COLUMN

注文住宅でデザイナーズ住宅の相談、計画はポウハウス

注文住宅でデザイナーズ住宅の相談、計画はポウハウスの画像

 ■デザイナーズ住宅なら専門の注文住宅会社に依頼を

デザイナーズ住宅の依頼は、近年様々な暮らしの変化によってニーズが増えています。どのような生活を理想とするのかで住宅の様式も変わってきます。特に、戸建て販売ではなく、デザイナーズ住宅は一からお客様のオーダーメイドで設計、内装、プランニングをはじめるため、世界にひとつしかない住宅となります。外見のデザインはもちろんのこと、内装の仕様や暮らしのコンセプトに合わせてイメージは大きく変わってきます。

 デザイナーズ住宅には、住宅専門のデザイナーが在籍しており、間取りから外観までを提案してくれます。和風、洋風、材質、予算など幅広い条件からデザイナーズ住宅を選ぶ場合には、注文住宅専門の会社であれば幅広いノウハウを持っています。どのような暮らしをイメージして住宅を設計、建築されるのかで住宅の完成像も変わってきます。

 ご家族のライフスタイルに合わせて、住宅の内装も大きく変わります。木のぬくもりを大切にした、柔らかい室内のイメージや、スタイリッシュで近代的な内装にする仕様など、方法はさまざまです。専属のプランナーが希望される住宅のイメージに沿った提案をしてもらうことができます。子供のころから叶えたかった念願の自分だけのプライベートルームを実現することも可能です。

 注文住宅を専門に取り扱う会社であれば、在籍するスタッフ、プランナーともに過去の実績も豊富で、幅広い実例から実際に希望する住宅のイメージを膨らませることができます。ガレージハウス、ステップフロアなど、住宅以外も希望があれば提案を酌んでデザインしてくれます。実際に建築現場を見学できる場合や、セミナーなどを設けている会社もあるため、利用してみると良いでしょう。

<span id='point2'>■住宅の各種手続き</span>の画像

■住宅の各種手続き

 デザイナーズ住宅を注文する場合、事務的手続きが多く発生します。これらの法的な手続きは専門的な用語や書類が多く、慣れていない方には煩雑であるため、分かりにくいことも珍しくありません。注文住宅専門の会社では、税金やローンなど、住宅に関するすべての手続きの依頼を受けて代行してくれる場合があります。夢のデザイナー住宅に向けての準備を専属のプランナーと一緒に進めていくため、手間のかかる諸手続きの負担を一任することができ、スムーズに進みます。

 一戸建て住宅を購入する場合、ほとんどの場合が住宅ローンですが、内装も含めて減税の対象となる部分についての申告など手続きは煩雑で、準備をしなければならないことが多くあります。住宅のコンセプトに合わせて購入した家具などの各種設備の諸費用と住宅に関する費用の負担なども同様です。太陽光発電などを設置する場合、助成金がもらえる場合がありますが、これらの手続きに関しても代行してもらえることもあります。

 土地探しや賃貸で貸し出したい場合などの提案についても相談を受け付けてくれる場合があります。リフォームして賃貸で貸し出す場合には、より高い賃料やリフォームで発生した費用をどのように償却するのか、銀行から融資を受けるべきなのか、採算性はあるのか、などを検討しなければなりません。これらの条件についても、専属のプランナーから現実的な提案を受けることができます。新築住宅だけではなく、住宅のリフォームでも依頼可能です。

<span id='point3'>■プランナーに相談できる魅力</span>の画像

■プランナーに相談できる魅力

 デザイナーズ住宅の魅力はプロの専属のプランナーに、ご自身が描く住宅のイメージを提案し、一から理想の住宅を作っていくことになります。実際に、幅広い条件で建築された住宅を参考例として、様々な希望を伝えることができます。プランナーは過去に多くデザイナーズ住宅を手がけたプロですから、お客様の希望を聞き、実際にどのようなイメージの室内を作り出すことができるのかを提案してくれます。幅広い経験を持っているプランナーは、お客様の希望する用途に合わせて室内を提案してくれます。間取り、家具、照明、全体のコンセプトなど、型どおりのフォーマットがあるわけではなく、自由に自分の住まいを現実にしていく感覚をともに楽しむことができます。

