埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

WORKS

回遊する土間のある家

小学校の桜並木の前に建築された住宅で、近隣の樹木と調和するような淡い緑の外観が特徴で、玄関を入ると各部屋と土間が繋がっていて寝室から土間を抜け玄関に出れるような回遊性のある間取となっています。塗り壁の内装と無垢の床材を採用し人に優しい呼吸する住まいとなっています。リビングと繋がるバルコニーの開口からは学校の桜の木が一望できお花見にはもってこいの空間です。

敷地面積:171.32㎡
延床面積:93.77㎡
得本 裕晶のプロフィール

DESIGNER:A.TOKUMOTO

得本 裕晶
展示場に行ってみよう!
施工事例集を取り寄せる
POHAUS