COLUMN

東京で注文住宅を建てるポイントを知っておこう

東京で注文住宅を建てるポイントを知っておこうの画像

東京で注文住宅を建てる 施工事例はこちら

家を建てる時、自分の理想の家を選べるとしたら、こんなに素敵な事はありません。東京で注文住宅を建てるとなると、かなり値が張るイメージですが、家は一生に一度の買い物ですから、せっかくなら自分の思い描く夢のマイホームを建ててみましょう。東京には注文を請け負っている業者もたくさんありますので、選択肢は豊富です。注文というのは家をオーダーメイドする事ですから、まずはどんな家にしたいかを考えてみましょう。
ただし素人が考えるように何もかもその通りに形にするのは無理がありますので、次は注文を請け負っている業者やデザイナーと相談しながら形にしていきます。建売の場合、デザイナーがデザインした家というと、おしゃれで洗練されたイメージですが、それが住む人にとっての理想とは限らないので、ある意味ではデザイナーの独りよがりになってしまいます。デザインを気に入って購入するならいいかもしれませんが、納得できないのに買う人は少ないでしょう。

デザイナーにもいろいろな人がいます。注文を請け負っている業者にデザイナーが1人しかいない場合は、その人のデザインが好みに合わなければ、残念ですが理想のマイホームを手に入れるのは難しくなるかもしれません。理想通りの家をデザインしてくれる人が見つかっても、デザイン料が破格の場合は気軽に依頼できません。またこちらの希望を丁寧に聞き入れ、無理なところはなぜ無理なのか、わかりやすく丁寧に説明してくれるなど、対応も重要です。もちろんデザイナーは家を設計するプロですから、ある程度の意見は言いますが、お互いが気持ちよく話ができるかどうかも重要です。デザイナーの特徴を知るには、モデルハウスを見学するのも参考になります。

<span id='point1'>注文住宅のメリット・デメリット</span>の画像

注文住宅のメリット・デメリット

自分の家を建てるなら、注文住宅にしたいと考える人は少なくないでしょう。家を買う場合は、建売を買う事もできますが、家電や日用雑貨を買うのとは訳が違いますから、気に入らないから返品というわけにはいきません。建売で気に入った家が見つかればそれもいいかもしれませんが、注文にこだわるなら、とことん追求してみましょう。ただし注文住宅にも、メリットとデメリットはありますので、それを知っておく事も大切です。

注文住宅のメリットとデメリットを紹介します。最初から自分の希望を注文できるので、間取りや部屋の形、壁紙、玄関のドア、部屋のドアまで全て自由に選ぶ事ができます。ただし規格が決まっている注文の場合は、選択肢が限られる事があります。規格内での注文住宅でも、建てる前に設計に関われるので、ある程度は希望を叶える事ができます。ただしこだわりが多いほどコストは高くなりますが、グレードを一つ下げるだけでも、かなりコストを抑える事ができますので、譲れないところは贅沢に、譲れるところでコストを抑えるなど調整が可能です。

デメリットは、設計から関わっていても、素人がイメージする家と、デザイナーがイメージする家では多少違いが生じる事もあります。形になってから、こんな風だとは思わなかったといっても簡単にやり直しができませんから、具体的なイメージをする事も大切です。時間がある人なら土地探しから始める事ができますが、時間が限られる場合は、入手可能な土地に理想の家が建つとは限らないので、こういうところもデメリットになってしまいます。

<span id='point2'>土地がある場合と無い場合の違い</span>の画像

土地がある場合と無い場合の違い

注文住宅を建てるにしても、家を建てる土地がないと始まりません。既に土地を確保している場合は、デザイナーや建築業者と相談しながら具体的な話を進められますが、土地の確保がまだの場合は、先に土地を探す必要があります。急いで土地を探さなければいけないような場合、土地のスペースや形によっては、理想通りの家がデザインできない事もあります。地域によっては法規制で、高さが制限されるので、3階建ての家を思い描いていても、2階が限界だったという事になるかもしれません。

こういう場合はとりあえずデザイナーや、建築業者に相談してみましょう。ただし土地探しからのスタートになると、土地を購入してから、更に注文住宅の手続きをして、建築開始という流れになるため、かなり時間がかかります。時間に余裕がある、特に期限は限られていないというならそれでもいいかもしれませんが、早く家を建てないと住むところがなくなるとか、仮住まいを探さないといけないような場合は不便です。

なんとか土地が見つかっても、土地購入に予想外の費用が掛かってしまうと、資金計画を見直さないといけなくなるなどいろいろな問題が出てきます。東京に注文住宅を建てる場合は、土地を探すのも大変ですが、先に土地を確保しておき、その場所で可能な家をイメージする方がリスクは少なく済みます。土地が確保できたら、後は信頼できるデザイナーや建築業者を探すだけです。それぞれの家族に合った暮らしやすい家をイメージしてくれる業者を探すようにしましょう。

