COLUMN

理想の家を建てるなら!知っておくべき基本の知識

いつかは自分の理想の家を建てたい、マイホームが欲しいと考える人のなかには、何から手をつけたらよいのか悩んでいる人もいるでしょう。そもそも自分の理想の家がどんな家なのか、明確になっていない人もいるのではないでしょうか。

そのような人におすすめしたいのが、人生設計を立てることや理想の暮らしをイメージすること。住宅ローンや助成について調べておくこと。そして、家族みんなが暮らしやすい間取りを考えることです。マイホーム購入の前には、知っておくべき大事なことがいくつもあります。マイホームは人生で最も大きな買い物となるため、後悔しないようしっかりとした準備が必要です。この記事では、理想の家を建てるときに知っておくべき基本の知識を紹介します。

<span id='point1'>理想の家と人生設計</span>の画像

理想の家と人生設計

人生で一番大きな買い物といっても過言ではない、マイホーム。大きな買い物であるからこそ、理想の家を手に入れたいと思う人も多いのではないでしょうか。しかし、「理想の家=理想の暮らし」ではないため、理想の家を建てる前にまずは人生設計を考えなくてはなりません。たとえば、子どもを何人もつ予定か、どのような車に乗りたいか、共働きをするかなどによって理想の家は変わってきます。子どもが2人なら子ども部屋は2つ欲しいところですし、大きなマイカーを購入する予定があれば広めの駐車場が必要です。共働きをするなら、通勤に便利な駅近の土地や近所にスーパーがある場所を選ぶのもよいでしょう。

人生設計を考えると、住宅ローンの借り入れ可能額やローンの完済時期などが見えてきます。月々に必要なローン返済額が具体化するため、マイホームの予算がわかるはずです。理想の家を明確化するための方法を以下で詳しく解説します。

理想の家の前に人生設計を考える必要性


住宅展示場には、誰もが憧れるような立派な家が並んでいます。そのような家を見て、「自分の理想を形にしたような家だ」と感じる人もいるのではないでしょうか。しかし実際の理想の家とは、住む人や人生設計によって異なります。どんなに立派な家でも、そこで暮らす人のライフスタイルや人生設計に合っていなければ理想の家とはいえません。

そこで、家を建ててから後悔しないよう考えなくてはならないのが人生設計です。まず、子どもを何人もつかによって理想の家は変化します。子ども部屋の数や間取りなど家の設計はもちろん、小中学校までの距離や庭の広さなど探す土地も変わってくるからです。人生設計を考える際は、何年後くらいに子どもが巣立つのかについても考えます。子どもたちが独立した後、子ども部屋をどう活用するかなども検討するとよいでしょう。

また、親と同居する予定がある場合は二世帯住宅やバリアフリー、階段のない平屋建てなども視野に入れなくてはなりません。親が車を所有しているなら、広い駐車場も必要です。共働きをしている人は家事がしやすい間取りにしたり、通勤に便利な土地を選んだりすると暮らしやすくなります。このように、理想の家を建てるにはひとりひとりの人生設計やライフスタイルが大きく関係するのです。



理想の家と暮らしを具体的に書き出そう


理想の家は、その人の価値観や理想とする生活によってひとりひとり違います。その証拠に、一緒に暮らす夫婦でも理想の暮らしが異なるケースも多いです。理想の家探しに必要なのは、それぞれの理想の暮らしを書き出すことです。まずは「今」の暮らしと「未来」の暮らしを考え、思いつくままに理想の家や暮らしを書き出してみましょう。立地環境や設備・性能の理想例を紹介します。

<立地環境の理想例>
・通勤しやすい土地
・子育てに便利な公園が近くにある
・小学校や中学校が近い
・買い物に便利な場所
・病院が充実している
・歩道が広く、道路が整備されている
・街灯があって夜でも明るい
など

<設備や性能の理想例>
・収納が充実している
・家事が楽にできる
・家族がリビングに集まる間取り
・冬は暖かく、夏は涼しい
・エコ設備が充実している
・開放的な空間がほしい
・趣味のスペースがある
・広い対面キッチンがほしい
など

上記のような理想を具体的に書き出してみると、自分自身の考えを整理できます。もちろん、全ての理想を叶えるのは不可能です。書き出した中から優先順位をつけ、理想と現実をすり合わせていきます。

<span id='point2'>理想の家を建てるときに考えるべきこと</span>の画像

理想の家を建てるときに考えるべきこと

理想の家づくりに際して考えなくてはならないのは、人生設計や理想の暮らしだけではありません。住宅ローンや頭金などを含むお金に関わることやローンの完済時期、団体信用生命保険などについても検討します。月々の支払いだけでなく、人生設計を踏まえて何年の住宅ローンが組めるのか、修繕時期はいつ頃になるかなどをしっかり考えましょう。

