埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

TECHNOLOGY

PO POWER STRONG システム

世の中にあふれる画一的で、おもしろみのない住宅。それは予算やデザイナーのセンスだけが原因とは言えません。
例えば「開口部を広く取りたい、吹き抜けにしたい、窓をたくさん付けたい」ということは、支える壁を減らすことになり建物の強度に影響を与えます。
何かを求めると犠牲になるものがある、デザインに制約があるのが現状です。
しかし、ポウハウスはポラスグループの技術力で開発したオリジナル耐力壁などで、自由な設計を可能にします。
それは強く逞しい住宅と、自由で機能性のある住まいを両立させる、ポラスグループの総合力が可能にします。

3次元解析ができるポラス独自の構造計算ソフト
「ウッド・イノベータ」による、許容応力度計算。

許容応力度計算とは?

構造計算とは、建物を設計する際に地震や台風などの自然の外力を受けた際の安全性を計算によって安全確認をすることです。この計算結果から、必要な基礎構造における断面や配筋、上部構造における柱や梁の大きさ、耐力壁の量や配置、必要強度を求めるのが許容応力度計算による構造計算です。

2階建以下の木造住宅では、構造計算書の提出は免除されている。

現行の建築基準法では、構造体が鉄骨造や鉄筋コンクリート造及び、木造では3階建て以上の住宅に構造計算書の提出が確認申請時に義務付けられています。
しかし、2階建て以下の木造住宅では、「壁量計算」などの簡易な計算と「仕様規定」に定められたルールによる構造安全性を確認すればよいので、構造計算書の提出が確認申請時に義務付けられていません。ポラスでは、3階建てに限らず平屋建て、2階建てにおいても全棟で構造計算を実施し確固たる耐震性能を実現しています。

従来の2次元画像
ウッド・イノベータの3次元画像
3次元倒壊シミュレーション画像

天然木の感触の良さを活かしつつ、天然木特有の
欠点を補った木材が、「構造用集成材」です。

建築用高級材として昔から親しまれてきた「桧」

桧は仏閣や神社を建てる為の木材として古くから用いられてきました。木目がまっすぐで均質、狂いが少なく加工性が良い。桧は高級建築材として、土台、柱、梁はもちろん、内装材や家具の材料としても広く用いられています。

桧集成材

永遠に供給可能な地球環境に優しい材「欧州赤松」

欧州赤松は厳しい自然環境の中で約100年の歳月をかけてまっすぐに育ちます。その特長は、加工性・強度・耐久性に優れ、経年変化による味わいが美しい材としてヨーロッパでは古くから重宝されてきました。また、「再生可能な木」として永遠に安定供給できる、地球環境に優しい木材です。

欧州赤松(RED WOOD)集成材

高い耐震性はそのままに、「より広く」「より明るく」「より自由に」を
実現するために開発された、ポウハウスオリジナルの耐力壁です。

ポウハウスは、限られた壁面積の中で最大の力を生むオリジナル耐力壁を多数開発しています。

ジャイアントブレース

「ジャイアントブレース」は筋交いの可能性を徹底的に追求し開発された耐力壁です。強度を表す“壁倍率”に換算すると、「壁倍率7倍相当」という公的機関の認定を受けています。まさに従来の壁倍率の常識を打ち破ったポウハウスオリジナルの「剛なる壁」の基本です。

ジャイアントブレース

ワンダーシステム

「座屈防止ボルト」を筋交いに交差させるように2本加えることで、一般的なたすきがけ筋交いの1.5倍の強度「壁倍率6倍相当」になります。

ワンダーシステム

パルテノンTS

「パルテノンTS」は、柱と柱の間に構造用面材を貼り付けた幅455mmの耐力壁です。間口の狭い土地でもビルトインガレージとして大胆に開口部をとることが可能になるなど、プランバリエーションが大きく広がります。

※構造計算の結果により、使用の有無、 数量が異なります。

春日部展示場

建物の両脇に4つの「パルテノンTS」を使用

中央の3枚が「クリスタルマジック」です。

クリスタルマジックGOOD DESIGN AWARD 2008

クリスタルマジックは今までにない画期的な「透明な耐力壁」です。 室内の間仕切り壁に用いると、透明なので開放的な室内をつくることができます。また、サッシと組み合わせて用いれば、壁一面を開口部とすることも可能で、従来の木造住宅ではできなかった、新しい住空間やプランデザインが実現できます。

壁倍率4倍相当クリスタルマジック

スマートブレース

インテリアとしてのデザイン性に優れたスマートな耐力壁です。 開口部とスマートブレースの様々な組み合わせ方により、採光と耐震性能を両立し、モダンな室内デザインを実現します。

練馬展示場

ダイヤブレース

従来の耐力壁は石膏ボードとビニールクロスなどで仕上げられ、当然光や視線は抜けません。「ダイヤブレース」はその名の通りダイヤ型に組まれた美しいフォルムのため、あえて隠す必要はありません。そのままでも、障子と組み合わせたり緑を吊り下げたり、思いのままにインテリアを楽しむことができます。

ダイヤブレース施工例

トロイ

トロイは柱と柱を繋ぐ今までの常識を覆す、横型の耐力壁です。
従来、耐力壁部分にはサッシ等の開口部を設置することが出来ませんでしたが、トロイを使用することで、横長のハイサイドライトやガレージ入り口などの大開口部も計画可能になります。