 プランナーは、お客様が実際にどのような要望を胸に秘めており、どのような住宅を創りたいのかを聞き出すプロです。漠然としていたデザイナーズ住宅のイメージを、少しずつスケッチや、過去の施工例、ご家族の住宅の希望から現実にしていきます。お客様との信頼を第一にするため、準備までには時間がかかりますが、それだけに希望の住宅に近づけることができます。リフォームでデザイナーズ住宅にされる場合も、相談可能であるため、家族構成が変わったときなどの第二の人生を一から設計したい場合にも相談できます。

 自分だけの本当に落ち着ける空間は極上の時間を約束してくれます。注文住宅は、理想のご自身の住まいを現実にするチャンスです。予算や立地条件なども考慮して、最高の提案を期待することができるでしょう。

<span id='point4'>■愛車と一緒に暮らしていくことができる注文住宅</span>の画像

■愛車と一緒に暮らしていくことができる注文住宅

 いつか自分の憧れの車を持って生活したいというのは、だれもが抱く夢でしょう。車だけではなく、バイクを置くというのもひとつです。そのためには、確実に管理することができるガレージが必要になります。一般的な建売住宅では、こうしたガレージ付きはなかなか実現できません。なぜならば、設計の段階から組み込んでいくことが重要になってくるからです。
 実際には駐車場を借りるという選択肢もあるでしょう。ですが、愛車を管理するならば、自分の家の前にあるということは大きなポイントになってきます。セキュリティーという問題もあるからですが、目が届かないところに大切な車やバイクを置くことに抵抗をおぼえる方は少なくないでしょう。駐車や管理するスペースは、楽しみのひとつともなりえます。だからこそ、ガレージは設計の段階から組み込んでいくことが必要になります。そのためには、注文住宅を建てるということがポイントになってくるでしょう。
 自宅をガレージ付きにするということは、ほとんどの方にとって理想ではないでしょうか。こうした思いを理解することができる人間がデザインを手がければ、より理想に近いものが実現できるでしょう。つまり、デザイナーの腕が重要になってくるのです。車を大切にする空間を作るのですから、その意図をくみ上げ設計に生かしていかなければいけないのです。多くの経験も必要ですが、想いを実現できるだけの想像力も試されることになるでしょう。

<span id='point5'>■ガレージ付きを一歩進めたインナーガレージを作り上げるため</span>の画像

■ガレージ付きを一歩進めたインナーガレージを作り上げるため

 注文住宅で実現できる方法として、インナーガレージがあります。デザイナーの腕の生かしどころですが、狭小な土地に駐車場を作る場合でも組み入れてしまうことによってスペースを確保できるメリットがあるでしょう。実際問題としては、屋外にガレージを作る方がメリットも多くなります。居室スペースを減らすこともありませんし、コスト的にも安くあげることができるでしょう。ガレージを外に作ることは、居室スペースを利用するよりも単価が下がるからです。
 しかし、これが生活の楽しみにつながるのであれば、インナーガレージは大きな意味をもつものになるでしょう。さまざまな空間として利用することができるようになれば、倉庫という機能を超えたものになります。多目的に使えるようにすることが重要ですが、アウトドア用品の収納にも使うことができるでしょう。車から下してすぐ管理することができ、少々汚れたものであっても収納することができます。キャンプ用品でもバーベキュー用品でも、簡単に管理することが可能です。これらを積み込むのも簡単になるでしょう。
 そうなると問題は、そこまで機能的に収納できるのかどうかです。単にスペースを確保すればいいというわけではありません。設計にも十分配慮し作り上げていかなければ、有効なスペースにはならないでしょう。だからこそ、注文住宅として、デザイナーの腕が重要なポイントになってきます。家族も一緒に楽しむことができるということも大きな意味があるため、レイアウトも考え作り上げていかなければいけません。

