埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

KASUKABE HOUSING EXHIBITION

春日部アルジール展示場

一見窓のないアルジール展示場。中に入ると工夫が詰まった採光計画、通風が実感できます。

ARZILL
春日部アルジール展示場
店長 八木沼雅晴

八木沼雅晴

PROFILE:川口、加平展示場を経て春日部店長になった入社5年目。昔から家に関わる仕事がしたいと思っていた。アルバイトで、お客様と会話をしながら商品の提案をしていく面白さに目覚め、住宅の営業に。将来自宅を建てる時は、ハンモックをバルコニーに吊るして寛ぐことを夢見ている。

接客の際に気をつけていることはありますか。

お客様には、家を建てる会社を選ぶうえで大事なポイントを5つ、お話しするようにしています。
①ボリューム感/どのくらいの大きさの家を建てたいのか。
②テイスト/どんな雰囲気が好きなのか。
③住宅の性能/長期優良住宅、耐震住宅、省エネ性能など。
④技術力、施工力/デザイナーの描いた図面通りに完成度高く仕上げられる力。
⑤保証面/この家に何年住み続けたいか。何年の保証が必要なのか。アフターケアはどうか。
 この5つから、どの会社で建てるのが最適かを考えていただけたらと思います。

客観的な視点でお話しするのですね。

そうです。他社の展示場とも比較していただけたらと思っています。
もちろん、ポウハウスはどの点についても自信を持っています。展示場だけでなく、実際にお客様が建てられた家も見ていただけますが、完成度、質感は展示場並みかそれ以上です。また、耐震性能が高いのに自由な間取りができるなど、それぞれのポイントについても詳しくお伝えしますので、ぜひ展示場にいらして下さい。

窓のない、特徴的な外観の展示場です。

中に入って初めて「こういう建て方だから北道路で窓がないのに明るいんだ」と納得していただけると思います。真ん中に坪庭のような開口部があり、大きな窓から光が入っているんですよ。少し天井を低く作った「木のトンネル」というスペースも人気です。狭いところにこもる居心地の良さ、その先の主寝室に続くトンネルのような雰囲気もある楽しい空間です。ロフトのゴロゴロできるスペースと、外からは絶対見えないバルコニー、3方向から車を見られる車好きには嬉しいガレージなど、お勧めポイントはいっぱいです。注文住宅なので、遊び心が欲しい方にはいろんな提案ができると思います。

どんな家をこれから作っていきたいですか。

ダーツが趣味なのでダーツ場のある家を作ってみたいですね。学生の頃、ダーツ好きが高じてダーツショップでアルバイトをしていました。ダーツは羽根や矢をカスタマイズできて奥が深いんです。リビング横にスキップフロアを作り、ダーツマシンを置きたいですね。それと、オーディオも好きなので、ジャズやクラシックを聴く部屋も欲しいです。アンプやスピーカーのバランス、セッティングの違いで音はかなり変わります。ホームシアターを作りたいお客様、オーディオにこだわりのあるお客様、ご相談お待ちしています。

POHAUS