マイホームには、自由に設計ができる注文住宅と土地・建物をセットで購入する建売住宅があります。両者のメリット・デメリットを踏まえ、どちらにするかの選択も必要です。マイホームは賃貸住宅のように簡単に引っ越しができません。十分に検討を重ねて、後悔のない家づくりをしたいものです。

さらに、終の棲家となり得るマイホームにはバリアフリー構造についても考える必要があります。新築のバリアフリー構造住宅に税制を優遇したり、補助金を用意したりする自治体もあるため、将来リフォームをするよりコスト削減につながります。それぞれの詳細を以下で解説しましょう。

住宅ローンなどお金のこと


賃貸住宅に住んでいる人は月々のローン返済額をシミュレーションし、現在の家賃と比べてみましょう。賃貸住宅の家賃には管理費等が含まれているため、結果的に家賃と住宅ローンの月々の返済額がほぼ変わらないといったケースも多いです。そのため、「同じ金額を支払うのであれば自分の資産になるマイホームの方がよい」と購入を決める人もいます。家賃はその家に住む限り払い続けなくてはなりませんが、住宅ローンは完済してしまえばその後の支払いはなくなります。

また、ローンの種類や借入先、金利などによって総返済額が変わってくるので、住宅ローンの知識を深めることはとても重要です。特に、住宅ローンのシミュレーションはマイホームの予算を決めるうえで必要不可欠。余裕をもって返済できるように、住宅ローンの計画を立てなくてはなりません。

一方、マイホーム購入の際にはさまざまな助成があるのをご存じでしょうか。よく耳にする「住宅ローン控除」は、住宅ローンを利用した人に対し税金を10年間控除するものです。年末のローン残高の1%相当額が住民税や所得税から控除されます。

消費税率の引き上げに伴い、住宅購入時に現金が給付される「すまい給付金」制度もつくられました。年収に応じて、10~30万円の給付を受けられます。ただし、給付金をもらうには、年収や床面積などいくつかの条件があるため注意が必要です。

住宅ローンの支払い中にもしものことがあったら……と不安になり、マイホームの購入を迷う人も少なくありません。そのような、いざというときに頼りになるのが「団体信用生命保険」です。団体信用生命保険は、家族がローン返済に困らぬよう借り入れ時に締結されます。賃貸住宅の場合、万が一のことがあったら家賃が支払えなくなり退去しなくてはなりません。マイホームの場合は団体信用生命保険があるため、残された家族を守ります。



注文住宅か、建売住宅か


マイホーム購入の際は、「建売住宅」と「注文住宅」のどちらかを選択します。建売住宅は土地と建物がセットで販売されているため、土地を探したり間取りを考えたりする手間がありません。すでに家が完成しているので入居後の生活が想像しやすいうえ、入居までの時間が圧倒的に短いメリットがあります。ただし、建売住宅は間取りや仕様が決まっているため自由度が低いというデメリットもあります。

一生に一度の大きな買い物なので、理想の家をとことん追求したい人もいるのではないでしょうか。開放的な吹き抜けのリビング、グランピングができる広いベランダ、趣味に没頭できる空間など、理想の家に求める条件は人それぞれ。自分らしい家を建てるなら、自由度の高い注文住宅がおすすめです。

注文住宅には、「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」があります。フルオーダー住宅は、その名の通り使用する木材から窓の仕様まで新築のすべてを指定する住宅のことです。このフルオーダー住宅の最大のメリットは、世界にひとつだけのこだわり抜いた家が建てられる点です。自分の理想通りの家が建てられるでしょう。その一方で、マイホームが完成するまでにはかなりの手間や時間、資金がかかるデメリットもあります。建築の知識も必要となるので、時間や資金を惜しまず最高品質の家を求める人に向いています。

後者のセミオーダー住宅は、あらかじめ基本的な仕様が決まっているタイプです。そのなかから、間取りや設備のカラー、外壁の色などを自分たちで選択します。設備のグレードを上げたり、耐震性を高くしたりも可能です。フルオーダー住宅に比べて時間も資金もかからないため、予算内で理想の家を建てられます。

世間一般で注文住宅と呼ばれているのは、ほぼセミオーダー住宅です。注文住宅は建売住宅に比べて自由度が高いだけでなく、設備のグレードをアップダウンして予算を調節したり、建築現場を確認できたりするメリットがあります。しかし、自由度が高い分、打ち合わせする内容が多く入居までに時間がかかるのも事実です。建売住宅とは違って自分で土地を探さなくてはならないため、余裕をもったスケジュールが必要となります。



バリアフリーは必要か


長く住むことを想定して購入するマイホームなので、将来的なことも踏まえて家を建てなくてはなりません。歳を重ねていくにつれて足腰の痛みや不自由さを感じたり、車椅子で生活したりする可能性もあります。そんなとき、自宅がバリアフリー構造になっていると安心です。

そもそもバリアフリー住宅は、高齢者や障がい者のためだけの住宅ではありません。若い人でも疲れていたり、体調が悪かったりすると家の中の段差につまずくこともあるでしょう。階段や浴室に手すりがあると、小さな子どもの転倒や怪我の予防もできます。そのため、家族みんなにやさしいバリアフリー住宅は子育て世代にもおすすめです。