<span id='point6'>■相反する条件を取りまとめていくためには</span>の画像

■相反する条件を取りまとめていくためには

 注文住宅として考えるのであれば、床の強度を上げるということも必要になってくるでしょう。水勾配といったことも必要になってきます。もちろん、一緒に排水側溝の設計も考えていくことになるでしょう。さらに、車を扱うということで、油に耐えられる床にするということも必要です。コンクリートの打ちっぱなしということも条件のひとつですが、熱断熱に優れているわけではありません。さらに、耐油性という問題も出てくるのですから、加工方法も検討していかなければならないでしょう。
加工ということでは、ガレージ以上の機能を持たせるということもできます。書斎も一緒にすることによって、趣味の空間にすることも可能です。子供たちの遊び場にしたり、大型スクリーンをつけて楽しむ空間にしたりすることもあるでしょう。
 さらに、ショールームのように、車やバイクを飾り付けられる空間にするということもできます。機能的には逆の発想とはなりますが、機能を減らすことによって、最高のショールームにすることができるからです。最高の贅沢として作り上げることができるようになりますが、それもデザイナーの腕次第となってくるでしょう。一見すれば、住空間として何の機能も持たないところに、高い価値を付加するのですから、簡単なことではありません。それどころか、困難なことも出てくるでしょう。二律背反となることをひとつに作り上げるのですから、それだけの実績もなければいけません。
 注文住宅である以上、さまざまな想いがあるはずです。どこまで生かすことができるのか、それは住宅会社とともに考えていくことが重要でしょう。腕のあるデザイナーを見つけることもポイントですが、ガレージ付きにしていきたいのであれば、その辺も踏まえてよく検討していくことが大切です。

<span id='point7'>■住みやすい家、住み続けたい家</span>の画像

■住みやすい家、住み続けたい家

 都会では高層マンションが立ち並び、マイホームや不動産投資として購入される方も増えています。一方で、一戸建へのあこがれを抱いている家庭も多く、マイホームといえば一戸建てといわれるくらい根強い人気を誇っています。そんな戸建て住宅の中でも注目したいのが、注文住宅です。
 注文住宅というと予算に合わない、そんな風に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに建売住宅より注文住宅の方が予算的には高くつく場合もあります。しかし、何十年と住み続ける家だからこそ、とことんまでこだわってみてはいかがでしょうか。マイホームを検討されている方はおそらく多くのモデルルームや住宅展示場などに足を運ばれていると思います。しかし、見れば見るほど、ここの間取りはこうしたいのに、ここに収納があれば、この家事動線は私のライフスタイルとは少し違う、そんな違和感を経験された方は多くいらっしゃると思います。そんな思いを払拭してくれる注文住宅にはプライスレスな価値が存在しています。
 費用はかかりますが得られるメリットは大きく、注文住宅を選択された方の多くは、以前に比べて家にいる時間が増えた、家で過ごす時間が充実したと感じているそうです。その理由は、住む人一人ひとりのライフスタイルに合わせて作られた家は、ただ住みやすいだけではないからです。何十年先の家族の未来まで想いを馳せた住み続けたい家だからこそ、家族にとって特別な住空間になっているのです。

<span id='point8'>■こだわりをあきらめない家づくり</span>の画像

■こだわりをあきらめない家づくり

 注文住宅の一番のメリットは高いオリジナル性です。ライフスタイルは家族構成や住む人の年齢によっても変わってきます。こんな家に住みたい、こんな生活を送りたい、そんな住む人が思い描いた通りの家づくりができることが大きなメリットです。それぞれの家庭に合わせて、将来も見据えた間取りや収納、家事動線を設計できるのも注文住宅ならではです。
 小さなお子様のいる家庭では、これから先の20年で家族のライフスタイルは大きく変化していきます。臨機応変に設計することができる注文住宅なら、数10年先を見据えた設計で、お子様が成長された後も快適に住むことができる家づくりをすることがきでます。家事を行う上で最も重要なのが家事動線です。この家事動線が少し違っているだけでも、手間が一つ二つ増えてしまうことがあるのです。一時的なものであれば我慢もできますが、毎日の生活に関わることで、その手間がこの先何十年とずっと続くことを想像してみてください。家事をすることが億劫になる可能性すらあります。注文住宅なら、その人に合わせた家事動線を設計することができるので、そんな心配からも解放されます。
 他にも、家を建てる土地に合わせて設計することも可能です。解放的な窓からの景色や日当たりの確保、道路からの人の目線を遮ることもできるなど、プライバシーを守りながらも快適な住空間を確保することも可能です。快適な空間であれば人が集い、団らんの場となります。長い時間を過ごす空間だからこそ、それぞれの家庭にあった心地よい暮らしにこだわってみませんか。

