COLUMN

おしゃれなガレージハウス10選!憧れのガレージを徹底比較

おしゃれなガレージハウス10選!憧れのガレージを徹底比較の画像

 お気に入りの車を大切に保管するため、おしゃれなガレージハウスを手に入れたいと憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。ガレージハウスを実際に建てるために、具体的にどのような事例があるか気になっている人もいるはずです。
 ガレージハウスは人気が高いため、すでにたくさんの人が建築しています。せっかくガレージハウスを建てるのであれば、そのような事例を参考にしながら自分が本当に求める設計を取り入れたいところです。
 今回は、おしゃれなガレージハウスの事例のなかから、特に素敵なガレージハウスを紹介します。愛車のためにこだわりのガレージハウスを建てたいと考えている人は、ぜひ参考にしておしゃれな家を建ててください。

ポウハウスの施工事例ガレージ一覧

の画像

ガレージハウスってどんな家?



ガレージハウスとは、車を停めておくためのガレージを組み込んで建てた家のことです。なお、家の一部になっているガレージ部分は、ビルトインガレージやインナーガレージとよびます。ガレージと家をひとつにすることでさまざまなメリットを得られるため、ガレージハウスは注目を集めています。

の画像

 ガレージハウスの最も大きなメリットは、車をしっかりと守られる点です。単に屋根がついているだけでなく家の頑丈な壁に囲まれているため、強い雨や風の日でも車に対する影響を最小限に押さえられます。また、駐車場が家と一体になっているので、不審者が車に近づくのを防止する効果も期待できます。大切な車を守るためには、ガレージハウスがぴったりです。

の画像

 駐車スペースが家の一部になっていると、車好きの人にとってもメリットがあります。なぜなら、ガレージを趣味の部屋として活用し、車いじりができるからです。家の中なので、外の天候や時間も気にせず好きなだけ車の近くで過ごせます。なかには、ガレージと居住スペースの境目にガラスの窓を設け、いつでも車の様子を確認できるようにしている人もいます。お気に入りの車を家の中から眺められるというのは、ガレージハウスならではの醍醐味です。かっこいい車が家の中から見えると、インテリアの一部のような感覚でも楽しめます。

の画像

 さらに、車を停める場所と居住スペースの距離が近いため、乗り降りもしやすいのが魅力的です。仮に雨が振っていても濡れずに乗車できます。スムーズに移動するのが難しい小さな子供やお年寄りがいても、ガレージに停めてある車へ難なく乗れるでしょう。荷物が多いときでも居住スペースのすぐ近くに車を停めていれば、積み下ろしも楽におこなえます。
 家の一部としてガレージを設ければ、改めて駐車場を借りる必要もありません。車の維持費を安く抑えられるので、気軽に車を買えるのも嬉しいポイントです。
 なお、ガレージハウスは、一般的な家よりも固定資産税が安くなるケースもあります。なぜなら、ガレージの面積が延床面積の5分の1未満であれば、全体の床面積には含まれない決まりになっているからです。条件を満たしていれば、同じ延床面積でも固定資産税が安くなるので、お得になります。ガレージハウスを希望する場合は、全体に対する割合も考慮しておくとよりよいでしょう。
 ガレージハウスを選ぶとさまざまなメリットを得られるので、車が好きな人はもちろん、車を所有しているすべての人におすすめです。

の画像

おしゃれなガレージハウス厳選10選



ひとくちに「ガレージハウス」といっても、工夫次第でさまざまな設計ができます。せっかくガレージハウスを作るのであれば、おしゃれなデザインにしたいと考えている人も多いでしょう。
 ガレージハウスは車の見栄えはもちろん、居住スペースとの整合性も考慮する必要があります。人によってさまざまな工夫を取り入れ、素敵なガレージハウスを実現させているケースも多いです。
 実際には、ガレージハウスにはどのような工夫が取り入れられ、どのようなデザインで作られているのでしょうか。ここでは、おしゃれなガレージハウスの例を10ほど紹介します。特徴や工夫されているポイントについて詳しく解説するので、ガレージハウスを作る際にはぜひ参考にしてください。

の画像

1、仕事場兼遊び場のガレージハウス



仕事場兼遊び場のようなかっこいいスペースを実現したガレージです。外から見るとブラックのボックス型の外観が特徴的で、家の一部に組み込まれたガレージに車を駐車している様子がわかります。
 内装もブラックとホワイトをバランスよく配置しているシックでおしゃれな家です。ガレージの横には大きな窓が設けられており、窓からそのままガレージに出られるようになっています。荷物が多いときや雨の日でも、スムーズに車から乗り降りできるので便利です。
 ガレージを中心にデザインが考えられており、高級感があります。たとえば、家のなかにはウッドデッキや吹き抜けも設けられていて、おしゃれな印象です。
 また、ガレージの奥の部屋には作業スペースが設けられており、そちらにも窓が設置されました。窓を覗けばすぐに車が見られるので、車に近づかなくても車の様子を感じられます。どこにいても車の様子を確認しやすいため、車好きにはたまらない空間となっています。

