TECHNOLOGY

住環境

それは、地域を知り尽くし、立地や地形、通風を考慮しながら住まいをデザインすることから始まります。
南向きの大きな窓だけが、快適な住まいをつくる方法ではありません。
風や光とうまく付き合いつつ、断熱性や換気などのハード面も生かされる。それがポウハウスのパッシブエコシステムの考え方です。


”エコ”には2通りの考え方があります

設備による省エネ化手法アクティブエコ

設備による省エネ化手法
アクティブエコ

アクティブエコとは、高気密・高断熱の家に、床暖房や空調設備を駆使して心地よい住まいづくりをする設計手法のことです。
太陽光発電パネルや省エネ設備を効率よく利用するため、エコでも快適な暮らしを実現できます。

建築による省エネ化手法パッシブエコ

建築による省エネ化手法
パッシブエコ

パッシブエコとは高気密・高断熱の家に、自然の風や光をうまく取り入れて心地よい住まいづくりをする設計手法のことです。
電気やガスなどに依存しないため、省エネな暮らしを実現することができます。

建築(”デザイン”)による住環境づくり

建築(”デザイン”)による住環境づくり

床暖房や空調設備を駆使して心地よい住環境を作る「アクティブエコ」に対して、自然の風や光をうまく取り入れて心地よい住環境を作る「パッシブエコシステム」。地域に根差すポウハウスだからこそ、日光のコントロールや、風の流れ植栽の配置を考慮した設計で心地よい住環境を実現します。

過剰な断熱には効果がない?

過剰な断熱には効果がない?

右図の通り、断熱性能を高めれば高めるほど、年間空調負荷が低くなるわけではありません。地域気候に適した、理想とする遮熱性能範囲(パッシブエコシステム)を見いだすことで、過度な断熱は不要となります。

住まいに心地よい風を呼び込む通風設計

ポウハウスオリジナル通風設計

ポウハウスオリジナル
通風設計

一般的に使用されるアメダスに加え、商圏エリア100地点以上の市町で計測している気象データを入手し、気象特性や風向を分析。窓や植栽の配置を検討し、風が通り抜けるよう設計します。オリジナル通風換気回数チェックシートを使用し、通風量の目安である1時間あたり18回程度の換気量をチェックしながら設計。これにより、窓を開ければ気持ちよく風が入り、快適に過ごすことのできる住まいを実現します。
※建築基準法では、1時間あたり0.5回と定められていますが、36倍の換気量をチェックして設計しています。

オリジナル計画換気システムで、24時間365日快適な暮らし

窓を閉め切っていても、空気は新鮮マイルドエアフロー -CHR

窓を閉め切っていても、空気は新鮮
マイルドエアフロー -CHR

マイルドエアフローは、「快床空間」と「床下空間」に外気を流すことにより、室内温度に近づけてから、外気を室内に取り込むシステム。
冬は足元の寒さが和らぎ、夏は室内に熱い外気が直接入ってこないため、快適性が向上します。

窓の断熱で、夏も冬も快適に過ごす

特殊金属膜をコーティングLow-Eガラス

特殊金属膜をコーティング
Low-Eガラス

光や熱を選択透過・反射する特殊金属膜をコーティングした、断熱性の高いLow-Eガラス。有害な紫外線をしっかりカットします。また、嫌な結露やカビ・ダニの発生も抑制。樹脂サッシと併せて用いることで、省エネ効果も高まります。

断熱性の高い樹脂サッシ

断熱性の高い樹脂サッシ

夏の熱い空気を遮り、冬の温かな室内空気を外に逃がさないため、高い省エネ効果を発揮。
窓表面と室内の温度差を緩和することで、カビ・ダニの鯨飲になる結露も抑制します。

2種類のLow-Eガラスを方位によって使いわけることで、理想的な設定が可能

2種類のLow-Eガラスを方位によって使いわけることで、
理想的な設定が可能

冬の昼間は太陽高度が低いため、窓面から多くの日射を受けます。南側に断熱Low-Eガラスを設置し、室内に太陽の熱を取り込むことで暖房コストをダウン。また、夏の朝と夕方も太陽高度が低く、室内に日射熱が伝わってきてしまいます。
外気を入りにくくするため、東西側に遮熱Low-Eガラスを設置。方位によって窓ガラスを使い分けることで、夏の日射を遮りつつ、冬の暖かな日差しを取り入れられる快適な住まいを実現します。

2階床の遮音性能を向上させ、上下階の音問題を解決します

床衝撃遮音工法快床(かいしょう)

床衝撃遮音工法
快床(かいしょう)

快床は、2階の三重床構造の下に空気層を設け、吸音材を入れ厚床貼りを行う高遮音床。マイルドエアフローの温度緩和空間と併さることで、1階の遮音性が大幅に向上します。また2階バルコニーへのまたぎをなくし、フラットな出入りにすることもできます。

– ポウハウスのテクノロジー –

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00