WORKS

微妙な角度が気になる家

住み慣れた地元に、三角形の敷地を購入したU様。2方向の道路に挟まれどこからも見渡せる敷地に、「見たこともないようなガレージハウス」を希望されました。「リビングから見えるガレージ」というガレージとリビングの位置関係はもちろん、「玄関を入るとガレージの中」、そして「ガレージを通ってリビングに」という動線は、まさに「愛車が生活の中心」という車が大好きなU様らしい発想のガレージハウスです。 ガレージ部は平屋として、2階建ての住居部との間に微妙な角度を設けました。この「直角」「水平」でない角度により、リビングから愛車を眺めるとさまざまな表情を見せてくれます。外観も生活感を出さないように、大きな開口部をなくしました。小さいながらも窓を多く設けることで、夏でも過ごしやすい家になりました。

物件名
微妙な角度が気になる家
建設地
埼玉県幸手市
敷地面積
343.62m²
延床面積
94.83m²

ガレージ 「趣味の車」と「熱帯魚」。の画像

ガレージ 「趣味の車」と「熱帯魚」。

外観の画像

外観

シンプルブラック「ガレージ」。

外観の画像

外観

夜の外観。

リビングの画像

リビング

NEW WORKS

新着施工事例

WORKS CATEGORY

施工事例を探す

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-312-549営業時間:9:00 - 18:00