COLUMN

ガレージハウスのメリットやデザインで考えたいポイント

ガレージハウスのメリットやデザインで考えたいポイントの画像

1、ガレージハウスを検討している方へ

 生活の足として必要になるのが車ですが、車があることによって家族で旅行に行くことができたりするなどメリットはたくさん存在しています。また、車そのものが好きな方もたくさん存在しているかと思います。こういった方の中には車と共に暮らすガレージハウスについて検討している方も多いのではないでしょうか。実際に生活の中でも便利な部分が多いと言われていますが、建てることによってどのようなメリットが存在しているのでしょうか。そこで検討している方のためにも、魅力的な部分は何かについて紹介します。

 まず1つ目に実用的であるという魅力が存在しています。例えば地域によっては電車やバスなどの公共交通機関が十分に発達しており、移動には困らないというところも存在していますが、どれだけ公共交通機関が優れているところだとしても状況によっては車を所有したいと思うこともあるのではないでしょうか。例えば子育てをしていて子供がまだ小さい場合には車で送り迎え等をした方が楽に感じることもあります。また、介護をする時にも車があった方が便利になることはたくさん存在するでしょう。こういった時には車が必要になりますが、車を所有してさらに負担がかからない方法としてはガレージハウスが存在しています。例えばリビングの隣などに車を駐車することが可能になるので、移動距離を最小限に抑えることができます。特に介護や子育てを快適に行いたいと思っている場合にはガレージハウスを検討してみると良いでしょう。

 続いて2つ目は趣味の面で楽しめるというメリットです。例えばガレージハウスなら基本的に外からの目が気にならないので、手入れも周りを気にせずに楽しく行うことができますし、車のメンテナンスを行う際には道具などが何かと必要になりますが、道具を置いておくことができるスペースもあるので魅力的です。また、屋内に車を保管することになるので、誰にも傷つけられない、いたずらをされないというメリットも存在しています。愛車を守ることができるので魅力的です。

 その他にも3つ目として税金の免除ができるというメリットが存在しています。基本的に車庫やカーポートは住居スペースとは別の場所に設置することになります。その為、固定資産税が発生する可能性は高くなりますが、ガレージハウスなら家の中に駐車場を作ることができるので、家の固定資産税と別に税金を支払うということはありません。税金の免除ができるので魅力的です。

 このように、魅力的な部分は色々存在しています。こうしたメリットなども考えながら検討すると良いでしょう。

2、デザインで考えたいポイントについての画像

2、デザインで考えたいポイントについて

 ガレージハウスに憧れている方はたくさん存在しており、実際に魅力的な部分も数多く存在しています。しかし、気をつけたいポイントもいくつか存在しています。そこで、ここからはデザインをする時に考えたいポイントについて紹介します。

 まず1つ目は騒音の問題です。例えばそれぞれ生活スタイルによって異なりますが、例えば深夜や早朝に車の出し入れをするという場合には騒音で眠っている家族の邪魔をしてしまう場合もあります。その為、寝室の横にガレージハウスを設置するようなデザインにしてしまうと、後々後悔をしてしまう可能性が高まるので注意をするようにしましょう。

 続いて2つ目に排ガスについても考えることが大切です。車には音だけではなく、排ガスの問題も存在します。基本的に外では気にならない場合でも屋内では気になるので、できる限りデザインで考えたいポイントとしては換気扇の設置です。換気扇がないと臭いも充満しますし、壁などに臭いがついてしまう可能性もあります。快適に生活をするためにもデザインを考える時には換気扇の問題も頭の中に入れておくと良いでしょう。

 その他にも3つ目として照明について考えることが挙げられます。基本的に屋内にあるので照明についてのデザインは重視しない方もいるかもしれませんが、照明がないと転倒をしてしまったり、物を持っている場合には落としてしまったりしてしまう場合もあるので、乗り降りを快適にするためにも明かりは必要になります。照明についても考えるようにすると良いでしょう。

3、注文住宅の選択を検討中の方への画像

3、注文住宅の選択を検討中の方へ

 ガレージハウスで家を建てる場合には基本的に分譲住宅ではなく、注文住宅を選択する必要があります。注文住宅には色々なメリットがあるのでその魅力的な部分について紹介します。

 まず、細かい部分までこだわることができるということがあります。例えばガレージハウスと言ってもそれぞれ好みのデザインは異なります。隅々まで自分のこだわり通りにすることが可能になるので、デザインなどの面で妥協をしたくないという場合は注文住宅を選択すると良いでしょう。

 また、世界に一つのマイホームを作れるというメリットも存在しています。注文住宅はオーダーメイドで作成することになります。他にはないデザインで完成させることができるので魅力的です。

