COLUMN

家族にも体にも優しい自然素材住宅

快適な環境を作る自然素材住宅

マイホームに求めるものは人それぞれあるでしょう。ですが快適に暮らしをしたいという思いは誰もが同じです。多くのお金を掛けて購入するのですから、それが当たり前のことです。優先順位もあるでしょう。どうしても譲れないことも出てくるのがマイホームなのであり、それをどうやって叶えるかを考えていかなければいけません。
快適な暮らしをしたいと考えるならば、その一つに自然素材を使った住宅というのも挙げられます。一般の木造住宅とは異なる性格を持っており、まったく別のコンセプトがあります。自然素材住宅とは、木をたくさん使っているといった特長もあるでしょう。自然という範囲は非常に広く、さまざまなことをとらえることができます。ですが、一般的に自然素材住宅とは、化学物質を最小限にするための住宅と解釈していいでしょう。
シックハウス症候群とは、建材などから発生する化学物質によって、空気が汚染されて起こる症状です。こうした問題の中心にあるのが、化学物質を大量に含んだ接着剤やビニールクロスなどがあるわけですが、こうした素材をできる限り使わずに建てた家のことを自然素材住宅と呼ぶようになりました。目がちかちかしたり、吐き気を覚えたりするだけではなく、湿疹なども出ることもありますが、家を出てしまえば症状が改善するということも、シックハウス症候群の特徴です。こうした症状が必ずでるわけではありませんが、気になる方は自然素材にこだわるといいでしょう。また自然素材を使うことで通気性を上げ、カビやダニの発生を抑える効果もあります。

使われていくさまざまな素材

自然素材住宅には、さまざまな素材が使われます。これらの素材の使用に関してはメリットだけでなくデメリットもあることは承知しなければいけません。それでも、体にとっては安全な環境を作るためのものであることを承知しておくべきでしょう。例えば、壁を作る素材としては漆喰や珪藻土が挙げられます。漆喰は消石灰を主材料としたもので、壁材としては古くから使われているものです。メリットとしては、自然の素材ですから、安全であるということでしょう。消石灰が緻密な構造を作り、強度も高まり、耐水性も高いレベルにすることが可能です。緻密に固まるためクラックが出やすく、施行者の腕によってムラが出やすい特徴があります。それだけに、費用も上がりやすいといえるでしょう。
珪藻土は、漆喰と同様の扱いをされることもありますが、こちらはプランクトンです。自然素材住宅でよく使われるのは、シックハウス症候群の原因物質になってしまうホルムアルデヒドを吸着し分解する能力を持っているというのが大きいでしょう。調湿性や消臭性を持っており、ペットを飼っているときにも便利な素材です。しかしどうしてもはがれやすい性格を持っており定期的に補修が必要になります。かなり手間のかかる素材で、コストは上がりやすくなってしまうのが欠点といえるでしょう。
自然素材住宅の目玉となってくるのが、無垢材です。こちらは合成された材木ではないものを指します。見た目だけが木ではなく、芯になる部分まで同じ木を使っているのが違いです。本物の木ですので、重厚感があり、シックハウス症候群の原因物質をほとんど含みません。その分重量は重く、反りが出てしまう可能性があります。ただし、傷がついても比較的容易に修復が可能であるということもメリットになるでしょう。断熱性も大きく、1年通して快適に過ごせる点もキーポイントにもなってきます。昔の日本住宅の良さを体現しているといってもいいでしょう。

コストパフォーマンスは悪くない


他にもさまざまな部材を使っていくことになりますが、自然素材住宅は一見するとコスト高になりやすい性格を持っています。部材の価格自体が高くなりやすい上に、施工に技術が必要になるからです。高いパフォーマンスを出すためには、それだけの技術が必要で、どこでも建てられるわけではありません。それだけの経験を積んだ職人も必要になるため、手慣れた会社を選ぶことが大切です。
コストパフォーマンスが悪そうに見えますが、実際にはそんなこともありません。無垢材を使うことで、夏は涼しく、冬は暖かくできます。換気などもしっかりと考えれば、ランニングコストを下げることもできるでしょう。消臭効果があったり、調湿効果も考えたりすることができるため、日々快適な生活を送ることで、場合によってはコストを回収することもできるからです。もちろん、健康に留意したのが自然素材住宅でもあるわけですから、実際に坪単価でみた場合、数万円上がることもあるでしょう。それでも、長い目で見てみれば、初期のコストを回収することが可能です。一度自然素材住宅に触れてみると、そのぬくもりを感じることができるでしょう。こうした感覚まで含めていくと、コストパフォーマンスはとても優れていると感じられるはずです。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00