COLUMN

注文住宅の豆知識や狭小な土地に建てる際のポイント

注文住宅の豆知識や狭小な土地に建てる際のポイントの画像

1、注文住宅の特徴について 施工事例はこちら

 マイホームの購入は人生の中でも大きな買い物になります。それなりの費用も必要になるので、建てる際には特にこだわりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。実際に一戸建てを手に入れる方法としては分譲住宅を購入するか、注文住宅で建てるか、中古住宅を購入するかの3つが存在しています。どれも人気は高いですが、その中でも理想的な一戸建てをオーダーメイドで手に入れることができる注文住宅は今、人気が高くなっています。将来的に建てたいと思っている方もいると思いますが、実際に建てる前に、注文住宅について理解を深めておきましょう。ここでは注文住宅の特徴について紹介します。

 一からこだわって自由に決められる事が最大の魅力でしょう。例えば、分譲住宅の場合でも、1軒1軒見学をすることで理想に近い物件を見つけることができますが、注文住宅の場合は、建物の外観や内装まで作っていくことができるため、さらに自分の理想を叶えられます。人によってこだわりのポイントは異なりますが、例えばキッチンを身長に合わせて使いやすくオーダーすることもできますし、トイレやお風呂を広くするなど、各々の好みを反映させる事ができます。その自由度の高さが最大の魅力であり、満足のいく家づくりを目指している方には、一番理想的な方法となっています。

2、注文住宅ではキッチンをこだわろうの画像

2、注文住宅ではキッチンをこだわろう

 理想のマイホームを建てるために外観・内装をオシャレにしようとデザインを中心に考えている人も多いと思いますが、見た目だけでは無く、実際に快適な生活が送れる環境についても考える必要があります。快適な生活を送るために考えるべきポイントはいくつか存在していますが、その中でも毎日利用するキッチンには、特に拘りたいものです。ここでは、キッチン選びに関するポイントについて紹介します。

 キッチンの高さを考えましょう。キッチンは高さが合っていないと、屈んだり伸ばしたり、腰への負担が大きくなります。快適に作業をするためにも、高さは絶対に確認しましょう。

 キッチンの大きさも大切です。いざ部屋を作っても、キッチンが部屋のレイアウトに合わない状況に陥っても、もうやり直す事は出来ません。部屋のレイアウトが決まったら、そのレイアウトに合うキッチンの大きさもしっかり把握しておきましょう。

 コンロの位置や作業用のスペースも重要になります。料理は基本的に毎日行うものと言えますが、こういった場合にコンロの位置やスペースの場所をしっかり考えないと、作業がしにくくなります。作業のしやすさも考えて、キッチンの配置も計画立てていくと良いでしょう。

の画像

 特徴として、掛けられる予算を自分で決められるということがあります。例えば、分譲住宅の場合は予め土地と建物がセットにして売られているので、当然価格を決めることはできません。ただし注文住宅の場合は、建築資材を自由に選択することができますし、それぞれ設備のグレードなども自由に選択することができます。こだわるところとこだわらないところを決めながら作っていくことができるので、予算についても調整が可能なのも有り難い特徴の1つと言えます。

 住宅街以外のところに建てるなど、場所を選べると言うのも魅力の一つです。例えば、分譲住宅は大きな土地にいくつか住宅を建てていくので、当然立地は住宅街に絞られるのがほとんどですが、注文住宅の場合は立地を自由に選ぶことができるので、あえて住宅街以外に建てると言う事も可能です。近所と距離が近いと言う状況をあえて避ける事で伸び伸び生活をしたい、なんて魅力も持っていたりします。

 ここでは特徴について紹介していきましたが、マイホームの建築で悩んでいるという方は、これらの点なども考えると、選択の1つのヒントになります。焦って選んで後悔しないためにも、予め知識を身に着けておくと良いでしょう。

3、狭小の土地で考えたいポイントについての画像

3、狭小の土地で考えたいポイントについて

 例えば、土地を所有していてそこに家を建てたいと思っているけれど、土地が狭すぎて諦めているという方もいるのではないでしょうか。そんな土地に対しても、なるべく効率的に建てる狭小住宅の方法を使えば家を建てることは可能ですので、ここからは狭小の土地で考えたいポイントとは何かについて紹介します。

 知っておきたいポイントとしては、提案力、そして実行力のある業者を選ぶことです。基本的に狭小となると業者の技術力が大切になり、中には対応できない、対応出来ると言いつつ机上の空論でしか無いというところも数多く存在しています。後悔しないためにも、提案力、そして技術力のある業者かどうかを確認しましょう。例えば、空間設計の提案力や、地下などに部屋を作ることは可能かということや、光の取り方や空気の抜け方など色々な提案をしてくれるところ、そしてそれを実行出来るところを選ぶと、狭小の土地でも納得のマイホームを手に入れることができます。特に都会に行けばいくほど狭小の土地は増え、建築も難しくなるので提案力、技術力は大切になります。

