COLUMN

こだわりをもって住宅を建築するならやっぱり注文住宅

こだわりを活かした建築「注文住宅」

いつか自分の城を持ちたいという、結婚し家庭を持つことで多くの方が考えるわが家の建築あるいは購入については、一生に一度の大きなお買い物となりますので、慎重に計画性をもって考えていきたいものです。建築して実際に暮らしてみてから、こうすればよかった、ああすればよかったと思ってもどうしようもありません。しっかりと考えておきたい耐震設備や免震構造、セキュリティーの問題など、現代の建築には事前に考えなければならない事も多数あります。安心して暮らす事のできる理想的なわが家を建築するためにはある程度、住宅建築について知識を得ておくことも必要です。
わが家を持つという事に当たって、設計から建築まで自分が理想とする条件をできる限りクリアできる注文住宅と、すでにでき上がっていたり、分譲する住宅の設計などが決まっている建売住宅があります。注文の場合は設計から施主が関わる事ができ、建築材料、設備など自分の意思を実現できます。建て売りの場合はできるだけ自分や家族の理想に近い間取り、設備を持った住宅を探し購入します。
こういう家にしたいという強いこだわりを持っているという事なら、やはり注文によって建築するということが理想的です。建て売りであれば土地、建物などがセットになっていますし注文住宅と比較すると費用が安く済むといわれています。時間や手間も比較的かかる事のない購入方法となりますが、ある程度決まった形になります。間取り、設置する設備、壁紙、ドア、サッシ、照明器具など、住宅建築に関する事について自由に好みのものにできるという注文住宅は、こだわってわが家を建築したいという方にとって非常に魅力的なものです。
これからわが家を注文住宅で建築されるという方は、注文住宅の特徴、利点、デメリットを詳しく調べましょう。特に強いこだわりをもっていて理想的な住宅建築を望む!という方は情報集めが欠かせません。

和を活かした建築で作る強固な住宅

洋風の住宅が多い日本の建築ですが、最近は和という事にこだわりをもってデザインする注文住宅なども多くなっています。日本で伝統的に建設されてきた住宅というのは、日本の気候にあった住宅建材が利用されていますし、湿気を逃したり、乾燥を和らげるなど工夫された建築技術が住宅に活かされてきました。日本古来の住宅を見ると、梁(はり)が大きく骨格がしっかりしていて、余計なものが排除された実に美しい建築です。現存する古い日本伝統の技術によって建築された建物などは、現在、リノベーションして、現代に沿った設備を備え外観は昔のまま・・・という味のある住まいとして利用されている方も多いです。お住まいになる地域の気候、独特の環境などに沿った和風建築を得意としている建築会社、設計事務所などもありますので、和の建築のよい部分を活かしたこだわりのある伝統的な住まいを現代に建築するということも可能です。
ただこうした建築には、設計、利用する建材などについても深い知識と経験がなくてはなりません。設計についても骨格がしっかりした和建築を十分に活かす設計が必要となりますので、技術、知識、実績ともに持っている建築業者を選択するという事も重要です。これから他にはないイメージを持った家を造りたいという方は、和風建築、和を感じさせる温かなデザインの注文住宅もオススメです。

こだわりと自由度の高い注文住宅

注文住宅のよい点は、施主のこだわりを建築に活かすことができ理想的なわが家を一から作る事ができるという点です。リビングに大きなテーブルを置くスペースが欲しいからなるべく広く、できればリビングダイニングにバーカウンターのようなものを作ってお友達が来たときなど広々と空間を利用したい・・・など、住まいという事に関しては誰もが自分なりの理想を持っているでしょう。子ども部屋に関しても、小さいうちは広く大きな空間で兄弟が仲良く暮らせるスペース、でもある程度の年齢になったらその空間を仕切って兄弟各自のプライベート空間を作りたいなど、様々なイメージがあります。
設計という段階から施主の希望を反映する事ができるということが注文による住宅の魅力です。建築に関してあまり知識を持っていないという方も、リビングはこういうイメージで寝室はこういう雰囲気で、子ども部屋にはぜひこういう空間を取り入れてほしいという全体像をデザイナーに伝え、そういった希望を具体的に図面に起こしてもらい、それから実現できること、できない事など詳細を決めていく事ができます。
自由な建築、施主のこだわりを詰め込んだ建築ができるというのは実に魅力的です。費用面について心配される方もいるのですが、予算オーバーとなってしまう場合には妥協できる部分の建材の質をランクダウンさせるとか、照明器具を別のものにする等、予算の調整も可能です。
建て売りの場合ある程度値引き交渉ができるかもしれませんが、一般的にはその住宅について金額が設定されています。しかし注文による住宅建築の場合、予算がオーバーするという時に調整する事も可能なので、一概に高い建築というわけではないのです。魅力がたっぷりの施主のこだわりが存在する注文建築は、これからわが家購入の計画があるようならぜひ考えてほしい建築方法です。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-312-549営業時間:9:00 - 18:00