COLUMN

二世帯住宅うまくいく!注文住宅の3つの「トラブル回避法」

二世帯住宅うまくいく!注文住宅の3つの「トラブル回避法」の画像

二世帯住宅の注文住宅ってどんな家? 施工事例はこちら

 親世代と子世代が共同で生活する二世帯住宅。それぞれが独立した生活をしつつも、程よい距離感で暮らしていけるという特徴があります。日常生活においては、親と子が協力し合えるだけでなく、親の老後や孫の面倒など互いの生き方を支えていくことができます。また、親が亡くなった後の相続税対策になったり、税金面において軽減されたりと、お金に関するメリットを受けることもできます。

<span id='point2'>二世帯住宅の3つの間取り・メリットとデメリット </span>の画像

二世帯住宅の3つの間取り・メリットとデメリット

●完全同居型


 寝室のみは別々につくりますが、キッチンやお風呂など、それ以外の場所をすべて共有する同居パターンです。親子間の関係が良好で、生活リズムに差がない場合だとお互い協力し合って生活することができます。また、いつも誰かが家に居てくれるという温かみを感じることもできるでしょう。
 一方で、生活リズムに差があるときや、家事の配分などを決めるに当たってお互い気を遣うことも。場合によっては窮屈さを感じやすくなることが、デメリットと言えます。

●部分共有型


 玄関やお風呂など、一部のみを共有しつつ、基本的な生活空間は分ける同居パターンです。適度なプライバシーが保てるうえに、生活リズムに違いがあってもお互い気を遣うことはありません。また、共有部分をつくることでコストを抑えることが可能となります。
 一方、共有部分をどこに配置するか間取りを決める際に悩みやすいこと、使用の際の生活音や清掃など多少なりとも気を遣わないといけないなどのデメリットがあります。

●完全分離型


 敷地は一緒だけれど、全く別の世帯として生活するパターンです。生活していくうえで、干渉しすぎない、気を遣わなくていいというのが大きなメリットと言えるでしょう。家同士を階段や廊下で繋いで行き来できるようにしたり、窓越しに互いの様子を見られるような間取りにしたりと、ちょうどいい距離で見守りできるような工夫をすることも可能です。
一方で、ほぼ2軒分の建築費用がかかるため、コスト面においては想定以上に負担が大きくなることもあります。

<span id='point3'>建てる前に話すべき3つトラブル「回避法」 </span>の画像

建てる前に話すべき3つトラブル「回避法」

 「二世帯住宅を建てたことで揉めたことやトラブルはありましたか?」というテーマで、二世帯住宅を建てたことがある方たちにアンケート調査を実施しました。全回答のうち51%を占めたのが「プライバシーの問題で揉めた」というものです。「義両親が干渉してくるタイプだったので、ストレスが溜まった。」「主人の両親と同居していたが、勝手に私たちの部屋にも入ってきた。」など、同居生活が続く中で、互いの踏み込んでほしくない部分にまで干渉してしまうということが問題となりやすいようです。その他には「夫と義父がどの程度の割合で負担するかについて、義妹が口を出してきた。」とお金回りで揉めた方が27%、「兄弟との間で家だけが相続対象だったので建設の際に同意がなかったことで揉めた。」「妻の両親の介護まですることになって大変だった。」と、相続や介護のことで揉めた方が9%という結果になりました。
 これらの結果から、二世帯建築前の前ステップとして話し合っておいた方がいいことを考えてみましょう。
まず、プライバシーを守るためには、家事動線の複雑化を避ける、防音設備にするなどの対策を取ることが大切です。また、介護問題に対しては、建築時からバリアフリーにしておくと後々の負担を軽減しやすくなります。さらに、将来のことを考えて、家族構成の変化に対応できるような二世帯住宅を建てることも大切です。大きな住宅は売買するのが難しいため、孫世代が独立した後は、空いた部屋を賃貸に出すなどの活用方法を考えておくようにしましょう。また、建築費用・税金・光熱費の支払い配分、登記の持ち分などもしっかり決めておき、曖昧なままで生活をスタートさせないことも大切です。

<span id='point4'>二世帯住宅で共有すべき・分けるべきポイント</span> の画像

二世帯住宅で共有すべき・分けるべきポイント 

 二世帯住宅においては、共有すべき場所・分けるべき場所があります。一般的に、トイレ・洗面所・洗濯機・お風呂・キッチンは、分けた方が生活しやすいと言われています。アンケートでも「お風呂やトイレ、食事などといった細かいプライベートなことで少しトラブルになった。」「生活のリズムや生活時間帯が異なるので、お互いの気遣いがないと難しい。」という声があり、ストレスを感じやすい部分は予め分けておくことでトラブルを回避できます。また、二世帯で気になるのが生活音。「子どもの泣き声がしたと勝手に義母が部屋に入ってくる。」「足の弱った両親の隣室をトイレにしたので、トイレの位置がリビングの隣になってしまい食事中など不快な思いをする。」といった声もあり、音に気を遣うこと多々予想されます。そのため、間取りの工夫をして、子世代の寝室と親世代の寝室を離す、親世代のトイレの配置を子世代のLDKや寝室から離すといった距離感を保つことがポイントとなります。

<span id='point5'>二世帯住宅は第三者の意見の取り入れる</span>の画像

二世帯住宅は第三者の意見の取り入れる

 二世帯住宅は建築前にある程度の対策をしておけば、デメリットの多くは解消できます。そのためには、第三者の意見を柔軟に取り入れることも大切です。親世代・子世代の双方にメリットのある暮らしを手に入れて、より豊かな人生を送っていけるようにしましょう。

二世帯住宅とは?