トロイ
トロイ
トロイ

木造住宅の懐かしさを残しつつ、最新の技術で支えられた
ポウハウスの住まいは、本当の意味での安らぎを提供します。

自由な住まい空間を実現する「Bロック」

集成材の技術発展により、大きな断面の梁を使えるようになったことで、大きなスパンで柱の少ない空間を作り出すことが可能になりました。
しかし、従来のような木を削ってつなぐ「仕口」や「継手」と呼ばれる技術では、柱や梁を削る量が多いため接合部が弱くなり、大きな梁を支えることが出来ません。
「Bロック」なら、削る量を最小限に抑えられるため、強い接合部が実現できます。

「Bロック」の接合イメージ

“剛なる屋根”をつくる「ラフターロック」

強い建物にするには“屋根”も強い必要があります。従来の火打ち金物やひねり金物に変わる「ラフターロック」は、“屋根倍率1.2倍相当”と従来の2倍以上の屋根剛性を確保しました。「火打ち金物は必須条件」という常識を覆し、屋根強度と意匠性を向上させた画期的な技術です。また、持ち運びや施工性にも優れており、現場での作業性も大幅に改善されました。

GOOD DESIGN AWARD 2004 “剛なる屋根”をつくる「ラフターロック」

ラフターロック品質性能試験風景(建材試験センター)

ライフスタイルの変化に合わせて、自由に間取りが変更できる大空間や
変化に富んだ空間を、ポウハウスの最新技術が実現します。

床を上から“吊る”。ダイナミックな「クレーンシステム」

「クレーンシステム」は、柱が梁を支えるという通常の考え方ではなく、上層階の梁が下層階の梁を吊ることで、梁を支える柱を無くし、開放的な空間を創ることを可能とした画期的なシステムです。

断面イメージ。上層階の太い梁からぶら下がる吊りボルトが、下層階の梁を支えています。
28帖の柱のない大空間を実現

ステップフロアシステム

「ステップフロアシステム」は、オリジナル金物「Bロック」を使用することで階高を自由に変化させ、空間に様々な変化をもたらすことを可能にします。 Bロック金物の取付け高さを変えることで、床や天井レベルをお客様の住まいに合わせて設定することが出来ます。

床の高さに変化をつけることで、暮らしの幅が広がります。

TS-Boxシステム

吹抜けは高い開放感を得ることができ、採光を取るには効果的なスペースですが、構造的には弱点になりやすい部分です。
 TS-Boxシステムは、壁の中に強固な「TSフレーム」を取り付けることで、構造用合板を張った床組みと同等の強度を得ることができる、耐震性と開放空間を両立できる技術です。

※TS-Boxシステムは、お客様のご要望などによりご提案する商品です。

【TS-Boxシステム】による強くて美しい吹抜け… 鉄鋼フレームを入れて実現

吹抜け
吹抜けがつくれない…
「火打ち材」がどうしても必要…
吹抜け

狭小敷地でも手軽に+αの部屋がつくれる「BSパルテノン」

 通常の小屋裏空間は、屋根の形状によっては軒の付近で高さがとれず、デッドスペースができます。「BSパルテノン」は、登り梁とオリジナル耐力壁「パルテノン」を組み合わせたフレームとすることで、小屋裏空間を最大限の広さで使用することができます。

「BSパルテノン」を採用すると…

フロアの隅に行くほど高さが取れないため、実質利用できる広さは狭くなります。また、屋根を支えるための小屋束や梁が必要なので、スッキリとした美しい空間作りができません。

従来の小屋裏3階の空間は…

従来の小屋裏3階の空間は…

斜線の許す範囲で最大限に空間を広げることができます。趣味の空間に、子供の遊び場に、収納に…。横に広いスペースをフルに活かした使い方ができます。

「BSパルテノン」を採用すると…

「40,000件を超えるデータの蓄積」
これが地域密着にこだわり続けた理由です。

住まいづくりの第一歩は地盤調査から

40,000件を超える調査実績(2012.9月現在)。ポラスグループでは施工エリア内の地盤状況を知り尽くしています。ポウハウスでは、このように蓄積された地盤データを最大限に活かすとともに、サウンディング調査により一邸ごとの地盤状況(地耐力、土質、地下水位等)を綿密に調査し、軟弱地盤の適切な対策をご提案致します。

綿密なサウンディング調査

ポラスグループ施工エリア図

ポウハウスは実大強度実験で強さが証明された、
防湿ベタ基礎を採用しています。

日本初の「ベタ基礎実大強度実験」により
基礎強度が証明されました。

ポラス暮し科学研究所では、2000年に東京大学及び熊本県立大学との産学協同プロジェクトを組み、基礎強度を明確にすることを目的とし「ベタ基礎実大強度実験」を実施しました。
基礎の破壊実験は、ひび割れが生じてから「降伏」の過程を通り、「最大耐力」を経て「破壊荷重」へと至ります。実験の結果強度は最大耐力(30t)まで上がり続けるという驚異的な結果となり、ポウハウスの防湿ベタ基礎は建物の荷重に対して2倍以上の余裕があることが実証されました。

「ベタ基礎実大強度実験」の実施風景

POHAUS