4、ガレージのある物件を注文住宅で設計しようの画像

4、ガレージのある物件を注文住宅で設計しよう

 注文住宅に住みたいと考える方は、愛車の管理をするガレージにもこだわりを持ちたい方も少なくありません。日本の分譲型の住宅では、車庫にこだわりをもって設計することはあまりありませんが、アメリカでは車庫にも十分な配慮をした住宅は珍しいことではありません。住宅を注文式でお願いし、夢のガレージを手に入れたいと思っている方は、一からプロのプランナーに企画をお願いすることができます。車を配置するスペース、予算、各種専門的な設備も用意できます。

 車庫の種類もカーポート、両面支持タイプ、片面タイプ、後方支持タイプなどさまざまです。また、独立型ガレージ、ビルトインタイプなど、自由に選ぶことができることも注文して住宅を作る事における魅力です。また、スペースの都合がある場合には地下車庫にする方法もあります。車庫で、愛車のメンテナンスをしたい方は、十分な設備や機器を用意することも理想の住宅を手に入れるひとつの方法でしょう。用途目的や、採光率、シャッターの機能なども選ぶことができます。車庫にあると便利な機能として、収納、コンセント、排気口、水回りの設備なども独自に設計、用意することができます。

 高級車を収納する場合には、盗難やいたずら予防のための防犯設備を充実させたい方もいるでしょうが、注文住宅であればそれらの機能や手配も十分に配慮をして設定してくれます。愛車を大切に保管するガレージに関して、夢の設計が可能となります。愛車のスペースや、車の台数、各種設備などもオーダーメイドで依頼をすることができるため、自由度が高く、希望条件に合った設備を整えることが出来る点が魅力となっています。車に対して強いこだわりや思い入れがある方から、一から車庫を設計する喜びを体験してください。

5、注文住宅ならガレージにこだわれるの画像

5、注文住宅ならガレージにこだわれる

 理想の住まいにするための条件は、人によって様々です。立地条件、外観、内装、家具、プライベートルームなど、それぞれにこだわりがあるでしょう。また、屋外の設備であれば、車庫にこだわりたい方も少なくないはずです。注文住宅であれば、一戸建てへのこだわりはもちろんのこと、ガレージに関しても専門のプランナーと相談して、車庫にこだわりを持たせることも十分に可能です。ガレージの規模や配置、機能性、予算などに合わせて自由に設定できる喜びがあります。住宅の外観と合わせて車庫のデザインもすることができます。

 注文して住宅を作る場合、戸建て住宅に関するこだわりばかりに目が言ってしまい、その他の部分に関してあまりこだわりを反映させようと考えていない場合もあるでしょう。しかし、住宅を注文して作る場合、専属プランナーが施工主様が理想する生活はどのようなものなのか、一から相談を受け付けてくれるという魅力があります。希望する暮らしはどのようなものなのかを率直に伺い、提案してくれます。ガレージに対して、過去にどのような施工例があるか、という点も提案してくれるため、魅力的な住まいにするためにはどうすればいいかを改めて考えることができます。

 理想的な暮らしや住まいを考えるとき、何に配慮をすればいいかを想像して、住宅を設計することは大きな魅力になるでしょう。予算や機能性に関しても、幅広い提案を受けられます。一から自分の希望する住宅を創りだす喜びを体験できるチャンスです。自分に合った暮らしやすい住まいや、使いやすい魅力的な車庫を実現できます。

6、自由度の高い注文住宅の画像

6、自由度の高い注文住宅

 注文住宅の魅力は、自由度が高いため、ガレージを含めて施工主様の希望を最大限、反映させやすいという点にあります。希望となる暮らしを現実にするための部屋の間取りの配置、立地条件、外観、内装、ペットとともに住む生活、などこだわろうと思えば細部まで多くあります。分譲タイプの一戸建て住宅であれば、希望する条件に制限がありますが、注文して住宅を作る方法は、自由に自分の好みの住宅を選ぶことができる魅力があります。どのような暮らしを理想とされるのかを叶えることができる注文住宅は、近年、暮らし方を自由にデザインしたいというニーズによって増えています。プロのプランナーが一から、希望条件に合わせて住宅を選んでくれる、という魅力があります。自らどのような暮らしを実現したいか、魅力的な物件の条件とは何なのかを選ぶチャンスでもあります。

 自由度の高い注文住宅は、人々の暮らし方や、個性、家族構成、心の中にあった暮らしの漠然としたイメージを現実とさせてくれます。予算や、立地条件なども依頼を受けた専門の会社が準備をしてくれます。また、住宅ローンや税金に関してもサポートを受けることができます。注文して住宅を作る方式はこれから、多くの方にさらに希望される新しい形の住宅として受け入れられることになるでしょう。自由度の高い注文住宅の魅力は、実際に利用される方にとって、住み心地がよく快適で、細部にまでこだわることができる点です。分譲タイプの住宅であると、細部をこだわるとなると追加料金が発生してしまうため、自由に改装でいない部分を叶えてくれる魅力があります。

7、ガレージハウスを設計した方がいい条件とは?の画像

7、ガレージハウスを設計した方がいい条件とは?