<span id='point9'>■こだわりをあきらめない家づくり</span>の画像

■こだわりをあきらめない家づくり

 注文住宅には住む人のこだわりを形にできるメリットもあります。趣味や大切なものと一緒に暮らすことも可能です。車やバイクが大好きな人におすすめなのが、ガレージのある家です。自宅に居ながらまるでショールームのようなガレージや、日曜大工や愛車いじりを思う存分楽しむことのできる工房のようなガレージという夢のような空間を現実のものにすることができるのです。ガレージの中にちょっとした小部屋を設計することで、男性のあこがれでもある秘密基地のような空間を作ることも可能です。
 デッドスペースを書斎として使用できるように設計することも可能です。自宅で集中して仕事をしたいときや、大切な書類に記入しないといけないときなど、小さくても落ち着ける自分だけのスペースがあるというのは、大人にとっても嬉しいことですよね。ハンドメイドが好きな方は、ぜひ専用のスペースを設けてみてください。ミシンを置いたり、布を収納したり、DIYを楽しんだりすることができます。趣味を大切にすることで生活をより豊かなものにすることができます。せっかくマイホームを購入するのですから、ただ生活するためだけの空間ではなく、潤いのある満たされた生活を送るための空間にしてください。
 ペットを飼われている方にも注文住宅はおすすめです。犬や猫など、ペットも大切な家族の一員です。そんな大切なペットにも快適に暮らして欲しいという飼い主の方の想いを形にすることができます。ペットにとっても快適で過ごしやすい間取りや設備などを取り入れることができるのも注文住宅のメリットです。
 このように、注文住宅は、各家庭のさまざまな想いを形にすることができます。何を一番大切にしたいのか、譲れないこだわりが明確なビジョンとしてあるのなら、ぜひ注文住宅を検討されることをお勧めします。

<span id='point10'>■注文住宅の間取りを決めるために</span>の画像

■注文住宅の間取りを決めるために

 住宅を建てると決めた時、注文住宅の場合には、間取りを考えていかなければいけません。そうなると、いったい何から手を付けるべきか、スタートの時点から迷ってしまうことになるでしょう。実際に決まったとしても、そこには不安が付きまといます。本当に良かったのかどうか、だれかに後押しされたとしても、出来上がるまで不安は消えません。結果として出来上がったときにも、これでよかったのかという不安はずっと続くのですから、どこかで解消できるようにしなければいけないでしょう。
 注文住宅の間取りを考えるには、実はヒントはいくらでもあります。家族の構成や行動といったことも、そのヒントのひとつです。一生のうちに何度も替えるわけではないのですから、失敗しないためには知識を身につけ、準備をしていかなければいけません。間取りは、これからの生活をすべて決めてしまう重要な要因です。中途半端なものにしてしまえば、必ず後悔するでしょう。そうならないようにするためにも、ポイントを押さえていくべきです。ただし、人の理想がある以上、間取りの理想もその数だけ存在します。最終的に納得できるのは、だれでもなく自分たちです。参考にすることはできても、決めるのは自分たちであるということを忘れないようにしなければいけません。

