COLUMN

埼玉で注文住宅を依頼したい方へ

埼玉で注文住宅を依頼したい方への画像

注文住宅と分譲住宅の違い 施工事例はこちら

 埼玉県は東京までスムーズに行くことができますし、閑静で伸び伸びと生活を送っていくのに最適な土地です。そんな環境のいい埼玉県で自分だけの家を持ちたいという方は結構多いのではないでしょうか。また将来的東京に近い場所に住みたいと考えている方もいることでしょう。そんな場合、埼玉県で家を建てる計画を検討してみてはいかがでしょうか。
 家を建てる時にはすでに家が建てられている状態の分譲タイプと、これから建てる家を検討してから工事に入る注文住宅のパターンがあります。どちらも大きな特徴がありますが、個人によって合っているタイプが異なります。そのため家を建てる前の段階でどちらがいいのか検討する必要があります。まず注文住宅に関しては外観や内観、間取りなど自分の好きなデザインを検討していくことができます。自分の好みの家に最大限に近づけていくことが可能なのがこのパターンの最大の特徴です。その分実際に家ができ上がっていくまでには時間がかかってしまいます。
 分譲住宅はすでに家ができ上がっているもので、自分の目で実際の家を見ることができる点が大きな特徴です。注文住宅では家が具体的にどういったものか実感できないという場合には分譲住宅がいいでしょう。しかしながら注文によって作る場合でも、おおまかなイメージは画像などで見ることができるので想像はしやすいものです。また家を早急に見つけなければならないという場合には分譲住宅が合っていることでしょう。分譲住宅は早急に住む家を探したいという方が最も適しています。また価格も最初から決まっているので値段がはっきりしており、自分の予算に合った家を見つけやすいのもメリットとなっています。

注文住宅のメリットの画像

注文住宅のメリット

 注文によって自分で家を建てる場合にはどういったメリットがあるのでしょうか。注文による場合には施工を行う業者とじっくりと話し合いながら実際に建築していく家のデザインや形などを検討していきます。その際に良心的な業者では家のデザインや間取りなどを検討していく際に希望などを考慮に入れながら提案を行ってくれるので、自分の理想に一層近づけていくことができるものです。最初から自分で何でも検討していかないといけないので不安に思うのではないかと想像する方もいますが、実際には業者のアドバイスも入りながら検討をしていくのでまったくその点での不安はありません。
 注文によって建てる場合には自分の理想に最も合った家を建築していくことができるので、満足度でいえば分譲住宅以上であることは間違いありません。しかしその分コストがかかるのではないかと思われるものです。分譲住宅を最初から検討している方はコストの面で注文による建築を避けている場合もありますが、実際にはそうではありません。注文で家を造っていく場合、一番人の目につきやすい外観部分はコストをかけ、人の目につきにくい部分はコストを下げていくという柔軟な対応ができるのです。ですからトータルではそれほど高額にならない場合も多いものなのです。
 注文による家の建て方では、住むまでに時間がかかってしまう点もデメリットに感じる方がいるかもしれません。しかしこれから長い間住んでいく家はやはり自分の好みのものにしたいと思うものでしょう。一般的な買い物とは違って満足感を十分に抱くことができるものでなければなりません。充実感や満足度を最大限に感じられるという点を考えると、やはり時間がかかっても素晴らしい家を手に入れることができるというのは最大のメリットではないでしょうか。

信頼できる業者とはの画像

信頼できる業者とは

 実際に家を建てようと思う前に理解しておかなければならないことは、満足感の感じられる家を持つためには業者選びに対して慎重になるということです。安心して任せられるところでなければ、細部にわたって自分の要望を反映させていくことができないものです。ですからこの点については慎重にならなければなりません。いい施工会社であれば細かい部分まで時間をかけて納得できるまで話し合いを行っていくことが可能です。またどのような選択をしたらいいのか、また予算との兼ね合いで様々な選択ができない場合にどうしたらいいのかなど、困った時に専門家ならではの意見をわかりやすく提案してくれます。
 信頼できる施工会社に依頼をすることで、自分の希望を最大限に反映させていきながらデザインを決めていくことができるものです。またデザインを決定した後に建築が行われていきますが、その際に疑問に思ったことがあれば質問をすることができるのがいい施工会社です。安心できる施工会社なら質問に対して適切に説明を行ってくれるものです。家を建てるということは人生で最大の買い物になるので、できる限りの満足度を誰もが感じたいものです。その際に少しでも心配な点などがあればすべて解決をして安心したいと誰もが思います。信頼できる施工会社であれば実際に家が建った際には十分な満足感を抱くことができることでしょう。今後、家を建てるかもしれないという方は参考にして業者選びを実際に行ってみてください。