4、狭小敷地のメリットや注意点の画像

4、狭小敷地のメリットや注意点

 注文住宅を建てる時には建物について考える前に土地について考えなければなりません。土地によって建物も決まりますが、土地といってもそれぞれ広さや形などが異なります。その中でも狭小敷地で狭小住宅を建てようと思っている人もいるのではないでしょうか。狭小敷地について考えている人に向けて、狭小住宅のメリットについて紹介します。
 1つ目は土地が狭くなるので、その分土地代がリーズナブルな価格になりえるという点です。土地は地域によっても価格は異なりますが、面積などによっても価格が違ってきます。注文住宅を選択したいという人の中でも予算重視している方もいるでしょう。予算重視なら土地代が安く抑えられる狭小敷地について検討するといいでしょう。2つ目はコンパクトな家を建てられることです。例えば狭小敷地だと注文住宅と言っても建てられる家は限られているのでは?と思っている人もいるでしょう。しかし狭小敷地でも様々なデザインで建てることが可能です。実際に一般的な広い土地よりもデザイン性が高いものも多いと言われているので、シンプルで個性的なデザインを検討している方は狭小敷地について考えるといいでしょう。
 このようにメリットについて紹介しましたが、狭小敷地だからこそ気をつけたいこともあります。1つ目は生活動線を考えることです。土地の面積がそれほど広くないので、家を建てるとなると上下階の行き来が多くなります。その為、生活動線をあらかじめ具体的に考えておかないと生活しにくい空間になることもあります。動線はどの家でも重要ですが特に狭小敷地に家を建てるなら考えておいた方がいいでしょう。
 2つ目は設計事務所をあらかじめ選んでおくことです。場所によっては工事が難しいと言われることもあり、全ての業者が対応してくれるとは限りません。手間を掛けないためにも事前にどこの設計事務所なら工事に対応してくれるのかについて確認をしておきましょう。このように狭小敷地のメリットについてと気を付けた方がいい部分について述べましたが、具体的に考えて建てないと失敗の恐れもあるので、狭い土地を活用する時にはどんな家にしたいか、設計事務所の選択についても依頼する前に具体的に決めておくといいでしょう。

5、変形敷地の活かし方とはの画像

5、変形敷地の活かし方とは

 世の中には広くて真四角な形の土地ばかりではなく「細長」や「三角形」「傾斜」などの複雑な変形敷地が存在しています。これらの土地を所有している人の中には家も建てるのが難しいと思っていて諦めている方もいるでしょう。しかし、変形敷地でも活かし方によっては家を建てることが可能ですし他にはない個性的な家を建てることができます。ここでは変形敷地の活かし方について説明します。
 細長い敷地ですが、これは間口の狭い敷地になるので隣地境界線と建物の間に十分な距離をあけるゆとりがないので家を建てるには難しいと言われています。また、細長いことで横からは十分な光を取り込めません。こういった土地では建物の中央部分に庭を作ったり1階や2階とも庭に面した部分を大きな開口にしたりすれば明るさや風などもしっかりと取り込むことができます。家を建てるには難しい土地と言われていますが工夫次第では個性的な家をつくりあげることが可能です。
 家を建てるのが難しい変形敷地と言われているのが三角形の土地です。三角形の土地でも正方形や長方形などの家を作る人はいますが、基本的に長方形や四角形の家は周囲にデッドスペースができてしまうのであまりよくないと言われています。その為、建てる時にはなるべく敷地に沿った建物にすると無駄なスペースができないので有効活用することができます。三角でも作り方次第では広くなるので設計事務所などに依頼する時にはこういった変形敷地でも対応してくれるところに依頼するといいでしょう。

6、理想の家を手に入れるためには伝え方にこだわろうの画像

6、理想の家を手に入れるためには伝え方にこだわろう

 注文住宅は基本的にはオーダーメイドで家を建てることができるため、理想通りの家を手に入れることが可能ですが、依頼主によっては理想の家が出来上がらなかったと失敗した経験がある人もいます。失敗する理由はいくつかありますが、その中でも要望の伝え方には注意をした方がいいと言われています。では実際に失敗しないための要望の伝え方とはどういったことが上げられるのでしょうか。
 まず譲れないポイントは具体的に伝えましょう。例えば家族に聞いて「バイク置き場を設置したい」という要望や「キッチンの高さを慎重に決めたい」という要望など人それぞれ譲れないポイントがあると思うので譲れないポイントは遠慮せずに伝えるようにしましょう。どんな環境で生活したいかについても具体的に伝えましょう。例えば広々とした空間で生活したいなどという場合には吹き抜けをつけて狭さを感じさせないようにするなど、どんな生活をしたいかによっては家づくりも変わってくるので具体的に考えておくといいでしょう。

