COLUMN

何でもできるからこそ重要な注文住宅の間取り

自分の城を作る注文住宅

自分の希望の家を建てたいというのは、だれでも一度は思うことでしょう。夢のひとつでもあり、自分自身の城というイメージも強く持てます。しかし、いろいろな問題もあり、そうそう実現できることではないことも確かです。だからこそ、注文住宅を建てられるチャンスがあるのであれば、実現してみたいと思うのは当然のことでしょう。
注文住宅の最大のメリットといえば、自由な設計ができるということです。自分たちの意見を生かし、自分たちが望んだ家を作ることができます。まさに自分の城を作るのであれば、注文住宅にすることが一番望ましいです。いろいろなかたちがありますが、注文住宅であれば、建築規模を満たす限り、だいたい希望の間取りのものを建てることができるでしょう。これが自分の城を作れるという理由なのです。
自由があり、何でもできるということは、それだけ難しいということにもつながります。何でもできるのですから、その整合性をとらなければいけないということです。極端な話ではあるものの、間仕切りのないトイレだって作ることができるでしょう。しかし、これが生活環境になるのかといえば、かなり問題があるでしょう。非日常的で清潔感などに欠けるので、ほとんどの方は選択することはないでしょう。しかし、そういったまれなオーダーも注文住宅だからこそ、できるようになっています。
よく、家は一生に一度の買い物といいます。時間を掛けてしっかりと納得のいく設計をし、建てていくといいでしょう。自分の城なのに、住みにくい所になってしまってはあまりにもったいない話です。ぜひ、自分の理想により近い家を実現させてください。

家族が動く動線を考える

間取りということでは、まずは動線を考えてみることが大切です。玄関があり、リビングがあって子供部屋を作るとします。この時に、玄関と子供部屋が一直線だったらどういったことが起きるのかということです。子供たちは、だれの目にも触れずに部屋に戻ることができるでしょう。たとえば、2階に子供部屋を作るとすると、玄関から階段へ通じる動線が、だれの目にも触れないということです。そうなると、子供たちの顔を見る機会が減ります。子供側としても、親の目から逃れることができるようになるでしょう。しかし、子育ての環境としては、さまざまな心配点が生じる可能性があります。子供たちもいろいろなことを考えます。悩むこともあれば、ちょっとしたいたずらをすることもあるでしょう。そうした子供たちの取り巻く環境や気持ちに変化があったとしても、動線がリビングを通れば、だれかしらの目に触れることになり、子供たちの状況を確認することができます。このように、家族形態やその環境を考えていくと、間取りのポイントが見えてくるようになるでしょう。
将来的なことも考えて、自分たちの動線上はバリアフリーにするといったことを検討することもできます。リビングからお風呂場までは、できれば玄関などの人目がつくところを通りたくないでしょう。トイレの位置も同じような問題が出てきます。買い物から帰ってきて、玄関からキッチンまでがあまりに遠かったりすると、ストレスになるでしょう。動線を考えるだけでも、家の使い勝手が見えてきますので、注文住宅の間取りを考えるうえでは、必須の条件といえます。

土地の形状や条件が間取りに大きく左右する


間取りを考えるにあたって、土地の形状や条件ということも考慮しなければいけません。風水的な話もありますが、もっと科学的に考えていくと、土地の状況が重要であるということが分かります。簡単なことですが、近くに普段使っている道路があり、この道を利用して通勤、通学しているとしましょう。この時に、玄関が真逆の方向にあったら、家に帰りにくくなるはずです。裏側ということになりますので、暗くて見にくいということにもなるでしょう。人目につかない位置ということになりますので、防犯上の問題も出てきます。泥棒の心理からすれば、できるだけ人目につかない場所で犯行に及びたいからです。
地形ということでは、日当たりの問題も出てくるでしょう。裏に丘陵があるのに、その方向にベランダを作ったとしても、日当たりは良くありません。それどころか、湿ってしまうことになるため、確実に向いていない方向となるでしょう。さらに、方角まで考えていくと、日当たりということも見えてきます。朝日が入ってくるのはいいですが、あまりに西日が差し込めば、夏場はかなり暑くなるでしょう。特に窓ガラスは、熱を通しやすく逃がしやすいものです。陽が入ってくるというだけでも、冷暖房効率に問題が出てくることもあるでしょう。その方向にしかつけることができないのであれば、二重窓にして効率を上げるということも考える必要があるでしょう。
土地によっては、風当たりの問題もあります。あまりに強い風が吹くのであれば、その窓は開けられなくなる可能性も出てくるので、壁を高く設計したりさまざまな対応策を考えることもでてくるでしょう。
注文住宅の間取りを決める要素はいろいろとありますが、どの方法をとっても、何より住人の使いやすさを一番に考えていくことが重要です。せっかくの自分の城になるのですから、後悔しないようにすることがポイントでしょう。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00