 一戸建て住宅は注文住宅にすれば様々なタイプの家を完成させることができます。人それぞれ好みなどで選ぶことが多いですが、中にはガレージハウスの設計をするかで迷っている方もいるでしょう。実際に設計した方がいい条件なども存在するため、迷っている方のためにもここでは建てた方がいい条件とは何かについて述べます。

 まず1つ目は車やバイクなどを大切に保管したい場合です。基本的に一番実用的な使い方としては車やバイクなどを保管することにあります。実際にガレージハウスにすることによって雨や風などの影響を受けることはありません。そのため、天候が悪くても車やバイクを綺麗な状態で保管しておくことができます。また、盗難など被害も減るので魅力的です。基本的に建物の外に保管しているのと中に保管しているのとではセキュリティ対策も中に保管している方がしっかりとしているので盗難の被害に遭いにくくなります。車やバイクを守りたい人は設計について考えてみるといいでしょう。

 続いて2つ目は周辺エリアの駐車場代が高い場合です。例えば都心部では狭い土地に家を建てなければならないことも多々あります。この場合に駐車場を設置してしまうと家がさらに狭くなるため別の駐車場を借りて車を保管するという家もあります。しかし、都心部だと駐車場の料金も1カ月で数万円以上かかるのが当たり前であるため、払い続けるのがもったいないと思っている人はガレージハウスを検討するといいでしょう。実際に家の中にガレージを取り付けることになるため、例えば3階建てなどにすれば家が狭くなることもありません。駐車場代も払う必要がなくなるため魅力的な方法です。

 このように設計した方がいい条件について少し説明をしましたが、それぞれ地域や土地などの環境で変わります。特にここで説明した内容に当てはまっているという家庭は検討した方がいいでしょう。

8、ガレージハウスを設計する上で考えたいことの画像

8、ガレージハウスを設計する上で考えたいこと

 ガレージハウスは基本的に専門業者に依頼すれば設計まで全てやってくれますが、ある程度依頼する側も知識を身につけておいた方が安心であるため、その中でも注意したいことについてここでは話します。

 まず1つ目に考えたいポイントはガレージの幅と奥行きの寸法です。例えば今は1台しか車が無くても後に2台に増える可能性がある場合には2台分とめることができるように考えなければなりません。2台に増える可能性があるなら専門業者にも伝えなければならないため、依頼する側も奥行きと幅にはこだわって決めた方がいいです。奥行きは車によって大きさが変わるため重要です。奥行きが狭いと、車が駐車できない、歩くスペースがないという問題が出てくる可能性もあるため、チェックしておくといいです。また2つ目は高さについても考えなければなりません。例えばセダンタイプやスポーツカーなどならそれほど天井が高くなくても問題なく駐車できます。しかし、高さがある車の場合は天井までの高さの寸法にも気を付けなければなりません。また今後高さのある車を乗る可能性がある場合には予め高めに設定して依頼するといいでしょう。次に3つ目はシャッターについて考えることです。例えば人によっては安く抑えるために手動式にする人がいますが、手動は上げ下げに時間がかかり、毎日手動で作業するのは大変です。できる限り自動的に開閉をしてくれるタイプにした方がストレスもなくなるでしょう。その他にも4つ目はガレージからの動線も気を付けてましょう。基本的にガレージからリビングに向かうまで動線が悪いと使い勝手が悪いガレージハウスになります。動線はしっかりと考えなければならないため、設計士にしっかりと相談して希望通りの動線にしてもらいましょう。

 このように、考えたいことはいくつかあるため、失敗しないためにも依頼する側もある程度知識は身につけた方がいいです。

9、ガレージハウスは設計の得意な専門業者に依頼しようの画像

9、ガレージハウスは設計の得意な専門業者に依頼しよう

 ガレージハウスがあるデザイナーズ住宅をつくりたい場合は専門業者に依頼をすることになりますが、専門業者ならガレージハウスが得意とは限りません。事前に得意不得意は調べてから依頼することが大切であるため、ここでは専門業者の選び方について紹介します。

 まず選ぶときにはガレージハウスの実績があるかどうかのチェックをしておくことが大切です。例えば今までにどのくらいのガレージハウスを作ってきたのかをチェックするだけで得意不得意が分かります。できる限り安心して依頼をするためにも実績が豊富にある専門業者を選ぶようにしましょう。

 また、展示場でガレージハウスを見ることができるかもチェックしておきましょう。展示場があればどんなガレージハウスを設計できるのか一目でわかります。実際に見て決めることは大切であるため、なるべく展示場がある専門業者に依頼をするといいです。

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00