<span id='point11'>■用語を学んでいくことの重要性</span>の画像

■用語を学んでいくことの重要性

 間取りを考える前に、基本的な事を確認しなければいけません。いろいろな用語が出てきますが、ここから確認して行くことも重要です。例えば、ウォークインクローゼットを作りたいと伝えたとします。しかし施主が欲しかったものは、二つの入り口を持つ、人が通り抜けられる広い収納スペースを思い描いていたとします。これは、ウォークインクローゼットではなく、ウォークスルークローゼットです。こうした用語的な事は、学んでおくことが必要になります。
 居室ということを必ず考えますが、日常的に過ごす場所という意味があることが重要です。そのため、一時的に設備を使うキッチンやトイレは居室ではないでしょう。ここには、建築基準法もかかわってきます。採光や換気といったことに条件が課せられますが、クリアできなければ居室とは呼びません。納戸と書かれているような場合には、条件を満たしていないと考えることができるでしょう。では、納戸とは何でしょうか。採光が確保できない場合に使われますが、独立した部屋であり、物入れ専用であるということになります。最近では、サービスルームと呼ぶこともあります。
 間取りを決めるにあたって重要なこととして、建蔽率は外すことはできません。土地の上に建てられている建物の制限であり、建築基準法や条例によって、さまざまなことが決められている条件です。建蔽率80%という条件が課せられているのであれば、土地に対して80%の延べ床面積まで建てることができます。これを知らないと、最終的に頓挫してしまうことになるでしょう。

<span id='point12'>■動線から考えていくこと</span>の画像

■動線から考えていくこと

 間取りを考える上で、動線ということが重要になってきます。字の通り、動く線を表しているといえるでしょう。子供たちの動線が話題になることがありますが、玄関から2階にある子供部屋に直行できてしまうとすると、子供たちの行動をだれも監視できないということになります。これが嫌ならば、皆が集まる居間を通るような動線になるように間取りを決めていけばいいでしょう。居間を抜けなければ階段に到達できなければ、嫌でも顔を合わせることになります。逆に二世帯住宅なら、お互いに干渉しない動線を考えることが重要になるでしょう。
 家事動線という言葉もありますが、家事をする場合にどんな線をたどるのかを考えてみます。ここでヒントになるのは、使うべき施設を線で結んでみることです。買い物から帰ってくると、玄関から入り、台所に行きます。台所では食品を冷蔵庫に入れることになりますが、調理をするときには冷蔵庫から取り出してシンクで広げたり、まな板に載せたりするでしょう。次にガス台を使うことになり、盛り付けをして食卓に出します。これらを動線で結んでみると、できるだけ最短になるようにできれば、効率のいい間取りになっているといえるでしょう。他の人が入ってきたときに、その動線とクロスするようでは、ぶつかってしまい効率が落ちてしまいます。こうした並べ方をしてみるだけでも、よい間取りになる可能性はどんどんと上がっていきますので、自分たちの希望と合わせて考えてみるといいでしょう。
 さらに、土地はいろいろな形をしています。動線が見えてくるようになると、その条件に当てはめていくことができるようになっていくでしょう。道路の位置なども把握して行けば、どこから通るのか、どこに入り口があると効率がいいのかもわかるようになるのですから、注文住宅でも間取りも決めやすくなっているはずです。せっかくの注文住宅です。住みやすい家にするためには、他にも様々な要件があります。それでも、人間が住む以上、移動することになるのですから、動線をしっかりと考えていくことが重要となるでしょう。

<span id='point13'>■プランニングをお願いしよう</span>の画像

■プランニングをお願いしよう

 分譲マンションや分譲住宅は、既成の設計から、内装を変えるなど自由度が低い暮らしです。現在、さまざまな暮らし様式に答えるために、自分の住みたい住宅を一からデザイン、プランニングする、注文住宅のニーズが増えています。オーダーメイドの注文のため、分譲住宅よりも価格は高くなりますが、外装から部屋の間取り、家具の配置、ガレージやペットとの住まいを配慮するなど、施工主様の希望を最大限配慮したつくりを実現することができます。専属のプランナーが、施工主様の希望を聞きだし、部屋の間取りや配置、暮らしやすい住まいをどのように設計するかを提案してくれます。予算や立地条件に合わせて現実的に施工可能な方法を提案してくれます。

