COLUMN

人もペットも心地よい家には何が必要?注文住宅に取り入れたい設備や工夫をご紹介

人もペットも心地よい家には何が必要?注文住宅に取り入れたい設備や工夫をご紹介の画像

施工事例はこちら

 ペットも人と同じ大切な家族の一員です。注文住宅を建てるなら、人間だけでなく、ペットにとっても一生の間を過ごす「終の棲家」になります。ペットと一緒にいる間はもちろん、お留守番をしているときも、ペットは家の中で過ごしています。また、ペットがだんだん年をとってくると、人間と同じように段差や階段が辛くなってきます。だからこそ、人だけでなくペットも心地よく暮らせるよう、健康やバリアフリーなどのあらゆる面から、快適な家づくりを考えましょう。

 この記事では人とペットが快適に暮らすために、注文住宅に取り入れたい設備・工夫をご紹介します。人とペットが共に生きられる注文住宅を建てたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

<span id='point1'>安全第一!ペットが家の中で怪我をしないための工夫は?</span>の画像

安全第一!ペットが家の中で怪我をしないための工夫は?

 人とペットが安全に暮らせる家にするには工夫が必要です。ここでは、ペットが家の中で怪我をしないための設備を4点ご紹介します。

・緩やかで滑りにくい階段で足腰の負担を軽減

 緩やかで滑りにくい階段を設置することで、ペットの肉球や足腰への負担を軽減できます。階段に使う材質は、コルク材かペット用にコーティングされたものがおすすめです。

・滑りにくい床材・床タイルで怪我を防ぐ

 滑りやすい床は、ペットにとって危険がいっぱいです。ペットの膝や股関節に負担がかかり、最悪の場合は怪我をしてしまいます。滑りにくい加工の床材や床タイルを敷きましょう。

・ペットフェンスを設置して侵入を防ぐ

 ペットが入ったら危ない場所には、ペットフェンスを設置しましょう。玄関から勝手に飛び出してしまったり、キッチンで危険な食材を食べてしまったりといったリスクを減らせます。

・ベランダの隙間をなくす

 ベランダやバルコニーに隙間があれば、ペットが落下して怪我をする危険があります。わずかな隙間でも油断は禁物です。木製や樹脂製の目隠しを使い、隙間をなくしましょう。

<span id='point2'>人もペットも環境が重要!快適で清潔な家をキープするための設備や工夫は?</span>の画像

人もペットも環境が重要!快適で清潔な家をキープするための設備や工夫は?

 人もペットも快適に暮らすには環境が大事です。ここでは、お家の清潔さをキープする設備をご紹介します。

・空調設備で真夏は涼しく・真冬は暖かく

 人間もじめじめした夏や寒い冬は苦手ですが、犬や猫はもっと体温調節が苦手です。急激な室温の変化で体調を崩さないように、空調設備で心地よい温度・湿度をキープしましょう。

・換気設備でダニやハウスダストを防止

 締め切った空間にペットと暮らしていると、ダニが増殖したり、ハウスダストが発生したりします。人間にとってもペットにとっても健康悪化の原因となってしまうので、定期的に換気をしましょう

・ペット用のトイレを配置する

 ペットだってトイレの際は人の目が気になります。ペット用のトイレを設置するなら、人の視線が届かず、落ち着いて排泄できる場所を確保しましょう。可能であれば、掃除しやすい材質で作り、消臭設備も設置しましょう。

・玄関近くに犬用の足洗い場を置く

 とくに犬の場合、散歩の後は足が汚れています。足が汚れたまま家の中を走り回り、家の中を汚さないためにも、玄関の近くに足洗い場を用意しましょう。

の画像

 ペットだって家でやりたいことがある!習性に合わせて用意してあげたい設備は?
人間と同様、ペットだって家でやりたいことがあります。ここでは、犬や猫に用意してあげたい設備をご紹介します。

<span id='point3'>犬の習性に合わせて用意したい3つの設備</span>の画像

犬の習性に合わせて用意したい3つの設備

 犬を飼う場合におすすめの設備です。

1. ドッグランで運動不足を解消

 犬は運動が大好きです。庭にドッグランを用意してあげましょう。

2. お見送り・お出迎え用の小窓

 犬は外を眺めるのが大好きです。目線の高さに小窓を用意してあげましょう。

3. 狭くて落ち着けるドッグスペース

 犬は1日元気に走り回ったあとは疲れてしまいます。休憩できる場所を確保してあげましょう。

<span id='point4'>猫の習性に合わせて用意したい4つの設備</span>の画像

猫の習性に合わせて用意したい4つの設備

 猫を飼う場合におすすめの設備です。

1. 散歩用のキャットウォーク

 猫は高いところが大好きです。室内でもキャットタワーがあれば散歩できます。

2. 猫用のペットドア

 猫用のペットドアがあれば、お留守番のときは脱走を防げます。

3. 爪とぎ柱を用意

 猫は縄張りをアピールするために爪とぎをします。爪とぎ柱を用意すれば、お部屋の壁が傷つきません。

4. 日光浴ができるスペース

 猫は体温調節やノミ・ダニの駆除のために日向ぼっこをします。日光浴ができるスペースが必要です。

<span id='point5'>【まとめ】</span>の画像

【まとめ】

 注文住宅で人もペットも心地よい暮らしを実現しませんか?

 人とペットが暮らすためには、お互いの行動範囲を考え、ときにはペットがゆっくり休める場所を用意しましょう。また、ペットに触ってほしくないものや、入ってほしくないところは、フェンスでガードしたり、ドアをきちんとしめたりすることが大切です。注文住宅なら、ペットとの心地よい暮らしを実現できます。ペットと一緒に暮らす注文住宅をご検討中の方は、ポラテック株式会社へご相談ください。

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00