LINE UP

住み手と共に成長する、
シンプルデザインの枠が光る住まい。

ARZILLの画像

ARZILLのロゴ

子どもから若者へ、大人からシニアへ。住まう人が成長するのだから、家も共に成長しなければ。住むほどに魅力深まる、遊び心と愛着の家。
「ARZILL」

  • 自分の居場所はその時の気分や用途(使い方)によってことなります。
    幼少期から大人に成長しながら同じ家に住むということは、
    住み手も同様成長しなければいけない。
    生活の中には遊びがある。
    ミニカーで遊んでいた子が成長しゲームになり、やがて本物の車になる。
    そんな変化に対応するために居場所はいくつか用意しておく必要がありその居場所はつくることは無限大である。
    AZの家は自分の居場所を、上階と下階のどちらで使うか?
    器をつくる境界の発想は無限大である。

  • ARZILLの画像

    屋根の上を鳥たちだけに独占させるつもりは無い。

  • ARZILLの画像

    梁は隠さずに見せた方が、広く美しい。役割を与えると活躍するのは人間も同じ。

  • ARZILLの画像

    2階建、3階建という概念を捨てると、
    もっと楽しい空間が生まれる。

  • ARZILLの画像

    子育てのあいだだけ、子どもだけが喜ぶ家はつまらない。
    長く住み続けて、楽しみ続けたい。

  • ARZILLの画像

    ガレージは外である必要も、リビングがフローリングである必要も、必ずしも無い。

  • ARZILLの画像

    中庭という空間をつくることで、部屋は明るくなるけど、外からの視線は気にならない。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-312-549営業時間:9:00 - 18:00