 注文住宅であれば、従来の一戸建ての形に囚われない自由な設計をすることが可能です。和室と洋室を組み合わせる、家族それぞれの希望に合わせて部屋をデザインすることも可能です。家具などの配置も考慮したデザインを用意してくれます。ガレージやペット用のスペース、ペットが床や壁を傷つけないための素材選びも配慮してくれます。施工主が理想とする住まいを聞き出し、実際に施工例を紹介して、専属プランナーがイメージを膨らませてくれます。

 自由に住宅を設計し、今までにない暮らしをエンジョイしてみたい方には夢の住宅といえるでしょう。理想的な住まいを現実にしたいと考えている方は、注文住宅のプランニングで希望の生活の第一歩をはじめることが可能です。土地の買取、住宅ローンの手続き、住宅購入に対しての、税金に関する手続きなどもプランニングと並列で専属スタッフが対応してくれる場合もあるため、手間がかかりません。

<span id='point14'>■プランナーが理想の住まいを実現してくれる</span>の画像

■プランナーが理想の住まいを実現してくれる

 注文住宅のプランナーが、希望する生活やこだわりたいポイントを聞き出してくれるため、どのような住まいを自分が希望しているのか、改めて考えて設計から携わることが可能です。外観の雰囲気や、庭の配置、必要な設備となるガレージや水周りなどにも幅広い実例から提案してくれます。注文住宅を専門とする会社は、分譲型の住宅を取り扱う会社と違い、一から施工主様の希望を確認し、オーダーメイドで設計する技術に特化しています。分譲型の建築会社ではできない提案や、住宅のデザインも実現してくれます。部屋の間取りや、家具の配置、キッチンの水回りや電化製品、調理機器の購入まで希望に添った提案をしてくれます。

 理想の住宅に対して、明確なイメージがない施工主様でも、プランナーは希望を聞きだすプロとして、様々な角度から理想の住まいについてアプローチをしてくれます。どのような暮らしが可能なのか、準備するべきことや、用意するべき点なども含めて実現可能な提案をしてくれます。スケッチや、過去の建築例の写真など参考にする情報も多くあるため、施工前にイメージを膨らませることができます。注文住宅を専門としている会社では、施工現場の見学会やセミナーを定期的に行い、お客様に情報公開をしています。分譲タイプの一戸建てではなく、注文して住宅を作り、こだわりの詰まった生活をしてみたいと考えている方にとっては、理想となる住まいのヒントを発見するチャンスです。どのような暮らしを実現したいか、改めて考えてみたい方は、注文住宅で夢を叶えてみませんか。予算や立地からも配慮してくれます。

<span id='point15'>■小さなこだわりも実現できる</span>の画像

■小さなこだわりも実現できる

 注文住宅で一からプランニングする魅力は、住宅の外観や内装を自由に設計できるだけではありません。今まで、住宅で漠然とした希望を、設計段階から要望を伝えることができる点です。たとえば、部屋の配置や採光に関して、風通しをよくする、景色を見えやすくする、天窓を用意する、など部屋全体を自分の希望した設計に作り変えていくことができます。プランナーが希望を聞いて、些細なことでも現実可能なことは反映してくれます。分譲型の住宅では細部に関しては、都度リフォームをしなければならず費用の負担を考えると現実的ではありません。その点、注文住宅はそれらの費用も含めて見積もり段階から配慮をしてくれるため、住みやすい住宅の希望を叶えやすいという魅力があります。

 家の設計から関わることで、自らが快適に暮らすための希望を十分に反映することができます。安全に関する配慮やバリアフリーなど、高齢の方向けの配慮もできることが魅力です。バリアフリーの住宅の場合、国や市から助成を受けられる制度に該当する場合がありますが、これらの手続きも代行してくれるため、安心して任せることができます。快適で安心して過ごすことができる住宅を、プランナーと共に何もない理想論の状態から創り上げていく喜びは特別なものがあるでしょう。分譲住宅では実現できない、自分の中で住まいに対して思っていた希望も現実可能なのが最大の魅力です。ぜひ、魅力的な住まいを現実にするために、注文住宅のプランナーと夢を実現してください。>>>あなたの希望を注文住宅のプランナーに相談しませんか?

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00