階段を往復するのは面倒に感じることもありますし、体調が悪いときやケガをしたときなどは特に不便を感じます。

■家族の帰宅に気づきにくい

2階にリビングを配置すると、子ども部屋や夫婦の寝室などは1階に配置することになります。帰宅して玄関から自分の部屋に直行してしまうと、2階にいる家族には気づけません。2階リビングは居心地が良いはずなのに、かえって家族と顔を合わせる機会が減ってしまうこともあるようです。
防犯面にも十分注意しなくてはなりません。家族が帰ってきても気づきにくいくらいですから、不審者が入ってきても気づけないでしょう。昼夜に関係なく施錠をきちんとするよう、家族全員で習慣づけることが大切です。さらに、庭に砂利を敷く、センサー付きの照明をつける、1階の窓には面格子やシャッターをつけるなどの防犯対策が必要になります。

<span id='point11'>■2階リビングで注文住宅をグレードアップ</span>の画像

■2階リビングで注文住宅をグレードアップ

2階に配置したリビングには「明るくて開放感がある」「日当たりが良い」など、多くのメリットがあります。住宅密集地や狭小地に建つ家に、さらに子育て中のファミリーにおすすめのプランです。一方で、リビングに行くのに階段の上り下りが必要となり、生活に不便が生じることもあります。2階リビングを検討するときには、自分たちのライフスタイルに合うかどうかをしっかり考えることが大切です。モデルハウスを見学・体験すれば、よりイメージしやすいのではないでしょうか。
注文建築の設計・施工を行うポウハウスは、数多くの施工事例をインターネット上で公開しています。もちろん2階リビングの家もあるので、参考にしてみてください。埼玉・千葉・東京にある展示場では、さまざまなプランのモデルハウスが見学できます。一度訪ねてみてはいかがでしょう。

■2階にリビングのある家の施工事例

丸太梁の家

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00