COLUMN

注文住宅でキッチンの失敗例から学ぶこと

注文住宅としてこだわりの詰まったキッチン


注文住宅にする場合、強いこだわりが出てくるのがキッチンであることは間違いありません。機能的に考えた場合、住宅の中でここまで詰まっている場所はないでしょう。水を使い、ガスを使い、電気を使うという、すべての要素があります。ごみも出ますし、新たな食材も保管することになるのですから、単純ではありません。動線も複雑に絡み合いますので、できるだけ効率的に動きが取れるようにしておかなければいけないでしょう。非常に難しい選択も多いことから、キッチンはこだわりがとても強く出てくることが多いものです。特に注文住宅の場合、多くの選択肢があるでしょう。その中から組み合わせていくことになるため、方法によっては後悔することも出てきます。そこで、失敗から学んでいくということも、注文住宅では重要なポイントになってくるでしょう。
失敗しやすい例が、収納です。壁一面に収納を作り、ガス台も気にしないでいいとしたら、さぞかし高機能だろうと考えます。ですが、出来上がってみると実は使いにくい設計なってしまった、ということが考えられます。壁面に収納するということは、とにかく高い位置まで収納スペースを作ります。効率化するためにも当然の処置でしょう。ところが、この場所には使わないものばかりが納められ、結果として物置のようなことになってしまいます。
背面に収納を作ればと考えるかもしれませんが、確かに余計なものは見えなくなるでしょう。その代わりに、使うときには前のものをすべて出さなければ取れなくなってしまうことも出てきます。収納の面では効率的かもしれませんが、実際には使いにくいことも良くあるということを理解しておかなければいけないでしょう。大きな収納スペースは物がなんでもしまえるため、一見便利なようですが、収納したい物を吟味して設計をしなければ、決して使いやすいものというわけではないのです。

間違った認識の照明での失敗

キッチンを使ってみて初めて気が付くのが、照明の暗さだったりするでしょう。明るくしたつもりが、実は手元が見えなくなるということもあります。これは、照明の位置が問題だからです。なぜ、こうしたことが起きるのかといえば、作業スペースとの関係性が問題でしょう。どこでどんな人が作業するのか、照明の角度と兼ねあっていないからです。
たとえば、省エネにはLEDが効果的といわれます。キッチンも省エネの対象にしようとLEDにしてみたところ、光はほとんど拡散して広がりません。いざ何かを切ろうとしたら、食材にまったく光が当たらない、暗くて手元がよく見えないということが出てきます。収納しているものにも言えますが、光が届かずよく分からないのでは、結果として別の照明器具を持ってこなければいけなくなります。
見た目に野暮ったいということで、水回りの照明を嫌う人もいますが、実は最も効果的な照明でもあるでしょう。なぜかといえば、利用している人の正面側から照らすからです。立ち位置を理解せず、照明だけを意識してしまうと、こうした失敗につながってしまうことになるでしょう。おしゃれなことよりも、キッチンとは何をする場所なのかを理解していくことが、注文住宅でも重要なポイントです。実用性を無視してしまうと、不便なキッチンとなってしまう恐れがあります。

パントリーや床下収納は使うのか


キッチンには、必ず食材の収納庫が必要です。使う頻度の低い食器なども、こうした収納庫を利用することになるでしょう。最近では、パントリーと呼ぶことも増えてきましたが、食材を保存するという場所であることは変わりありません。食材には、必ず賞味期限があります。収納力を求めるためにあまりにも奥行きが深く、奥の物を取り出しにくい設計にしてしまえば、存在を忘れ去られた食材はやがて期限が切れてしまうでしょう。こうしたことを防ぐためにも、どのようにすれば収納力も高く、使いやすいパントリーになるのかということを考えて設計しなければなりません。
では、なぜパントリーを作るのかです。そこには憧れもあるでしょう。海外の住宅のようなパントリーがあったら、そこには素敵な生活が待っていると思ってしまいます。ですが、自分が使うことを前提にしていなかったり、想像していなかったりするでしょう。憧れだけで作ってしまうと、実際にうまく使いこなせなかったというのは、床下収納なども当てはまるかもしれません。実際に使う機会はほとんどなく、存在を忘れたようにマットが敷かれてしまうといったこともあるでしょう。
注文住宅ですから、憧れをすべて実現することができる手段です。ですが、どのような収納の形が使いやすいのかというのは、住む人によって異なります。とにかく収納力さえあればいいという方や、細かく整理できるよう仕切られたものが使いやすいという方もいます。そのため、モデルハウスなどで、自分が使ったときをイメージしてみるのも効果的です。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-312-549営業時間:9:00 - 18:00