埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

SHINKOSHIGAYA HOUSING EXHIBITION

新越谷展示場

遊び心が詰まった家。半地下を用いた秘密基地や、音楽スタジオなど夢の住まいがアルジール展示場。そして和美庵は、37坪のリアルサイズの中に、多数の趣味を活かし、ガレージと癒合した空間となっています。

ARZILL
和美庵
新越谷展示場
店長 浜崎泰之

浜崎泰之

PROFILE:入社20年目で一級建築士の資格も持つ、様々な経験を積んだ顧客満足度No.1の営業マン。趣味の車に対する造詣は深く、個人で発信しているブログを見て店を訪れる人も。ガレージハウスの設計はもちろんのこと、資金計画などあらゆる面からの提案に自信を持っている。

いろんな部署でお仕事をされてきたそうですが。

ええ、現場監督を6年、アフターメンテナンスや不動産の営業、そのあと実施設計を6年、他にもブランド企画や反響営業の部署など、あらゆるところに行きました。一級建築士と福祉住環境コーディネーターの資格も取り、いろんな知識、経験を重ねて今に至ります。
現場を経験してから設計の仕事に移ったので、その時はガレージハウスなど難しいものを担当させていただきました。実は、営業でも要望が色々あるお客様が好きなんです。「モノを売る」のではなく「お客様のこだわりの家を作りたい!」といつも思っています。

ガレージハウスと言えばポウハウスですね。

ええ、ガレージハウスを建てたい、と来られるお客様は多いです。
私の自宅も、8年ほど前に建てたガレージハウスです。ホームページにも出ていますよ。私は車が大好きで、自分でチューンナップをしたり、車やガレージハウスについてのブログを書いたりしています。ブログから繋がって友達になり、展示場に来て下さる方もいて、嬉しい限りです。他の営業と比べると、趣味の延長で仕事をしているかもしれません(笑)。

新越谷は、趣味に特化した展示場です。

アルジールは音楽室、和美庵はガレージというキーワードがあり、お客様のライフスタイルを形にしています。生活の中のに車がある、あるいは音楽がある、そのくらい好きな人が建てた家。この音楽スタジオはリビングです。いつでも何人でも演奏を楽しめるようになっています。和美庵ではリビングから愛車が眺められます。和のテイストに、車の無機質な素材感が違和感なく馴染む寛ぎのスペースになっています。

これまでどのようなお客様が来られましたか。

幅広い年齢の方がいらっしゃいました。和美庵は和モダンの雰囲気が人気で、20代、30代の若い世代に新鮮に映るみたいです。「こういうのを探してたんです」とおっしゃる方もおられます。茨城などの遠い所から見に来られて、実際に建てて下さる方もいらっしゃいますね。茨城あたりだと、土地が広くて安いので、その分建物にお金をかけられます。平屋で2台分のガレージのある家など、趣味を生かしたポウハウスにしか作れないデザインの家は、遠くからでも依頼に来て下さいます。
どこの展示場に行ったらいいかわからない時は、ぜひ新越谷に来て下さい。経験も豊富で手掛けた棟数も多い分、いろんなご提案ができると思っています。

展示場に行ってみよう!
施工事例集を取り寄せる
POHAUS