COLUMN

注文住宅を建てるには施工事例を見るのが一番

注文住宅にもいくつか種類がある

家を持ちたいと思って建設会社に注文住宅を頼もうとした時に、見ているといろいろな建設会社があり、建設会社の中にはいろいろな注文住宅を建ててくれる業者があります。業者の中には企画型の住宅を建てる業者、すべてを自由設計で建てる業者があります。
企画型というのは、基本形の間取りや建て方が決まっていて、基本の家を好きなように間取り変更をして、設置するキッチンや浴槽などを選んでから最終的に自分たちが好む家を作る方法です。この場合、あらかじめ決まった建て方をするので、建設費用を安く抑えることができます。費用対効果の面で安く建てることができる注文住宅です。
すべてを自由設計で作ることができる住宅は、費用面では企画住宅よりはかかりますが、一から自分たちの好きな間取りに外観までも作っていくことができます。設計段階で自由に変えていくことができます。基本の設計というのがないので、設計者との打ち合わせで徐々に形を作り上げていくことになります。まずは全体の形を決めてから建坪を何坪くらいにするのかを決めます。坪数で建設費用がある程度予測できます。予算から建坪を決めることもできます。まずは予算あっての建築となるので、お客様の予算に合わせた建設をする事ができます。優良な業者であれば、予算内であればどんな変更でも可能な限り受け付けてくれ、予算オーバーになりそうな時には事前に知らせてくれるはずです。
どこで建設するにしても、実際の施工事例を見せてもらえれば、より具体的なイメージが湧いてきます。書面の説明だけではわかりにくいところがあるので、実際の施工事例を見せてもらえれば直ぐにどんな家を建ててくれるのかがわかります。施工事例を見ることで、より現実的に自分たちの家を実感することができます。同じ注文住宅の場合でもデザイナーに設計をしてもらえる場合があります。設計者主体で家を建てることができます。デザイナーズハウスというものもあります。普通とは違うデザイナーによる設計で家を建てることができます。設計優先で家を建てていくことになります。

住宅の様式について

家を建てる上で日本の建築様式や西洋の建築様式などいくつか建築方法があり、日本でも従来工法での注文住宅から、西洋式の2by4住宅などがあります。日本古来の在来工法と言えば、柱を立ててから筋交いを組み強度を高めてから地震対策を行っています。在来工法ですと、より自由な設計ができて、間取りも自由に変えることができます。このように日本古来の建築手法ですとより柔軟な間取りに対応することができて、どんな要望にも答えることができます。できれば従来工法で建築することで希望通りの家を建てることができます。2by4の場合は、在来工法ほどの自由度はありませんが、壁で家を支えてくれるので、地震には相当強い作りになります。それ以上に屋根の材質が在来工法では瓦屋根を使うことで、地震だけではなく台風にも強く建てることができます。
このように様々な工法があり、住宅の特徴にあった工法を使用した施工事例が多くあります。どちらにもそれぞれ特徴があり、建築技法の中でも土台作りにも違いがあります。布基礎やベタ基礎など価格を安く抑えることができるのが布基礎で、耐震性が高いのがベタ基礎になります。在来工法でも2by4のどちらでも基礎は選ぶことができます。あとは、建てる時のデザインや装飾の違いで見た目を変えることができます。
この点では、デザイナーズハウスの場合は個性的で斬新な家を建てることができます。デザイナーズハウスの場合でも、いろいろなデザインがあり、デザイナーによってもその作りは大きく変わってきます。ただし、普通と違って変わったデザインや意外なデザインの発想を出してくれるのがデザイナーズハウスです。気に入るデザイナーズハウスを建てたいのであれば、単にデザイナーが建てた家というだけではなく、実際に施工事例を見せてもらうとより具体的な家を建ててくれるのかがわかります。

デザイナーズハウスを選ぶと


デザイナーズハウスの場合、狭い土地を有効利用した設計や日当たりを重視した自然の明かりを多く取り込めるような家を建てることができます。他にもビルトインガレージなども家と一体化させたものを作ることもできます。他にもいろいろな作り方ができて、ペットと暮らす家を作りたい場合や、インテリアに凝った家を作りたい場合など、自由なアレンジをする事ができるのが、デザイナーズハウスです。何から何まで依頼主の意向を実現することができるのがデザイナーズハウスでもあります。
もしも100パーセント意向に沿う家を建てることができれば、理想の家でのライフスタイルが実現することになります。ビルトインガレージを作ってから駐車場から家に直接入れるような作りにする事もできます。ただ費用面では高くなるので、予算内で建設することができるということが前提になります。デザイナーズハウスの場合でも予算内に抑えることができる家を建てることは十分可能で、一度相談してみると思った以上に気に入る家を予算内で建てることができます。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-312-549営業時間:9:00 - 18:00