COLUMN

ハウスメーカーにも在籍している建築家

こだわりのマイホームを実現できるのは

自分のこだわりを実現できるマイホームを建てようと思うと、いくつかの手段があります。ハウスメーカーを利用するのも方法ですし、建築家に依頼するという方法もあるでしょう。規格住宅と注文住宅という分け方をする建築家もいますが、正確には異なるようになってきています。もっとしっかりと考えていかなければいけない時代であるといえるでしょう。
ハウスメーカーとは一体何かといえば、規格住宅を中心として販売する会社です。一部を規格化することによって効率化を進めていくことができ、大量生産にも対応できるようになっています。巨大化した工務店といった性格も持っており、すべてが規格住宅というわけではありません。
非常に低コスト化することができるのも特徴になっています。工業化を進めるということは、効率化を進めるということにつながるでしょう。これが、コストに大きな影響を与えます。低コストの住宅を作り出すことが得意であり、高いコストパフォーマンスを実現することが可能です。規格住宅ということで、うまく活用している部分といえるでしょう。もちろん、この企画にすべて納めなくても問題ありません。対応できるだけの能力を持っており、自分の持っている理想に近づけることができるからです。この辺りが勘違いされる部分でもありますが、規格だけで建てているというわけではありません。複雑な土地にも対応することができますし、設計の自由度も高めていくことができます。
そして何よりも、規格住宅ということで、住みやすさを考えて設計を進めて完成しているため、自由もありながらも住みやすい家にすることが可能です。何でも自由で、設計の意匠を生かすということが、後々メリットにならないことも多いというのは、忘れてはいけないところとなるでしょう。

自由度の高さは本当の自由があるのか

建築家に依頼するということは、非常に自由度が高まります。考え方にもよりますが、完全注文住宅と呼ばれる方法になり、フルオーダーメイドで建てることになるからです。もちろん、デザインも自由度が高く、オリジナリティーを生かすことができるでしょう。ですが、これが本当にメリットなのかということも考えていかなければいけない点です。
オリジナリティーを出すということは、自分たちの意見ではありません。ここは勘違いしてはいけないところでしょう。設計するのは建築家であり、自分たちではありません。どんなに自分たちが意向を打ち出しても、それを図面にして起こすのは建築家です。つまり、どこまでいっても建築家の範疇からは出ることができません。自由度はありますが、自由ではないということです。建築家にも様々な絡みがあり、部材などもそこから仕入れられるようにすることもあります。当然、自由度が落ちる部分であり、思っている以上に自由にならないということも出てくるでしょう。
特に設備的な部分では、選択肢はハウスメーカーのように広くはありません。それだけのものを持っていないからです。フルオーダーとして、設計にも自由度が高そうに見えますが、それはデザイン性の部分であり、建築家が腕を生かすというだけのことといえるでしょう。では、ハウスメーカーが、こうした能力を持たないのかといえば違います。
ハウスメーカーにも建築家が在席しており、自分の意識を生かした設計をすることができるからです。それも、経験豊富な企業として、デザインを重視するのではなく、生活を重視することができる点に注目しなければいけません。

建築家も在籍している安定感の高さ

建築家は、設計事務所で活動していますが、ハウスメーカーに在籍している建築家は、規格住宅を活かしながら、設計の自由度を上げていきます。もともと生活空間として考えられる規格住宅を活かしながら、一人ひとりの要望を生かしていく能力があるといえるでしょう。安心して住めることはもちろんですが、長く使うということに関してもデザインを進めていくことができます。
設計事務所としてオリジナリティーの強いデザインを求めるのではなく、ハウスメーカーとして生活しやすい設計をするというところは、なによりも違いとなるでしょう。メリットもありますが、デメリットもあることを提示します。自分の力を誇示しやすい設計事務所とは、そもそもの経営方針が異なるからです。
ブランドとしての安定感もあります。個人として看板を背負うのか、企業の看板を背負うのかという違いもあるでしょう。信用が第一の企業であり、こだわりを前面に出すだけではないメリットがあることが見えてくるはずです。
設計のスピードの速さもあります。規格住宅を活かしながら、設計を進めていくことができるため、設計事務所で建築家が図面を引くより早く仕上がるのですから、スピード感も違うといえるでしょう。同じように見えることもありますが、どういったメリットがあるのかを考え選んでいかなければいけません。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00