COLUMN

住宅の外観デザインで知っておきたいポイントと注意点

住宅の外観デザインで知っておきたいポイントと注意点の画像

住宅の外観で人気のデザインは?

 住宅を建てるときに、外観のデザインはとても重要です。実際にどのようなデザインにすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

ポウハウスの施工事例外観一覧

今回、家を新しく建てたいと考えている人が、外観をどのようなデザインにしたいのか、アンケート調査を実施してみました。そのうえで、家の外観デザインを決める前に知っておきたいポイントと外観のデザインを決める際の注意点をご紹介していきます。
 家を新しく建てる際には、もちろん間取りも重要ですが、家の印象を決定づける外観のデザインも重要です。そこで、これから住宅を新しく建てたいと考えている人に対して、「これから建てる家の外観はどのようなデザインにしたいと考えていますか?」というアンケートを実施しました。
 今回のアンケートでは、まず家の外観を「和風」にしたいか「洋風」にしたいかを回答してもらい、その次に「古風なデザイン」にしたいか「現代的なデザイン」にしたいかを回答してもらうようにしました。すると、結果は家の外観を「和風」にしたいか「洋風」にしたいか、という質問に関しては大きな差はありませんでした。

の画像

 しかし、「古風なデザイン」にしたいか「現代的なデザイン」にしたいかという質問では「現代的なデザイン」の家を建てたいと考えている人が半数以上いることが分かりました。
 理由を見てみると、和風で現代的なデザインの家を建てたいと考えている方は「居心地の良さは和風が1番だと思う」や「純和風の外観だとメンテナンスが大変そうだし、今風のおしゃれさも欲しい」という意見が見られました。
また、洋風で現代的なデザインの家を建てたいと考えている方からは「長年和風の家に住んできて、洋風の部屋に憧れがあるから」という理由や「築年数が経過しても汚れが目立たないから」といった理由が挙げられました。
 このことから、家の外観を「和風」にするか「洋風」にするかについては個人の好みによるところが大きいことが分かりました。その中でも見た目のスタイリッシュさや機能性などの理由で「現代的なデザイン」の外観が好まれているようです。
では、家の外観を印象付ける要素はどのような部分にあるのでしょうか。

<span id='point2'>住宅の外観を左右する要素とは? </span>の画像

住宅の外観を左右する要素とは?

の画像

 住宅の外観を左右する要素は、大きく分けると「形」「色」「素材」の3つです。建物全体、屋根、外装、窓、玄関ドア、庭、外構など外観を構成するすべての箇所において、この3つの要素はとても重要になってきます。 
 まず建物全体の形は、外観のデザインのスタイリッシュさだけでなく、日光や雨風をしっかりしのげて暮らしやすいということも大前提です。建物の形によって家のイメージはかなり左右されることになり、一般的には複雑なデザインであるほど高級感が増し、実際の建築費用も高くなる傾向にあります。
 そして形もさることながら、建物の色もまた家のイメージを大きく左右します。建物の形が同じでも、外壁の色が違うだけで、家は全く違った印象になります。より希望の外観に近づけるように色選びは慎重に行うことをおすすめします。
 さらに建物の外壁は色だけでなく素材も重要で、どのような素材を使うかによって、より家を高級感のある雰囲気に見せることができます。窓の形や配置、サッシの素材などによっても、家のイメージは変わってきます。しかし窓はデザインだけでなく、プライバシーの問題や風通しや日当たりなどの暮らしやすさにも影響を与えるため、その点も考える必要があります。
 ここまで、家の外観を決める際に知っておきたいポイントをご紹介してきました。続いて、実際に外観のデザインを考えるときにはどのような点に注目したらいいのかについて解説します。

<span id='point3'>住宅の外観をデザインする際の注意点とは? </span>の画像

住宅の外観をデザインする際の注意点とは?

 住宅の外観をデザインする際には、注意したい3つのポイントがあります。
 まず建物の外壁の色を選ぶ際には、周囲の家との調和も考えて選ぶようにしましょう。赤い外壁など、奇抜な色を選ぶと周囲から完全に浮いてしまい、街並みを壊してしまう可能性もあるので注意が必要です。また、小さなサンプルで外壁の色を選んでいるときと、実際の出来上がりとで大きく印象が異なる場合があります。小さなサンプルで見ているイメージよりも、実際の出来上がりの方が、色が濃く感じることが多いので、大きな壁面になったときにどのような色になるのか、充分に検討して決めることをおすすめします。
 次に、家の外観は防犯の観点から、安全性の高いデザインであることも大切です。例えば、窓を大きくして日の光が良く入るように設計する場合には、外から家の中が丸見えになってしまわないように窓を作る位置やカーテンなどのアイテムも含めて考えると良いでしょう。
 最後に、家の外観をデザインする際には、メンテナンスがしやすいかどうかも重要です。さまざまな観点から検討を重ねて、家の外観をデザインして建てた家も、実際に住み始めて年月を重ねれば、当然経年劣化により外装が剥がれたり補修が必要になったりします。その際のメンテナンスの手間も考えて外観を検討しましょう。

<span id='point4'>まとめ</span>の画像

まとめ

 今回は、家を新しく建てたいと考えている方が外観をどのようなデザインにしたいのかアンケートを実施しました。外観のデザインは、個々の好みによるところが大きいのですが、暮らしやすさを考えると、機能性や利便性を考慮した現代的なデザインにしたいと考えている人が多いようです。また、家の外観デザインを決める際に知っておきたいポイントを把握することで外観づくりの失敗を防ぐことができます。これから新しく家を建てる方は、今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。


ポウハウスの施工事例外観一覧

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00