WORKS

Gallery House

2階にリビング、1階に個室を配置したいわゆる“逆転プラン”になっているが、逆転プランの一般的な欠点は、2階が生活の中心となるので、外部や1階が孤立しやすいこと。そのため、玄関周りの設計を工夫し、部屋と道路との“ちょうど良い距離感”を生み出すデザインをご提案した。 斜めに突き出すような外壁で、ちょっと囲まれた感のある新しいタイプの“中庭”が出来上がっている。光をさえぎ、ることなく、かつ周囲から覗かれにくい。また、シンボルツリーがあることで潤いのあるコミュニティースペースにもなっている。外観デザインにこだわりながらも、空間に意味を持たせた。

物件名
Gallery House
建設地
埼玉県川口市
敷地面積
94.68m²
延床面積
131.70m²

夜は斜めの外壁のシルエットがより強調され、美しさが増す。の画像

夜は斜めの外壁のシルエットがより強調され、美しさが増す。

外観(昼)の画像

外観(昼)

中庭が子供の安全な遊び場にもなっている。

明るいリビングの画像

明るいリビング

「お隣さんが近いので視線が心配でしたが、バルコニーの壁が少し高いので気兼ねなく寛げるリビングになりました。2階なのでとても明るいです」とT夫人。

土間の画像

土間

地窓から入る光が床に反射し、やさしい明かりに包まれる玄関ホール。

NEW WORKS

新着施工事例

WORKS CATEGORY

施工事例を探す

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-312-549営業時間:9:00 - 18:00