木格子を使用した、和モダンの外観

二世帯住宅とは、二世帯以上の親世代、子世代などが一緒に住む住宅のことです。親子世代が一つの家に一緒に住むという条件の中でも、プライバシーを最低限守りながら、自分たちの生活もしつつ、家族が近くに住んでいるという安心感や協力体制を持つ理想的な環境を整えることができます。

二世帯住宅には、比較的共有スペースが多い昭和以前からある様式のものもありますが、現在一般的なものは、独立して一つの振り分けられたスペース内ですべての生活ができるように、分離されている様式のものです。よくあるパターンが一階と二階で、内側もしくは外側に階段や玄関を設けているタイプです。このほか、別の棟に独立したもう一つの家を建てることも広義で二世帯住宅の区分に入ります。

二世帯住宅で注意したい点は、どこまで相手の生活圏に干渉しあうかを決めることが大切です。そのため、特に共用スペースがある場合は使用時間などを決めるなどのルール作りが必要になります。また、お互いの生活音を意識して遮りながら、相手の生活圏を邪魔しないような配慮が必要です。日ごろからコミュニケーションがスムーズに取れている親子関係でしたら特に不自由はありませんが、あまり干渉せず、お互いが独立した考え方を持っている家庭の場合は、コミュニケーションを頻繁にとるなどして、トラブルやストレスを抱え込まないようにすることが求められます。

共用スペースと個人スペースについて

吹き抜けで繋ぐ二世帯住宅

二世帯住宅を建てる際には、どの部分を共用スペースにし、どの部分を個人スペースにするのかをあらかじめ決めておく必要があります。例えば水回りの場合、台所やお風呂を共用するのか、それとも個々のスペースに設けるのか検討することになります。台所を共用する場合は、2世帯が一緒にご飯を食べる事になることが多いため、お互いの食の好みにも配慮することになります。同じスペースを使う場合は、同時に料理ができるスペースが十分にあるのかなどを検討しなければなりません。生活リズムや時間帯、食の好みが違うという問題があるようなら、お互いの居住空間の中に台所をそれぞれ設けるという対策が必要です。

お風呂の場合は、1つのお風呂場を共有するならお互いが使う時間帯を考慮することになります。人数が多ければ、入る時間をきちんと決めなければ後の人まで回らなくなってしまう心配があり、家族の時間帯が不規則な場合は、お風呂やシャワーを二つ設けることが必要になります。理想の二世帯住宅を考える際には、何を共用し、何をどこに設けるかを、あらかじめしっかりと考えておくことが大切です。

一方、あえて共用するスペースを設けることで、各スペースに居住する家族のふれあえる空間を作ることができます。生活リズムや時間帯が異なる中で無理に合わせようとすることで、価値観のズレが生じストレスを感じてしまうなど、細かな問題が浮上することも考えられますが、親世帯が孫と一緒に遊ぶことのできる空間や、お互いが客間として利用できるスペースを確保することで、柔軟に対応できる環境を整えることができます。

展示場や施工事例集を取り寄せる

実例集無料プレゼント


具体的にどのような家にしたいという理想のイメージがうまくまとまらない時に活用したいのが、展示場や施工事例集など実際に建てられた部屋の資料です。住宅展示場を見学しながら、自分たちが住む住居をどのようにしていこうか理想のイメージを膨らませることができます。また、希望や問題点をほかの家庭は実際に家を建ててどのように解決したのかを参考にし、反省点を取り入れることでトラブルを未然に防ぐことができます。

二世帯住宅を建てる際に展示場を訪問する魅力は、素材の質感や居心地を肌で体感できることです。実際に家にある家具などをどこに配置し、間取りをどのくらいの大きさにすればゆとりがあるかなど、家族で訪れることで臨場感ある雰囲気を感じとることができます。注意しておきたいことは、モデルルームとして展示しているものは、自宅の家具とは異なるため印象が変わってきてしまうことがあるという点です。愛用しているもの、置く予定の家具などでイメージし直し、あらためて組み立てて考えることが大切です。どこのハウスメーカーに依頼するかを決める段階での訪問は、1つの家に時間をかけて回ってしまうと、一日で展示場の家をすべて見るのが難しくなってしまいます。あらかじめどこを重点的にチェックするのかを検討してから展示場を見て回るようにするとスムーズです。

施工事例集とは、過去に実際に施工された建築デザインをまとめたものです。自分の家にも取り入れたいアイデアや、二世帯住宅において具体的に問題点を解決する方法や手法を知ることができます。これまで考えてもみなかった家作りの際に押さえておきたい部分を発見し、家族への配慮や間取りの工夫などを知ることができるので、理想をきちんと形にして現実化するためにも、取り寄せておくと良いでしょう。注意することは、ある程度計画が煮詰まってきている時点で追加工事をすることになると、手間も費用も予定よりもかさんでしまうことが考えられます。まだ工事にとりかかっていない、計画の時点での参考資料として活用することが望ましいです。

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00