COLUMN

自分の想いを生かすデザインの注文住宅は時間の余裕をもって

自分の理想を実現するために資金計画から

注文住宅といえば、自分の理想を形にできる方法です。注文住宅は憧れもあり、自分の好きなデザインや素材を用いることもできるでしょう。おしゃれに見せることもでき、時間をかけて建てるからこそ愛着もわきます。しかし、自由に設計できる反面、後々問題が発生する可能性があります。費用は掛かかることや、思っていたイメージとかけ離れて完成してしまう可能性が出るのも問題でしょう。

本来設計とは、細かな部分にまで計算し作られます。理想だけでは、この計算に当て反らないこともよくあることを認識しなければいけません。何事も理想だけでは、現実的に使いやすいとは限らないということです。それどころか、ライフスタイルに合わないマイホームになる可能性も出てきてしまうでしょう。だからこそ、さまざまな面を踏まえデザインを考えていかなければいけません。

特に気になる点は、資金計画であることは確かです。マイホームにどんどんと資金をつぎ込んでしまったことによって、将来の人生設計が崩れてしまうようなこともあるでしょう。ない袖は振ることができないのにもかかわらず、何とかなると思い込んでしまうのも、注文住宅を建てるときに大きな問題につながります。

そのため、しっかりとした資金計画を立てるところから始めなければいけません。貯蓄している資金はどれぐらいあり、マイホームを建てるためにどれぐらい使うことができるのか、ローンを組むのであれば一体どのくらいの期間で返済できるかについてです。無理なく返済を続けられるようにあらかじめ計画することで、将来設計が破綻してしまうこともないでしょう。

こうした資金計画を逆算して行くことによって、資金計画は出来上がります。土地を探すときにも十分に必要となることですので、できるだけシビアに組み立てていくことが重要です。それでも、見積もりとしてはかなり甘くなっていくことがほとんどですので、厳しい目で見ていかなければいけません。

施工事例から資金計画と照らし合わせて

注文住宅で、納得のいくデザインにするためには、業者選びが重要です。しかし、どこの業者を選んだらいいのか迷う人も少なくありません。設計事務所を入れる場合には、施工は別の業者が行います。本当に意思疎通ができているのかで、仕上がりの差が出てくる場合もありますので、十分な注意が必要でしょう。建築会社に依頼するのであれば、デザインから設計施工を通して行えることがほとんどです。一貫施工ができるからこそ、自分の意思を通しやすいという側面があるでしょう。

デザインに関して言えば、確実に生かしたいという場合には、建築会社がおすすめです。これまでの施工事例を見ることによって、どのようなデザインを得意にしているのかもわかります。施工事例からは、費用の明細がわかるため、資金計画と比較してみることもできるでしょう。アフターサービスの充実度とともに比べてみると、よりメリットが見えるでしょう。

注文住宅であり、自分の想いをデザインとして残すことになるのですから、妥協はいりません。それだけの大きな買い物のため、自分の思いが伝わるのか、業者と話を進めながら突き詰めていくことが重要です。妥協をすれば、あとから必ず後悔することになるでしょう。施工側にとっても、クレームにつながるため、納得できないものを作ることは望みません。本気で話し合いができる業者を選ぶことがポイントです。何社か比べてみるとよいでしょう。

時間には余裕を持って考えていく

注文住宅は、建て売りとは異なります。デザインを生かすためには、設計もかなりこだわることになるでしょう。図面の段階から時間がかかることから、住めるようになるまでの時間は余裕を持たなければいけません。頻繁に打ち合わせをする必要があり、申請や調査などでも時間がかかります。納得できるマイホームにするためには、1年以上はかかると考えておかなければなりません。基礎を作るだけでも思っている以上に長い時間がかかると思っておきましょう。

しかし、焦らせたりすると何もいいことはありません。本来かかる時間は、どうやっても縮めることはできないものです。急げといってかかる時間を縮めれば、どこかにひずみが寄ります。そのひずみは、施工不良といったことも生み出してしまいますので、計画は余裕を持って進めていくことが注文住宅には必要だといえるでしょう。

注文住宅を作り上げられることは、非常に楽しいことです。自分の夢も希望も詰まっているでしょう。誰もができないマイホームを自分の意思で作り上げることができるため、これ以上の喜びはありません。それだけに、焦ったからといって失敗は許されません。自分や家族の将来にも影響を与えることになりかねないからです。納得がいくマイホームにするためにも、資金計画の段階から、ゆっくりと時間をかけて作り上げていくといいでしょう。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00