練馬展示場 | 埼玉・千葉・東京のデザイナーズ注文住宅はPOHAUS

埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

NERIMA HOUSING EXHIBITION

練馬展示場

狭小立地ほどデザイナーのプランを活かせます。その実例が練馬展示場です。和美庵は約33坪、アルジールは約25坪と、リアルサイズのモデルハウスです。それぞれ自然素材を活かした寛ぎの空間。帰りたくなる家です。

ARZILL
和美庵
練馬展示場
店長 黒田佳介

黒田佳介

PROFILE:実家の建替えの経験から、お客様の立場に立って営業をしたいと入社。ホームページを見てくださる方に、ぜひ展示場に足を運んでもらいたいと熱望している。予約なしでふらっと来てくださる方も歓迎します。

練馬展示場のいいところを教えてください。

遊び心のあるガレージと、お客様用玄関とプライベート玄関を分けた広い土間です。建売住宅を見たけれど、玄関に不満があったので注文住宅にされたというお客様も多く、「理想の玄関だね」と言っていただけます。 また、練馬で契約されるお客様は、2階のリビングに惚れ込んでいただいた方がほとんどです。フロアを掘り込んで、天井高を確保した開放感あるリビングなんですよ。スマートブレースを使って強度を出しているので、開口部が大きく、光がいっぱいに入ります。

リビングのチークの天井とダウンライトが素敵です。

照明が少なく見えるのですが、ダウンライトと間接照明を使ってるので、暗くはありません。どこをつけてどこを消すかによって部屋の雰囲気が変わります。いろんなシーンに合わせられる照明計画をお作りしますのでご相談ください。このリビングを気に入って、これを再現するようなプランで建てて下さったお客様もいらっしゃいました。 また、キッチンのコンセプトは「男性も料理したくなるキッチン」で、壁にはレンガを貼り、カウンターはステンレスのプロ仕様でかっこいい雰囲気になっています。

和美庵はどうでしょう。

ここではキッチンにぜひ立っていただきたいですね。リビング、ダイニングも眺められ、外のバルコニーにも繋がっていて目線が抜けていきます。 2.3畳の家事室は奥様のための空間なんですが、男性にもこのスペースを求められる方が多いです。狭い所にこもって好きなことをしたい、落ち着く、というところでしょうか。私も、自宅に1.5畳くらいの自分の空間があるんですが、そこでギターを弾くのが楽しみです。

ギターがご趣味なんですね。

ええ、エレキギターですが、休みの日はアンプにヘッドホンを繋いで弾いています。リビングにコンポも置いていますが、子供番組がつけっぱなしになっているので、自分の音楽は聴かないですね。 子供がまだ1歳半なんですよ。不思議なもので、子供が生まれることになったら自然と家が欲しくなったんです。お客様にもそういう方が多くて、妊娠されている方やお子様が生まれたばかりの方がよくいらっしゃいます。展示場の階段室には、子供には開けられない扉があるので、お子様のいるお客様と商談するときは安心です。 私は100人いたら100通りの家づくりがあると思っています。例えば屋上を設けたいという要望が多いのですが、花火が見たいのか、バーベキューをしたいのか、子供のプールを置きたいのか、そのヒアリングを大切にしています。それで屋上の作り方は変わってきますから。それがいい家づくりへの近道だと思っています。

POHAUS