COLUMN

注文住宅を東京で探すならどんな方法がいい?

東京で注文住宅を建築するにはまず見学?

東京都内で注文住宅を探すという場合、注文住宅を頼みたいものの、実際にどんな家が自分の理想なのか、見てみないとよく分からないと考えている方も少なくありません。中には、自分の理想がよくわからないまま依頼をした結果、建売住宅とほぼ変わらないような外観と作りになってしまったという方も少なくないのです。そうならないためにも、明確なビジョンを持つために、展示場にまずは見学に行くことをおすすめします。

注文住宅やデザイナーズハウスなどの依頼を請け負う企業の中には、実際に今まで依頼を受けた家に近い状態のモデルハウスや、デザイナーが実際に住みたいと考えるようなモデルハウスを建築し、展示場として公開している企業も少なくありません。そうしたモデルハウスを見学してみることで、このような家が自分の理想に近い、こんな部屋があったら便利というような考えが広がりやすくなるため、徐々に自分の家の理想像というものが見えてくるのです。理想像が一度見えてしまいさえすれば、後はその理想をデザイナーに任せるだけで、実際の家の建築に一歩近づくことができたと言えるでしょう。

中には、自分の理想を叶えるために、客観的に見たら突拍子が無いような提案をする方も少なくありません。企業によっては、余程危険な建築方法でない限り、そんな依頼も大事にし、柔軟に対応をしていくことができる様に、日々研究が重ねられています。企業に依頼をする際にはこのような、日々向上心のある、成長を続けているような企業に依頼をするということも、一つのポイントとなります。企業を選択することがまず初めのポイントとなりますので、選択を誤らないように注意をしてください。

見学の際の注意点

東京都内には様々な注文住宅のモデルハウスが建てられています。そんなモデルハウスを見学する際には、このようなことに注意が必要です。

まずは、モデルハウス内の内装は、実際に住むことになった場合実現が可能なのかどうかなどを確認することです。モデルハウスは業者によって、実際に住むことが無い家の為、ある程度、家に負担がかかるような作りをしたモデルハウスを提示している企業もあります。実際に人が乗るとなると耐久性に問題面が出てくる場合もありますが、あくまでモデルハウスですので、実際にその建築方法は、住むとなった時も可能なのかどうか、担当者に確認をすることが必要となる場合があるでしょう。

二つ目に、モデルハウス通りの家を注文したいと思った際に、実際に住んだときのことを想像するということです。モデルハウスはあくまで、デザイナーなどが理想の家を作っていることもあれば、実際に依頼があった人の考えを元に作成されている場合があります。あくまでデザイナーが住みやすい家として作成されていますので、依頼主が住むとなると不便に感じることも予想されます。よくシミュレーションをすることが大切です。

このように、モデルハウスを実際に見ることで、理想のイメージが掴みやすくはなるのですが、色々な妄想が膨らんでしまい、結果として詰め込みすぎてしまうという場合もあれば、住むとなると不便な家が出来上がってしまう可能性があります。現実的に考えて住むとなった際のことをよく考えて依頼をすることが出来る様に、モデルハウスの中を良くチェックしておくことが大切です。実際に家を建てて生活するのは自分の家族ですから、自分達の生活スタイルを考えて検討しましょう。

優先順位は何かを決める

注文住宅を依頼する際には、色々と理想を叶えたいと考える方が多いのですが、その内容によっては詰め込みすぎてアイデアがパンクしてしまうこともありますし、費用が必要以上にかさんでしまう可能性があります。注文住宅を依頼する際に最も重要になるのが、優先順位が何かという点を決める点です。

例えば、子供部屋を広くしたいという場合や、書斎を作りたいなど、部屋に関してこだわりを持ちたいという場合、その分他の部屋でバランスを取ったり、部屋数を減らしたりといった工夫を行わないと、当然施工代金がかさみますので、必要な部屋数などをよく考えて、最もこだわりたい部屋は何かを考えることが大切です。

また、中庭を作りたいという場合や、庭が欲しいという場合も、土地のサイズは決まっていますので、その分家自体を小さくするなどの工夫を行わなければいけません。現実的に考えて実現可能なプランでないと、施工自体をお断りされてしまう可能性もありますので、あくまでその点は、デザイナーさんに相談をして、どのくらいの割合で広さを決めるのかなどを検討していく必要があるでしょう。

そして、実現可能なプランの中には、部屋の形や建築方法なども含まれています。例えば、柱が全くない家を作りたいという場合や、壁が全くない家を作りたいという場合など、建築物として成り立たなくなる可能性がある提案は、ほとんどの企業ではお断りをされるケースです。実現できる範囲でのこだわりを持つことが必要です。このように、優先順位をしっかりと決めることも、依頼をする際には重要になります。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00