DESIGNER

橘 淳男の画像

さいたま設計室

橘 淳男A.TACHIBANA

中央建築職業訓練校
(企業内大工育成)、公団住宅設計・積算・現場監理、春日部展示場の営業店長を経てPOHAUSデザイナーに。
練馬和美庵展示場 企画・設計
新座和美庵展示場 企画・設計
新座アルジール・フロンティアン展示場 企画・設計

人は1日24時間平等にありその時間をどのように使うかはその人の自由です。
視線が開けて、風が肌にふれ、陽が入りポカポカする中の心地よい場所で本を読んだり、子供と遊んだり、お酒を飲んだり、人それぞれ充実した時間はことなるでしょう。
充実した時間の多い「時間の価値」の高い家が心の豊かさにつながる「良い家」ではないかと考えます。

DESIGNER WORKS

  • 通り土間のある家

    通り土間のある家

    「丸窓」「障子」「洗い出しの土間」がこだわりの家。 間接照明が空間を柔らかく演出し、家族はもちろん訪れた人をふんわりと癒します。 日常生活の使い勝手も考えつくされた、和のお家です。

  • S-HOUSE

    S-HOUSE

    プライバシーやセキュリティにも配慮して、外には閉じて、中には開く。そんな開閉の妙を感じるお家です。

  • N HOUSE

    N HOUSE

    小さく建てて大きく暮らす。 小さい家で豊かに集う。 再生可能エネルギー活用での太陽光発電や西洋文化の流入により、建物はより高く、より大きく作られる傾向にあるなか、小さなものの価値を見直す建物の提案です。

  • HIYAKU(飛躍する家)

    HIYAKU(飛躍する家)

    建築地の高低差を利用したスキップフロアの家。 半地下の玄関より入り、1階のパブリック空間より上階に上がるにつれてプライベートが確保される。

  • Saku-Life

    Saku-Life

    建築地は緑の残る住宅街の角地で、樹齢70年の桜が存在する。その桜は地域の人に季節を感じさせたり、道しるべでもあり、シンボル的な地域の共有財産となっています。

  • 間繋ぎ格子の家

    間繋ぎ格子の家

    玄関土間の壁材は塗り壁となっており、格子戸から漏れる柔らかな照明の明かりが壁を照らし、心安らぐ空間となっています。

PLANNING

DESIGNER / A.TACHIBANA

既成概念を打ち破る発想で、周囲の自然環境も含めてデザインする

橘 淳男の画像

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00