COLUMN

和風モダン住宅にあえて土間を取り入れる意味とメリット

和風モダン住宅にあえて土間を取り入れる意味とメリット

和風モダン様式に土間を入れるメリット

土間

 日本で伝統的に取り入れられてきた建築工法のひとつに土間があります。昔ながらの農村地域などで多く見られるスタイルですが、機能的にもすぐれているとしてここ数年は都市部の注文住宅などでも取り入れられるケースが増えてきています。

 ここでは、土間のメリットをご紹介しています。

 第一のメリットは、外からの汚れを直接室内に持ち込まずにすむことです。玄関部分に専用スペースを確保することによって外と室内との中間地点ができるので居住スペースを綺麗に保つことができます。
 また、大型の荷物を置いておくスペースとしても最適です。自転車やバイクなど汚れのつきやすいものの専用スペースにすることで雨や泥などを気にせず、屋内での暮らしを楽しむことができます。

 ちょっとした来客時にも効果を発揮します。部屋のプライベートな部分は見せたくないけれど玄関先で応対するのはなんとなく失礼などという場合にも、屋外と室内との緩衝地帯がもうけられていれば落ち着いて話ができますし、相手にも不快感を与えずにすみます。
 汚れを気にしなくてすむというメリットを利用して、キッチンの床に配置するのもひとつのアイディアです。キッチンは家の中でも最も水による汚れがつきやすく、フローリングではメンテナンスに苦労するという声がよく聞かれます。その点、排水性にすぐれ汚れをある程度放置できるスペースをキッチンにつくれば普段のお手入れも格段に楽になります。

和風モダン様式に土間を入れるデメリット

土間

 日本古来の伝統様式は上手に活用すれば暮らしをいろいろな意味で支えてくれますが、その一方でデメリットについても慎重に考慮しなくてはなりません。

 暮らしに直接影響を与えるという面でのデメリットといえば、冬場の底冷えが挙げられます。また、反対に熱気も溜め込みやすいという特徴があり、たとえば近くに冷蔵庫などを配置すると、本体が放出する熱を吸収して真夏でも熱くなってしまう場合があります。

 空間的な非効率性もデメリットのひとつです。もともとフラットな空間の一部をあえて若干低くする手法ですから、必然的に空間が分割されることになります。あらかじめ分割されることを想定したうえで配置する場合は問題ありませんが、リフォームなどで急遽分割が必要になった場合には空間がより不便なかたちで分けられることになりかねません。また、年齢を重ねるにつれて分割によって生まれた段差が億劫になるケースもあります。最近注目のスキップフロアと同様、導入にあたっては体力がなくなってからのこともよく考え、必要に応じてバリアフリー設計に切り替えられるような工夫が必要になります。

 ここまで見てきておわかりいただけたかもしれませんが、デメリットはメリットの裏返しです。ちょっとした工夫次第で欠点を利点に変えることができます。注文住宅設計の際は専門家のアドバイスを取り入れたうえで最適な手法を取り入れましょう。

和風モダン住宅の土間設計で後悔しないためには?

土間

 プロのアドバイスを最大限に取り入れ、理想を思いきり追求した注文住宅も、暮らしていくうちにいつしか経年劣化し、あちこち修繕する必要が出てきます。住宅のリフォームで最も多いのはキッチン、トイレなどの水まわりと言われています。水まわりはとくに年月による劣化が激しく、場合によっては大がかりな改修工事が必要になるケースがあります。

 リフォームの依頼が多く寄せられるのが寝室です。ベッドルームは1日の始まりと終わりを清々しい気分でむかえたい場所であり、ユーザーの理想を最大限に実現したい空間でもあります。住まいを事前にチェックするのは日中の時間帯が多く、早朝や深夜のベッドルームの快適さを知る機会はほとんどありません。そのため、実際に入居してはじめて空間的な違和感に気づき、あわてて改修工事を行うケースが多いようです。

 注文住宅を購入するうえで大切なのは、夫婦間での意見をすり合わせておくことです。住まいはほとんどの人にとって一生に一度の買い物になるため、それぞれの理想や譲れないポイントがぶつかり合い、決定的な亀裂につながりやすいと考えることができます。設計前の段階で納得のいくまでとことん話し合い、最終的にはきちんと意見を一致させる、というのが理想の住まいづくりのパターンです。

 夫婦だけの問題ではありません。子どもがある程度成長している場合は、子どもの意見を取り入れる必要があるでしょう。また、両親世代との同居を視野に入れている場合はそちらのほうの要望を反映させることも重要です。夫婦、両親、子ども、それぞれの願望をひとつひとつ意味のあるかたちにして、理想の住まいをつくっていく、それはまさに「みんなのいえ」なのです。