の画像

2、人生を楽しむ趣味のガレージハウス



愛車のメンテナンスや趣味を思う存分楽しめる空間が実現しています。全体的にブラックでまとめており、スタイリッシュかつモダンな雰囲気が素敵です。
 ガレージは駐車した状態でも乗り降りでき、かなりゆとりがあります。車を壁でしっかりと囲んでいるので、雨や風によるダメージが加わる心配もありません。
 ガレージは広い空間を確保した土間とつながっており、作業しやすいのも魅力的です。土間とガレージの間に大きな窓があるので、ガレージに出なくても車の様子を確認できます。窓が大きいため、土間とガレージの出入りもしやすくなっています。
 また、こちらのガレージハウスは車だけでなく、他にも趣味を楽しむための工夫を取り入れているのが特徴的です。具体的には、集めたCDをディスプレイし、趣味のドラムを思い切り楽しめる防音室も完備しています。インナーガレージとともに好きなことにこだわっているため、自分自身の楽しみを追求できる空間となりました。

の画像

3、和モダンのガレージハウス



和モダンな雰囲気を活かした、オリジナリティの高いガレージハウスです。リビングのすぐ隣にガレージがあり、ソファに座ってテレビを見ているときでも、横目で愛車の様子を確認できます。リビングとガレージの間に大きな窓が設けられているので、気になったときはいつでもガレージに出られます。リビングのインテリアのひとつのような感覚で車を眺められるため、車好きの人に特におすすめの間取りです。
 また、車の様子を眺められるのはリビングだけではありません。奥に設けた書斎にも大きな窓があり、ガレージの中を見られるようになっています。たとえば、作業の合間にガレージを眺め、一息つくことも可能です。さらに、ダイニングからも車の後ろ側が見えるようになっています。家で過ごすときはいつでも車が目に入るので、車を大切にしたいという人は大きな安心感が得られるでしょう。
 和モダンの雰囲気をうまく活かしながらガレージを配置しているため、違和感なく車が生活空間に溶け込んでいます。

の画像

4、樹齢70年の桜を眺めるガレージハウス



ガレージを設けて車を楽しめるようにしただけでなく、樹齢70年の桜も眺められるようにしたガレージハウスです。リビングの一面の壁に大きな窓を設置し、桜のダイナミックな様子がいつでも見えるようになっています。桜の雰囲気と調和するよう、リビングには無垢床や塗り壁を取り入れました。その結果、自然な雰囲気が落ち着きを放つ、素敵な空間になっています。
 こちらの家では桜を見られる窓だけでなく、ガレージに直接つながる土間も設けているのが特徴的です。土間といえば一般的には靴を脱ぐための場所ですが、こちらではガレージの車を見るためのスペースとして活用しています。ガレージと土間の間には大きな窓が設けられているので、すぐに行き来が可能です。ガレージ内にはさまざまな道具を配置しており、車の趣味を心ゆくまで楽しむための空間として使われています。土間には自転車も置くことができるので、有効活用できるのも大きなポイントです。家族みんなで安らぎと楽しみの両方を共有できる空間になっています。

の画像

5、家族の気配を感じられる空間のガレージハウス



工房スペースとガレージを設けたことで、趣味を楽しめる家が実現しました。工房とガレージをすぐ近くに配置し、趣味に使うスペースをうまく集約しています。
 居住スペースは仕切りが少なく、いつでも家族の気配を感じられるのも魅力的です。室内は木の質感を生かしており、温かい雰囲気をさらに強く演出しています。おしゃれなカフェのような雰囲気で、家族でゆったりと過ごせる空間です。
 ガレージと室内は大きな窓で仕切られており、いつでもすぐに出入りができます。窓を開けたときに間に段差ができないため、行き来がしやすいのも嬉しいポイントです。たくさんの荷物を車から下ろしたいときも、スムーズに運べるので便利です。家族で出かける際は、車へ楽に乗り込めるでしょう。
 家族みんなで過ごす家づくりにおいてガレージハウスを希望するなら、ぜひ参考にしたい設計やデザインです。趣味の空間を確保しつつ、家族みんなで過ごしやすい空間を作り上げましょう。

の画像

6、三角形の敷地のガレージハウス



三角形の敷地を有効活用し、こだわりを詰め込んで建てられたガレージハウスです。ガレージの内部の様子をリビングから見られるようにしただけでなく、必ずガレージを通ってリビングに行くという動線がとても斬新です。
 玄関を入ればすぐにガレージにつながっており、いつでも車の様子を感じられます。愛車中心の生活がしたいという人には、憧れの間取りを実現させています。
 こちらの家はガレージ部分のみ平屋となっており、居住スペースは2階建てです。平屋と2階建てのそれぞれにあえて角度をつけて設計し、居住スペースからのガレージの見え方を工夫しているのも他にはない特徴です。斜めの方向からガレージを眺められるため、見る場所によって車のさまざまな表情を楽しめます。
 ガレージハウスながらガレージと居住スペースを明確にわけたことにより、ガレージは余裕のある広々とした空間を実現できました。愛車の存在感もしっかりと出すことができ、リビングからの眺めにも高級感があります。