思った通りの家を作る注文住宅の画像

思った通りの家を作る注文住宅

 家を建てようとするのなら、自分の思った通りの家にしたいと思うものです。注文住宅ならば、理想を実現することができるかもしれません。自分の意思を反映させ、ある程度自由に作ることができるため、満足できる住宅になるでしょう。埼玉県でも数多く建てられている方法ですが、メリットだけではなくデメリットも理解しておくと納得できる形にできるようになります。

 注文住宅の特徴は、自分のこだわりを実現できるというところにあります。これが、分譲住宅との違いです。オーダーメイドで作ると考えることができますが、これが、メリットでもあり、デメリットにもなります。オーダーメイドで作るということは、どんなものでもできるわけではありません。家としての体裁を保たなければいけませんし、建築基準法も守らなければいけません。単に、自由度が広いと考えると問題がないでしょう。自由度が高いため、予算の中で好きに決めることもできるようになります。建て売りと違い、自分の好みのものを選択し取り入れていくことができるからです。重視するところに予算を使っていくということもできます。これが、こだわりにつながっていく部分です。設計の段階から自分の意見を組み込んで進めることができるからこそ、納得がいくまで検討することができるようになります。

 その反面で、予算をオーバーすることも少なくありません。好きなことができるのですから、どうしてもバランスを無視してしまうことも出てきます。なんでもつぎ込めば、良い家ができるわけではありませんので、設計の段階でバランスをとりながら作ることが大切です。

設計の段階から見ることができる意味の画像

設計の段階から見ることができる意味

 注文住宅の場合、設計の段階からスタートします。そのため、実際に家が建てられている過程を見ることができるでしょう。これが非常に大きなメリットです。建売住宅は、購入する段階で、家が完成してしまっています。こうなると、見えない部分が数多く出てくることになるでしょう。壁を作っているとして、完成して壁紙を貼られたら、本当に使われた素材が何なのかもわかりません。叩いてわかることもありますが、見えていれば間違えないでしょう。

 評価機関が検査をするシステムもありますが、自分以外の人が評価をすることになります。もちろん、信用できないということではなく、納得がいくものを作るのであれば、自分の目で確認することが一番でしょう。建築に関するさまざまな問題が取り上げられる中、自分でチェックすることができるのは、大きなポイントになります。

 知識がないからわからないという人もいるでしょう。ですが、施主が見にくるとなれば、現場は緊張します。わかることが一番ですが、パッと見たところで変だと思えば質問することもできるでしょう。繰り返し見に来ると、失敗できないと緊張感が出てくるようになります。これだけでも、大きな効果を上げることができるようになるのですから、どんどんチェックするべきです。あまり口を出すと、良いものができないといわれることもありますが、これは大きな勘違いといっていいでしょう。どんどん見にいき、どんどん意見するべきです。これで仕事ができないような会社は、そもそも問題が多いといっていいでしょう。質問は管理者にとどめておけば、現場の進捗に問題などでません。

土地が別になるというメリットとデメリットの画像

土地が別になるというメリットとデメリット

 埼玉でも、注文住宅は土地と建物を分離して考えます。建売住宅は、土地とセットが基本です。自分で建てたい土地に建てることができますし、自分の理想に合うところを見つけてくることもできるでしょう。

 その代わりに、時間もかかります。土地は先に購入しなければいけないため、予算の問題も考えなければいけません。ローンを組むとしても、家にかかる予算と一緒に借りることになるため、土地を先行で購入するとなると、かなり難しい部分が出てきます。注文住宅のハードルを上げてしまっている部分ですが、事前融資を依頼するなど、別の方法を考えなければいけなくなるでしょう。

 土地探しをすることによって、思っている以上に高額になってしまうことも出てきます。建売住宅の場合、大きな土地を購入し分譲していることがありますが、土地だけを探すとなると、なかなか見つけることができません。思っている以上に高額になるケースもあるでしょう。利便性という部分でも、分譲されているところは売れるように考慮されています。周りの環境も調べ、土地を用意できるからです。つまり、建売住宅を売っている会社は、リサーチも徹底しているので、こうした会社が買い取らず、さらに利便性の良い土地を探すのは難しい部分があるでしょう。

 それでも、注文住宅には夢が詰まっています。埼玉県では、予算には限りがあるとしても、自分が作りたい家にする人が増えています。家を建てるということは、一生のうちに何度もチャンスがあるようなものではありません。注文住宅を建てることができるのであれば、満足できる家を目指すのは当然のことと思います。