7、世界に一つだけのマイホームを完成させようの画像

7、世界に一つだけのマイホームを完成させよう

 これから埼玉で新築の家を建てようと思っている方々もたくさんいるかと思いますが、マイホームは何回も購入するものではないので購入する際にはじっくりと考えたいと思う方がほとんどではないでしょうか。実際に新築で家を建てる際には注文住宅と分譲住宅の二つが存在していますが、その中でも世界に一つだけのマイホームを手に入れたいと思った場合には注文住宅を選択すると良いでしょう。このタイプを選択することによって、オーダーメイドでマイホームを建てることが可能になります。では、実際に特徴について知りたいと思っている方も多いと思うので、どのようなメリットが存在しているのかについて説明します。

 1つ目は自由設計を実現することが可能な点です。世界に一つだけのマイホームを完成させるために注文住宅を選択する理由としては、その自由度の高さが挙げられます。自由度が高いことによって、例えば外観は和風な作りにしたいという要望にも応えてくれますし、耐震性の高い住宅にしたいという要望にも応えてもらうことができます。実際に建てていくときには業者と相談をしながら決めていくことになるので、理想のマイホームを建てることが可能になります。特に妥協をせずに満足度の高い家を建てたいと思っている方は後悔しないためにも注文住宅を検討すると良いでしょう。

 2つ目は価格についても自由に設定することができる点です。例えば分譲住宅の場合は土地と建物がセットになった金額が予め決まっており、購入する場合には決められた金額を支払わなくてはなりません。その為、予算を調整しながら決めていくということはできません。注文住宅と聞くと中には多額の費用が必要になるのではないかと思っている方もいるかと思いますが、費用をかけるところとかけないところを決めながら建てていくことによって、予算の調整も可能になります。オーダーメイドだからと言って必ずしも多額の費用が必要にあるということはありません。なるべく安く建てたいという要望にも応えてくれるので安心です。

 3つ目は更地の状態から完成するまで建設現場を見学することができることです。例えば分譲住宅の場合は建て終わってから販売をすることになるので、実際に建設途中の現場を見るということは不可能になりますが、注文住宅の場合は土地から決めていくことになるので、ゼロの状態から見学をすることが可能です。例えばどのように作られていくのか、しっかりと注文した資材が使用されているかどうかなども確認することができるので安心です。

 以上ではそのメリットについて紹介しましたが、世界に一つだけのマイホームを完成させたいと思っている場合には、注文住宅を選択することがおすすめになります。いずれにせよ高額な買い物になりますので、選ぶ際にはじっくりと検討しながら考えるようにすると良いでしょう。

8、注文住宅で考えたい住宅設備についての画像

8、注文住宅で考えたい住宅設備について

 分譲住宅の場合は住宅設備が予め決められているので、一から考えることはほとんどありませんが、注文住宅の場合はどういった設備を取り入れるかについて考えなければなりません。そこでこれから家を建てるという方のために、導入したい住宅設備について紹介します。

 1つ目はキッチンです。料理をする時や洗い物をする時などキッチンは基本的に毎日使用する場所となっていますが、家を建てる時に考えたいポイントとしては設備の高さです。基本的に家事を担当する方が使いやすい環境になっていることが重要になりますが、高さにこだわらないと快適に使用することができる環境ではなくなってしまいます。その為、選ぶときにはどのくらいの高さにしたら身体の負担を軽減させることができるのかについて考えながら検討していくと良いでしょう。

 将来のことも考えると良いでしょう。一度マイホームを購入したら基本的には長年同じ住宅に住むことになります。その為、年を重ねたときのことも考えてバリアフリーについても考えると良いでしょう。例えば階段は上りやすいように手すりをつけたりなどバリアフリーに対応している作り方をすると、年齢を重ねても住みやすいマイホームを作ることができます。

9、注文住宅を建てようの画像

9、注文住宅を建てよう

 将来的に注文住宅を建てたいと思っている方もたくさんいるかと思いますが、より良い住宅を建てるためには業者の選び方も重要になります。そこでここからは業者を選ぶときのポイントについて紹介します。

 大切なのがデザインのコンセプトが明確になっているかどうかです。実際に業者によって得意なデザインは異なります。その為、なるべく依頼する前にはどのようなデザインを得意としているのかについて確認しておくと良いでしょう。

 展示場にも行けるかどうかの確認をしておきましょう。展示場を見ることができればどのようなデザインを得意としているのかを知ることができます。業者によっては展示場を開いているところもあるので、失敗をしたくないと思っている方は展示場にも足を運ぶと良いでしょう。

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00