<span id='point3'>現場見学会にはできるだけ参加を</span>の画像

現場見学会にはできるだけ参加を

東京で注文住宅を建設するにあたって、どの住宅会社に建物の建築を依頼するかが重要なポイントです。イメージがあっても、それを具現化することができなければ意味が`ありません。東京の注文住宅業者を選ぶにあたって、実際にどのような住宅を建設しているのかを知るために現場見学会にはどんどん参加した方が良いでしょう。住宅会社では結構行っているサービスで、実際にその業者が手掛けている物件の工事中の模様をチェックできます。現場見学会に参加することで、いろいろな情報を集めることが可能です。

注文住宅の見学会ですが、大きく2種類のスタイルに分類できます。それは構造見学会と完成見学会という2種類です。完成見学会は文字通り、住宅が出来上がったあとで催される見学会です。しかしできることなら構造見学会への参加をおすすめします。構造見学会は、基礎や土台、構造材など完成してしまうと内側に隠れて確認できない所も見学できる催しです。住宅を建築するにあたって、できるだけ長い期間をそこで過ごそうと思っている人が多いはずです。長く暮らすためには、やはり住宅の構造をチェックして、その安全性を確認したいところでしょう。

「住宅展示場に行っても同じようなチェックができるのではないか?」このような疑問を抱く人もいるでしょう。しかし住宅展示場はディスプレイの要素が濃いので、通常よりも高いグレードで建築されているとか、小物や家具などでドレスアップをしているので、建物本来の実力がどうか確認しにくいところがあります。納得のいくマイホームを建築したければ、やはり現場見学会に参加するのがおすすめでしょう。

<span id='point4'>相見積もりを積極的に活用すべし</span>の画像

相見積もりを積極的に活用すべし

住宅会社選びをするにあたって、どの程度の費用が掛かるか、依頼する前に見積もりをお願いするのが一般的です。この見積もりを取るときにおすすめしたいのは、相見積もりをとる方法です。同じ条件で見積もりを取ることで、東京で注文住宅を建設するにあたって、大体どの程度の費用が必要になるか、その相場を把握できます。また見積書に記載されている内訳や担当者の説明を聞くことによって、より深く掘り下げて各業者の比較ができるでしょう。

見積もりを取るにあたって、見積書だけでは確認できないこともあります。たとえば、同じ工法で同じような材料を使っているのに業者によって費用が何十万単位で異なるということも起こりえます。ではなぜそこまで差が出るのか、業者の担当者に質問してみましょう。するとたとえば費用の安い業者は取引先に大量発注しているので通常よりも安く材料を調達できるからとか、高い見積もりを出している業者は独自の施工方法でより高いパフォーマンスを出すための努力をしているからといったような費用の違いの事情を把握できます。このように何か疑問に感じることがあれば、遠慮なくどんどん質問してみましょう。また質問して、どのような疑問でも丁寧に答えてくれる担当者であれば、建設業界に精通している信頼できる人ということになります。たとえばいろいろと質問をしたら面倒そうな態度を示したとか、質問に対する答えがなく、何かはぐらかされたような扱いをされるといった場合にはその業者には信頼して依頼することができないなどの判断材料になりえます。だいたい2社から3社の住宅会社を発注先の候補に絞り込んで、相見積もりをとって最終的にどこに依頼するかを検討すると良いでしょう。

<span id='point5'>打ち合わせをする際の注意点</span>の画像

打ち合わせをする際の注意点

住宅を建設してもらう業者が決まったら、どのような住宅を建築してほしいのか打ち合わせで業者と情報共有を進めていきます。注文住宅の良いところは、自分たちの要望に添う形で計画を進めていく点にあります。ですから相手に遠慮せずに自分の要望をはっきりと伝えることが大事です。ただし要望は最初のうちにすべて相手に伝えるのはあまりお勧めできません。まずは住宅会社が建設するにあたって、どのようなところにこだわりを持っているかを聞いてみることです。そして自分がイメージしているこだわりにマッチしそうかどうかを確認することです。もし自分の要望を一方的に最初の段階で相手に話してしまうと、相手は「そういった住宅はウチでも建設できますよ」と施工実績がなくても言ってくる場合もあるからです。そしてその結果、まったくこちらのイメージにそぐわない住宅を建築させられてしまったという話も時折聞かれます。自分の手の内を最初から見せないのも、より自分のイメージ通りの住宅を建設してもらうためのテクニックだと思いましょう。

打ち合わせの時には、どのような間取りにするか平面図を使って住宅会社は説明してくることが多いです。しかし平面ではなかなかイメージをつかめないこともあります。そこでもし平面図だけではどのような感じに仕上がるのか想像できないのであれば、絵など立体的に描いてもらったうえで説明してもらえないかお願いしましょう。このようにより具体的なイメージを共有することで、自分のイメージ通りの住宅を作り上げていくことができます。
>>>注文住宅のご希望についての打ち合わせはこちらから

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00