埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

和美庵

和美庵「間と繋がりを大切にする家」

自分の居場所はその時の気分や用途(使い方)によってことなります。
「透ける」・「抜ける」・「兼ねる」日本人の知恵と工夫を住まいにいかしています。
陽―影、明るい-暗い、高い-低い、内-外などの対照的な変化が生み出す
心境の変化が日本人の心にひびく住まいとなる。
暮らしの中には様々は心境の変化に対応できるよう空間を用意しておく
必要がありその空間利用は無限大である。
WBの家は自分の居場所を、外と内のどちらで使うか?
器をつくる境界の発想は無限大である。

空間・無限大

平面をつなぐ。
抜ける目線はより低く、寛げる空間。

POHAUS