埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

譲れない条件を兼ね備えた家。ポウハウスに、ライバルはあまりなかった。

譲れない条件を兼ね備えた家。ポウハウスに、ライバルはあまりなかった。

お母様が1人でお住まいだったご実家を、二世帯住宅に建て替えられたT様ご家族。展示場でポウハウスの家を見た時、「ここだ」と思った、と奥様はおっしゃいます。
「カジュアルやナチュラルではなく、落ち着いた大人の雰囲気のある、和モダンの家にしたかったんです。ポウハウスは、黒っぽい外観を含め、デザインがとても気に入りました。それからは他の会社も含め、いろいろ調べました」。
しかし、デザイン性のあるシンプルモダンの家は、あまり多くなかったといいます。設計事務所主催の実邸公開なども見に行きましたが、施工やメンテナンスに不安もあり、デザイン性もいまひとつ。
「デザイン以外に、もう一つ譲れない条件が高気密・高断熱でした。建て替え前の古い実家は、風通しが良く寒さや暑さが気になっていたからです。デザイン、ハウスメーカーとしてのサービスの安心感、高気密・高断熱などの機能、どれをとっても、やはりポウハウスが一番いいと思いました」。

譲れない条件を兼ね備えた家。ポウハウスに、ライバルはあまりなかった。

放射状の壁の配置、大きな窓を配した吹き抜け。空間の無駄を楽しむ暮らし。

Tさん邸の玄関を一歩入ると、大きく広がる吹き抜けのホール。その開放感には目を奪われます。
「こんな風にしたい、と自分たちで平面図を描き、そこから3Dイメージを起こしました。それを見て、デザイナーさんが色合いや空間の使い方などの希望を的確に酌んで設計をしてくれました」。
一見無駄なスペースにも思える玄関ホールの大空間や、放射線状に配置された壁で構成された不規則な空間設計。これらは全て、方角や角度を計算した、ぜいたくな開放感と使いやすさを両立させるための装置です。
デザインや機能性を保ちつつ、家で快適に過ごしたいという、ご家族の望みを叶えた家になっています。

放射状の壁の配置、大きな窓を配した吹き抜け。空間の無駄を楽しむ暮らし。

夫婦それぞれの、こだわりのインテリア。

家づくりで一番こだわったのがインテリアです。
「私も主人も、所帯っぽくない、かっこいい空間が好み。和の要素を取り入れたい私と、黒っぽい石やタイルの素材使いを楽しみたい主人、両方の希望をうまく取り入れてもらいました」。
寝室は、黒を基調とした和の空間。アクセントで赤を取り入れた、高級感のある仕上がりになっています。
ご主人は、壁や床材を決める際にいろいろなタイルや石を取り寄せ、熟考を重ねたそうです。2階リビングには黒タイルの床材を敷き詰め、スタイリッシュでラグジュアリーな空間ができました。
1階の、南向きで風通しの良い部屋がお母様のスペース。お母様の希望であまり暗くならない壁の色をチョイスしました。ウォークインクローゼットとミニキッチンも備え、1階のみで生活できるようになっています。真上には夫婦の寝室を配置し、夫婦のリビングはお母様の部屋から一番遠い場所に。2階の生活音が気にならないよう配慮しました。

家づくりで一番こだわったのがインテリアです。

人ごみに出るより、家がいい。室内での趣味を楽しむ。

ご夫婦はインドア派。人ごみに出ることはあまりないそうです。
「僕はコンピューターが好きで、パーツを入れ替えてチューンアップしたり、音楽やビデオを観たり聴いたりしています。妻はそのコンピューターを使って、ゲームをするのが楽しみのようです」。
お二人とも家で寛ぐことが好きなため、生活のベースとして家はとても重要です。1階に設けた防音室では、音楽やビデオの他、カラオケを楽しまれることも。お母様もこの部屋を趣味のウクレレや歌の練習に使われます。
広い空間なのに、エアコンの使用も最小限で夏は涼しく、冬は暖かい家。パソコンスペースも快適です。家にいる時間をいかに楽しく過ごせるかを追求した住まいです。
「時には、ちょっと歩こうか、と河川敷を散歩することもあります。歩くことが目的なので、行き先は特に決めずスニーカーを履いて30kmくらい歩きます。インドア派ですが歩くことは好きで、車はほとんど使わないので手放しました」。
今後は、防音室にプロジェクターを設置したり、インテリアに手を加えたりしたいとお二人。建てた当初はあまり時間をかけられなかった庭や入り口などの外構も整える予定で、今後ますます素敵な住まいになっていきそうです。

人ごみに出るより、家がいい。室内での趣味を楽しむ。



POHAUS