埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

北伸介
空間図形の無限性への出会いと追及。幅広く世界を広げて行きたい。

01空間図形の無限性への出会いと追及。幅広く世界を広げて行きたい。

学生時代家具づくりに夢を抱く漫画に出会い、物づくりの楽しさに憧れたのがこの仕事に興味を持ったきっかけだったのかも知れません。物理や数学の中でも思いのままに構成することができる立体空間が楽しく、自分で何かを形づくることに興味を持ち始めました。
人大学時代には、様々な業界に接し幅広く経験することで自分を広げる事が出来ると思い、40種以上のアルバイトに携わりました。その時、自分は唯一無二の存在であり様々に変化し続ける人との関わりに強い魅力を感じました。ライン上の仕事や一方的に売り込む仕事より、クライアントの直接の声に耳を傾けその人の思いを形にできるものを作りたい、そう思い住宅の設計への道を選択しました。

会社では営業の仕事から始め、まずは純粋にお客様の声に耳を傾けその思いに気づくことを覚えました。そして、お客様との距離感を縮める中で一緒にお酒を楽しんだりと、楽しくフレンドリーに付き合わせてもらっています。お客様の求めるものが自然と見えてくる環境が望ましく、そこで初めてベストな提案が出来ると考えています。何よりもお客様に喜んで頂けることが一番ですし、驚き・感動頂ける提案を目指しています。
ツーリングが好きで、車やバイクに乗って日本中を走り回り自然の景色や建物・歴史に触れていた時もありました。今は家族もいるので機会は減りましたが、ぶらり街歩きを楽しんでいます。休日は体づくりも兼ねてテニスやサッカーを楽しんでいます。毎年1週間くらいは家族でキャンプ場を転々とし、自然を満喫し楽しんでいます。衣食住という基本に立ち返り過ごすことで自分にとっては、気持ちをオフにすることができる場所です。

プランニングは、真意・背景を大切に。

02プランニングは、真意・背景を大切に。
でも常に進化していきたい。

プランニングをする上で行うヒアリングは、ほぼ世間話と思われることが多いです。少し独特と言われますが、私は何畳の部屋が欲しいといった形の要望ではなく、そこで起きうること等どのような生活シーンイメージ・期待しているかを聞きます。そしてそこからそれらの背景を伺って行くと、必要な空間が生まれ繋がって行きます。生い立ち、趣味、好きな場所、好きなもの、人柄や感性、将来のイメージ等お客様の事を知りたいですからね。現在の生活を見せて頂いたりもします、そこには皆様が気づかない様々な情報が潜んでおり、プランニングに大きく影響します。
色々伺って行くと「対面キッチンが欲しい」とか「リビングイン階段がいい」という形の背景に、家族のつながりや考え方、どのような思いがあったのかが見えてきます。家とは直接関係のない話しも多いのですが、結果的に要望の核をつかみ取ることができます。要望する形はお客様の経験上の概念に基づいたものが多いかと思いますが、建築は無限に形を変えられます。お客様が思ったいるもの以外にも様々な可能性・形があるはずです。その思いを形にする橋渡しが私の役割だと考えています。

空間構成をつくる中で大切にしているのは、見え方・見られ方です。視線の抜けや繋がりを大事にするとともに、それぞれの生活シーンでの視線を大事に考えています。高くしたり低くしたり抜いたりとめたり・・・。家族の繋がりや気配を感じる空間、それを意識しています。一人一人がみな違い、人によって欲しい要素も、その強弱も違います。その人独自の思いを形にした住宅を手掛けて行きたいと思っています。

トータルで提案して、本当にやりたいことを実現してもらう。
トータルで提案して、本当にやりたいことを実現してもらう。
トータルで提案して、本当にやりたいことを実現してもらう。
ゆったりとしたときの流れるガレージハウス

ゆったりとしたときの流れるガレージハウス

和風旅館をイメージしたもてなしの家〜和美庵〜

和風旅館をイメージしたもてなしの家〜和美庵〜

風と住まう

風と住まう

縦に伸びた趣味ゾーン(クライミングウォール)が生活をつなぐ家

縦に伸びた趣味ゾーン(クライミングウォール)が生活をつなぐ家

高台からの景色を楽しむトンネル状の家

高台からの景色を楽しむトンネル状の家

展示場に行ってみよう!
施工事例集を取り寄せる
POHAUS