の画像

7、ショーウィンドウ・ガレージハウス



通りを歩く人も思わず見惚れるような、おしゃれで目を引くガレージハウスです。ガレージの床にLEDライトを埋め込んでおり、光が滑走路を思わせるデザインに仕上げました。全体的にモダンでクールな印象のあるデザインを取り入れており、ガレージにもその雰囲気を取り入れています。
 室内にはステンレスのオープンキッチンを採用し、さらにレンジフードが12色にライトアップできるようにしているこだわりもこの家の大きな特徴です。通りからでもライトの様子がわかるので、ガレージのLEDライトともに通りを歩く人から注目を集めます。
 ガレージのなかに趣味を楽しむためのスペースも併設しているので、ガレージハウスの魅力をしっかりと活かせる空間になっています。ガレージと趣味のスペースがつながっていると趣味を楽しむうえで利便性が高いので、多くの人が憧れをもつのではないでしょうか。自分自身のお気に入りを詰め込み、好きなことを思い切り楽しめるようになります。

の画像

8、高低差のある敷地を活用のガレージハウス



高低差のある敷地を活用し、上下の空間を活かしているガレージハウスです。外観はスクエア型でモダンな雰囲気があります。そこにガレージのスペースを設け、すっきりとした印象にまとめています。高低差があるうえに3階建ての家なので、スラッと高く伸びているスタイリッシュな印象です。
 ガレージとつながっている玄関は、ガレージの雰囲気と馴染ませるため空間を広く取っているのが特徴的です。また、玄関にも段差を設けたことで、高低差による室内の上り下りを減らしているのも工夫されているポイントです。玄関とガレージの間にもステップを設けており、さらに高低差による負担を軽減しています。
 ガレージの奥には書斎が設けられていて、室内からでも車の様子を楽しめるようになっています。また、ガレージの天井部分は収納スペースになっており、空間を有効活用しているのも真似したい部分です。より暮らしやすい室内にするために、ガレージを含めて家全体の設計やデザインを考えた成功例といえます。

の画像

9、周囲に溶け込む住宅のガレージハウス



全体に木材を使用し、自然あふれる環境に溶け込ませたガレージハウスです。和風な外観にあえてガレージを設け、バランスのとれたおしゃれな印象にまとめています。和風なガレージハウスを建てたい場合は、とても参考になる事例です。
 玄関は格子状の引き戸になっており、そこにスリット状の窓もついています。窓からガレージの様子を確認できるので、すぐに愛車の状態を確認することが可能です。
 和風な外観にあわせ、室内は木の温もりが感じられる落ち着いた空間になっています。畳を複数箇所に配置しており、和の雰囲気を大切にしているのも魅力的です。
 階段の手すりやこもり間の天井などところどころにブラックを取り入れ、モダンな雰囲気をプラスしているのもポイントです。また、小ぶりの照明を複数配置し、優しく室内を照らしています。
 ガレージハウスながらも居住スペースとのガレージの間に明確な区切りをつけ、落ち着いて過ごせる環境を整えたい場合に最適なデザインです。

の画像

10、プライバシーを確保できるガレージハウス



ホワイトを基調としたシンプルなファザードが印象的なガレージハウスです。夜間はガレージと家の一部から優しい光が放たれ、バランスのとれたおしゃれな雰囲気になります。
 正面に窓を配置していないものの、バランスを考えた設計により室内に自然光がしっかり入るように工夫されています。外部と内部の中間にあたる場所として2階にライトコート設け、周辺の環境を気にせずのびのびと過ごせる空間を作っているのも大きなポイントです。
 玄関を入ってすぐの場所にガレージとつながる窓が現れるため、車で帰宅したときはたくさんの荷物を簡単に下ろせます。室内から車の様子を確認できるので、愛車を常に身近に感じていたい人でも満足できるガレージハウスです。
 周辺に対するプライバシーを確保しながら、趣味や家族との暮らしを気兼ねなく楽しめる空間を実現しています。生活に馴染みやすいガレージハウスを作りたいと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

の画像

おしゃれなガレージハウスのまとめ



ガレージハウスにはさまざまなメリットがあり、多くの人が家づくりにおいて取り入れています。ガレージハウスは愛車をいつも身近に感じたい人だけでなく、カーライフを充実させたい人にも適しています。車好きな人はもちろん、車を所有している人なら誰でも便利に活用できるのでおすすめです。
 実際に建てられたガレージハウスの事例を見てみると、おしゃれで機能的な家がたくさんあります。趣味を思う存分楽しめるガレージハウスだけでなく、家族でゆったり過ごしやすいガレージハウスを作ることも可能です。自分たちのライフスタイルにあわせ、最適なガレージハウスを実現させましょう。
 おしゃれなガレージハウスを希望しているなら、「ポウハウス」に依頼してみてはいかがでしょうか。ポウハウスは手に触れる場所だけでなく、見えないところまで細部にこだわる家づくりをしています。ポウハウスへ注文住宅を依頼し、希望通りのガレージハウスを手に入れましょう。

ポウハウスのデザイナー
あなたの夢や希望をデザイナーに話しませんか?

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00