和風の家の特徴とは

土間

 近年では洋風の住宅が増えてきており、特に分譲住宅ではほとんどが洋風住宅となっています。しかし、ここ最近では昔ながらの日本の和風住宅が人気を集めてきています。主に注文住宅で建てる方法になりますが、昔ながらの日本の家ということで落ち着きを感じる人も多いと言われています。日本ならではの家と言っても様々な特徴があります。これから和風で建てたいと思っている方のためにもここではどんな特徴があるのかについて紹介をします。。

 1つ目は門を構えた入り口があることです。基本的に洋風な作りでは入り口に大きな門があるということはほとんどありませんが、日本では一般的に住宅地の道路に歩道が少ないので公共のスペースとして私有地との境目に門を設けているところがあります。門と言っても比較的大きいですし、コスト的にも門があるのとないのでは変わってくるので、通常の分譲住宅で作るということはほとんどなくなりました。しかし、注文住宅なら昔ながらの門の再現まで行うことができるでしょう。窓を上手に配置すれば、周囲の景色を借景として取り込むことも可能です。眺望の良いリビングは、より開放感を感じる快適な空間となり、家で過ごすのがさらに楽しくなりそうです。

 2つ目は塀で囲むことです。近年の洋風で建てられている分譲住宅などは家を塀で囲むということはコスト的にもあまりありません。基本的には柵などを利用して囲むことがほとんどですが、昔ながらの日本の家はプライバシーを守るためにも塀や壁で覆っているところが多くなっています。これはプライバシーを守ること以外にも高級感が出るため、和風の中でも人気の形です。

   3つ目は屋根瓦です。日本は世界の中でも雨が多い国になるので、近年では屋根瓦で家が建てられるということは減ってきています。屋根瓦は昔は劣化すると雨漏りなどに繋がると言われていましたが、近年では技術も向上しているので、雨を弾くような作りも可能になっています。屋根瓦は洋風な屋根に比べると高級感もありますし、和風の印象を与えられる重要な部分になるので屋根瓦を使用したいと思っている人も多いと言われています。

   その他にも床が暖かいといった特徴があります。近年では比較的安いフローリングタイプが増えていますが、床暖房が無ければ素足で歩くときに冷たいと感じることがあります。それに比べて畳は床暖房などが無くてもフローリングほど冷たいと感じることはありません。暖かさがある点は魅力的です。このようにここでは一部分を紹介しましたが、和風には様々な特徴があります。

 

失敗しない間取りの考え方

土間

 家を建てるという場合には注文住宅と分譲住宅のどちらかを選ぶ人が多いですが、和風にしたいという要望などがあるなら注文住宅を選択すると理想通りに建てることができるでしょう。しかし、慎重に考えないと後々間取りなどで失敗したと後悔をすることもあるので、一つひとつのことを慎重に考えることは大切です。その中でも間取りは重要になるので、ここでは間取りを考える際のポイントについて紹介します。

 1つ目は気持ちのいい光が家の中に入るかどうかです。例えば家が完成してから光が入ってこないと後々気付いても変更することは難しいので、事前にどのように作ったら光を上手くとり入れることができるのかなどを業者と話し合って決めるようにするといいでしょう。もちろんあまり光が強く当たってほしくない場所もあるでしょう。全ての部屋に光が入るように作ってしまうと、これも後悔する可能性があるので、光をとり入れるところと入れないところを考えながら決めていくことが大切です。

 2つ目は生活動線です。生活動線はそれぞれの家庭によって異なりますが、例えば子供がまだ小さいという場合には将来的なことも考えながら生活動線について検討するといいでしょう。

 3つ目はコンセントの位置です。和風をイメージし過ぎてコンセントが少なくて失敗したという人は多く存在しています。今では多くの家電があるので、コンセントの配置や数にもこだわった方が後悔することはありません。  このように、間取りに関しては考えたいことが色々ありますので、失敗したくないと思っている人は前もって生活スタイルをイメージしておくといいでしょう。

注文住宅はどこに依頼する?

土間

 和風の家にしたいという場合は注文住宅を選択する人が多いのですが、ここで重要になるのがどこの業者に依頼をするかです。実際に注文住宅で家を建てることが出来る業者はたくさん存在しています。選び方は重要になりますが、まず大切なのが展示場の見学ができるかどうかです。展示場を見ることのメリットとしては家の設備や使用されている材料などを実際に目で見て確認することができることです。そうすることで、どんなデザインにしたいかイメージもしやすくなるので、より理想的なマイホームを建てられるでしょう。

 業者の資料も見ておきましょう。資料はネットから請求することができますが、資料を見ることができればどんな家を完成させられるのかなどを見ることができます。何も知らずにいきなり注文してしまうと後悔をする可能性もあるので、まずはどこの業者に依頼をしたいのかについて考えましょう。

和風モダンの家を建築するメリットとは

  従来に比べると現代は和風よりも洋風なデザインが人気を集めていますが、それでもあえて和風を選んで家を建てているという方もたくさんいます。なぜ和テイストの家を建てるのかというと、和テイストならではのメリットがたくさんあるからです。具体的にどんなメリットがあるのかこれから建てようと思っている人は気になっている方も多いでしょう。ここでは和風の家を検討している人たちのために和テイストにはどんなメリットがあるのかについて話します。