埼玉にわが家を建築する時に見ておきたい住宅展示場の画像

埼玉にわが家を建築する時に見ておきたい住宅展示場

 ずっと夢だったマイホームの建築。頭金もある程度貯まり、いよいよこれから住宅を建築するという段階になれば、夢見たわが家ももうすぐそこ。ご家族が楽しく暮らす事のできる空間と家づくりを計画していきたいものです。
 家を建てるということは、人生の中でほとんどの方が一生に一度のことであり、大きな買い物になるでしょう。車も高額な買い物ですが、ローンは長くても5年ほどで終了します。しかし住宅の場合は、10年から30年と長期にわたってローンを組む高額な買い物となりますので、誰もが失敗したくないと考えるはずです。住宅を建てるという事に、ある程度の心得があるということなら設計についても考える事ができますし、建築会社と相談しながら理想のわが家を建設する事ができると思いますが、全く心得がないという方や建築という事に全く知識がないという場合には、やはり信頼できる業者のもとでマイホーム建設を考えなくてはなりません。
 東京のベッドタウンとしてたくさんの住宅地が存在する埼玉。このエリアも非常に質の高い住宅地として有名な地域がたくさんありますが、この埼玉に住宅を建設するという場合、まずは住宅展示場を見学しましょう。住宅の建築という事に知識がない方も、住宅展示場を見学できれば、実際にどのような家にするのかイメージしやすくなりますし、住宅展示場を持っている業者ならば実績があって安心という事もあります。展示場を見るという事は、未来予想図を描きやすくなるという事にもなりますので重要なのです。
 埼玉という土地で住宅建築などの実績があり、経験も豊富で展示場も保有している業者となれば、安心して建築について相談できます。埼玉で住宅建設を考える時、展示場でどのような事を確認してくれば良いかなどを詳しく調べましょう。これから理想的なマイホームを建築するために、確認しておきたいことやポイントを理解しておくと、より効率的に対応できます。

住宅展示場で目に見えない部分を徹底して質問するの画像

住宅展示場で目に見えない部分を徹底して質問する

 住宅展示場というのは、展示場を開催している企業が、オススメの家や最新設備の家や造りなどを実際に来場者に見てもらい、質が高くて安全な暮らしのイメージを持ってもらうことを目的として開設しているスペースです。快適な暮らしを実現するために、実際の住宅を直接見ることができます。
 埼玉にもこうした住宅展示場が多数存在していますが、このエリアで住宅建築に長くたずさわってきた業者、信頼できる業者の住宅展示場を見学に行きましょう。その為にも不動産業者や物件提供を行っている業者のホームページを確認したり、掲示板や口コミサイトなどを利用したりしながら評判のいい業者を数社選び、その中で住宅展示場を持っているところを選択します。展示場があるということはある程度の大きな企業ですし、展示場で実際にその企業が提案する住宅を見ることができれば、自分たちの家づくりにも大いに活かすことができます。
 展示場に行くと、内装、外装、設備などをスタッフが一通り案内してくれます。そこで分からないことや聞いておきたいことをどんどん質問します。トイレやバスルーム、キッチン、リビングなど、目で見えること以外にも、屋根や天井の防音はどうなっているのか、温度管理について配慮があるのかどうかなど、「目で見る事のできない部分」についてもスタッフの方に質問してみます。丁寧に説明してくれるスタッフがいる企業は、スタッフ全員に建築についての知識があり、住宅についてお客様に説明するための教育を受けているということです。展示場に行って、不明なことをスタッフに質問してみて、不確かな回答をするようであれば、営業マンとしても努力不足ですし、その企業には依頼しないなど検討ができます。

ここに暮らすという目で展示場を見学することが大切の画像

ここに暮らすという目で展示場を見学することが大切

 住宅展示場について、現代の家づくりを知ってもらうために大切な要素としてしっかり考えている企業は、埼玉という地域の中でも多数のエリアにそれぞれ展示場を持っています。埼玉の中でも特にこの地域に暮らしたいという希望がある場合、実際にその希望エリアにある展示場を見学してもらって住宅イメージを持ってもらう方が、よりわが家の未来図を想像しやすくなるからです。
 埼玉県はかなり広い面積を持っている県なので、エリアによっては環境の違いがあります。小学校、中学校、保育園などが多く、商業施設なども多数存在するエリアもあれば、畑が多く自然も豊かで、静かな暮らしができるエリアもあります。こうしたエリアそれぞれに展示場を持っていることで、その風土の中でどのようなイメージをもって住宅づくりを考えればいいのか、建築という事に知識がないお客様でも未来のマイホームを想像しやすくなりますし、その土地での暮らし方もリアルに見えてきます。
 展示場では実際の生活がイメージできるように、家具、カーテン、設備なども全てそのまま暮らせるような形となっているので、家具に触れたりキッチン収納を開けてみたり、実際にふれることで暮らしをイメージする事も大切です。ただ部屋を見まわし、窓からの風景を見るだけでは展示場の見学にはなりません。
 もしもこの住宅に自分が本当に住むのなら、というスタンスでリビングのソファに座ってみたり、クローゼットを開けてみる等、どんどん行動してください。その時、疑問に思った事は展示場スタッフに質問するなど問題点を探すという事も必要です。埼玉のこのエリア、この住宅に暮らすという見方をすると、展示場の住宅の見学がより実り多いものとなるでしょう。

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00