もちろんマイホームは自分の家なので、バリアフリーが必要になったタイミングでもリフォームはできます。しかし、新築のときにバリアフリーを取り入れておくとコスト面でのメリットは大きいです。自治体によって補助金給付や支援制度もあるので、施工業者に相談してみるとよいでしょう。

<span id='point3'>家族が快適に過ごせる間取りとは</span>の画像

家族が快適に過ごせる間取りとは

理想とする家の条件に、「家族みんなが快適に過ごせる家」と書き出した人もいるでしょう。快適に過ごせる家かどうかは、間取りにかかっているといっても過言ではありません。間取りを決める際、まず考えなくてはならないのが家族構成です。夫婦二人世帯の場合は、コミュニケーションがとれるリビングやダイニングのほかに、それぞれが自由に過ごせる個室があると便利です。特に共働きの場合は、就寝・起床時に寝ている相手を起こさないよう寝室を別にするとストレスをためずに暮らせます。将来子どもを考えているならば、子ども部屋も必要です。1つの部屋を区切って使えるような設計にしておけば、子どもの人数が増えても対応できます。

3人家族の場合は、リビング+寝室+子ども部屋が必要になるので2~3LDKの間取りが基本です。子どもが小さいうちは物置部屋になったとしても、成長したら子どもにも個室が必要となります。子どもの荷物も増えるため、収納勝手の良い間取りがおすすめです。3 LDKなら子ども部屋のほかに、書斎や趣味の部屋などもつくれます。子どもが2人に増えたとしても、ひとりひとりに個室が与えられるメリットもあります。

4人家族なら、3~4LDKの間取りがおすすめです。4LDKなら子どもひとりひとりに個室を確保でき、さらに客間や収納部屋をつくれます。リビングの隣に部屋をつくれば、リビングとつなげて開放的に使えて便利です。

上記に加え、快適な間取りのポイントとなる①通風採光が良い②使いやすい収納配置③スムーズな家事動線の3つを意識した設計にすると、家族みんなが快適に過ごせる家になるでしょう。

理想の家作りは早いほうがおすすめ

マイホームが欲しいと思っても、「頭金を貯めてから」と考える人も多いのではないでしょうか。しかし、理想の家を建てるタイミングはなるべく早いほうが有利です。その理由は3つあります。1つ目は、住宅ローンを最長の35年で借りられるからです。借入先の金融機関によっても異なりますが、35年の住宅ローンを組めるのは45歳くらいまでとなります。頭金を貯めるために賃貸住宅の家賃を払い続けるよりも、マイホームを購入しローンを返済したほうが得をするケースも多いです。

2つ目の理由は、優遇制度があったり、超低金利だったりする今こそお得に家を買えるからです。増税後のマイホーム需要の落ち込みを見こして、国や各自治体では住宅ローン控除の拡充や住まい給付金の増額などさまざまな助成をおこなっています。超低金利の今なら、月々のローン返済額が毎月支払っている家賃より安くなる可能性もあります。

3つ目の理由は、物音に神経質にならずに暮らせるからです。「子どもをのびのび育てたい」との理由から家を建てる人も多いです。アパートやマンションでは、隣人や階下の人と子どもの声や足音でトラブルになることもあります。今のところ苦情はないけれど周囲に気を使っている……そのような思いを抱える人もいるでしょう。戸建て住宅なら物音を気にせず暮らせるので、子どもが小さいうちに家を建てれば親も子もストレスなく生活ができます。

理想の家を建てて、理想の暮らしを手に入れよう

理想の家を建てるなら、その前にまず自分の人生設計を立てるのが基本です。子どもの人数や将来の働き方などを踏まえ人生設計を立てましょう。そのうえで、自分の希望である「理想の暮らし」を書き出します。買い物が便利な場所に住みたい、趣味のスペースが欲しいなど、理想の暮らしは人それぞれ。思いつくままに書いていくと、自分の理想の家が見えてくるはずです。

同時に、住宅ローンや公的補助などを含む金銭面について考えます。住宅ローンのシミュレーションをして具体的な予算を出すことも必要です。注文住宅にするか建売住宅にするかは、両者のメリット・デメリットを踏まえて検討しましょう。自分だけの理想の家を建てたい人は、自由度の高い注文住宅が向いています。きっと、家族みんなが快適に過ごせる理想の家が建てられるはずです。

埼玉・東京・千葉で注文住宅を建てるなら、『和の心を継承し、暮らし方をデザインする。』をコンセプトに家をつくる「ポウハウス」がおすすめです。ポラスグループの中でもトップレベルの設計士9人が、自然を五感で感じるデザインと機能性が調和した家での暮らしを提案します。美しい日本の四季を肌で感じられ、真に暮らしやすい家を生み出すポウハウスで理想の暮らしを現実にしてみませんか。

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00