素足でも心地よい生活を送ることができる

土間

 和風の住宅と言っても作り方で異なりますが、中には畳を中心とした家を建てている人もいます。例えば洋風だとフローリングタイプが多いですが、日本では靴を脱いで生活をするので、フローリングを素足で歩くと冬は冷たいと感じたり、夏はベタベタと不快感があったりすることがあります。靴を脱いで生活をする習慣があるので、素足等で歩いても不快感がない床材を選択することが重要です。畳なら夏でも冬でも不快さを感じることはありません。素足で生活しやすい床材です。和テイストなら畳中心の床材を選択することができるので魅力的です。

屋根のデザインが優れている

土間

 和風というと屋根が瓦というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。しかし、瓦には少し問題があって瓦は重量があるので耐震性にあまり優れていないというデメリットがあります。近年ではモダンな和テイストを実現することができ、技術力も上がっているので瓦のデザインをした屋根をつくりあげることも可能です。そうすることで重量も軽くなり、耐震性もアップします。和の家だと耐震性が優れていないので洋風を選択する人が多いですが、建築技術が上がることによって和の家でも耐震性を強くすることができるので魅力的です。

風通しを良くできる

土間

 例えば扉ではなく、和風の代表的な襖にすることで開け閉めが簡単ですし、取り外すことも可能なので部屋全体に風を送ることができます。また、2室を1室にすることができたり、部屋を広くしたりすることも可能なので魅力的です。このように、和テイストなモダンな建築をすることで得られるメリットは色々あります。和風ならではのデメリットも今の建築技術で無くすことができるので、選ぶ人も増えています。

和風モダンの家を建築したいならデザイン住宅を検討しよう

土間

 和テイストでモダンな家に住みたいと思っている人の中には家の購入を検討している方もいるかと思いますが、近年では分譲住宅なども人気を集めているので分譲住宅で探そうとしている人たちも多いです。しかし、今の分譲住宅は基本的に洋風デザインで建てられていることがほとんどなので、和のデザインの家を購入するということは難しいのです。なかなか探すのが大変なので諦める人も多いですが、手に入れたいならデザイン住宅を選ぶといいでしょう。なぜデザイン住宅を選ぶといいのかについてここでは紹介します。

 選んだ方がいい理由としては自由設計が可能だからです。人それぞれデザインのコンセプトは異なると思いますが、デザイン住宅ならお客さんの要望に応じてデザインのコンセプトを考えてくれるので、イメージ通りの家が建築しやすくなります。例えば外観は和風で内装は洋風というよな要望にも応えられるので、思い通りの家を手に入れてたいならデザイン住宅を検討するといいでしょう。

またその他にも予算を決められるというメリットもあります。デザイン住宅を選ばない理由の一つに料金が高いということが上げられますが、必ずしも料金が高くなるということはありません。家を建てるのでそれなりに費用は必要ですが、デザイン住宅なら使用できる建材や家の大きさなども決めることができるので、予算に応じた家を建てることが可能です。予算に合わせて建てられるというのは魅力的です。

和風モダンの家を建築したいならデザイン住宅を検討しよう

土間

 和風モダンな家を建築したいと思っているならハウスメーカーに依頼することが一般的ですが、実際に和テイストの家を建てられるハウスメーカーも多いですし、それぞれサービスなど異なる部分は多々あるので、どこに依頼するかが重要です。ここでは失敗しないためにもどこのハウスメーカーに依頼をするといいのかについて紹介します。

 大切なのが実績です。例えばハウスメーカーによってはグッドデザイン賞を受けているところもあります。こういった実績があるところなら居心地の良い家をつくりあげてくれる可能性が高くなります。実績は重要になるので事前にチェックしておくといいでしょう。また、保証内容も重要になるので、建築後の保証は充実しているかもチェックして選ぶようにすると失敗することも少なくなります。

和風モダン住宅の実例豊富なポウハウス

土間

 埼玉・東京・千葉の注文住宅「ポウハウス」では、日本特有の「引き算の文化」を取り入れ、「和の心の継承」を意識した家づくりを行っています。家を建てる地域の風土や気候に合わせた工夫を重視しながら、お客さま1人1人の要望を取り入れた設計を心がけています。ポラスグループの最先端のテクノロジーを活用し、木造でも耐震性や耐火性に優れた住宅を提供しているのできっとご満足いただけるはずです。>トップレベルの技術と経験を備えた設計士が家づくりをお手伝いさせていただくのでご安心ください。>和風モダンの素敵な家を検討している方は、ポウハウスへご相談してみてはいかがでしょうか。 土間

Contact ご予約・各種お申し込み

来場予約 資料請求 イベント