COLUMN

狭小住宅を注文住宅で建てるために

日本の事情に合っている狭小住宅


日本の住宅事情は、決して恵まれているとは言えません。都心などでは、ほとんど建てられるような土地はなく、良い土地と出会っても高額で手が出ないことがほとんどです。どんどんハードルが高くなっていく中、10坪前後の土地に家を建てる狭小住宅が注目されるようになりました。注文住宅の形の一つですが、工夫次第で快適な空間を作り出すことができる方法です。
土地の面積が狭いということでは、取得費用はかなり抑えることができます。都市部においてはかなり有効であり、変形地や密集地でも見つけ出すことができるでしょう。そうなると、さらに安価な取得が目指せます。その代わりに、高い技術が必要となり、坪単価自体は上がってしまうことも考えなければなりません。全体から見ると、それでも低予算で建てることができるようにはなりますが、かなりの工夫とアイデアが必要になることは確かでしょう。
現実的にマイホームを手にしやすくなるのが狭小住宅です。建築確認申請や登記費用も安くなる可能性があります。しかし、注文住宅なので、コスト高になる可能性があるだけではなく、工事自体が難しいものになることも覚悟しなければなりません。設計に関しても動線を相当考えていく必要が出てきます。アイデアだけではなく、全体的に俯瞰してみることができるということも必要でしょう。憧れのマイホームを持つことができる可能性は高まりますが、注文住宅として決してハードルは低くありません。打ち合わせも重ねていくことが必要で、本当に納得できる建物になるようにしていかなければならないでしょう。

土地があるからすべてがうまくいくというわけではない

狭小住宅の場合、名前からも分かる通り、どうしても狭くなります。しかし、思っている以上に広々と使える居住空間を作り出せることも少なくありません。注文住宅であるため、本当に生かすことができれば、十分な生活スペースを作り出すことができるようになります。狭小住宅の場合、敷地面積は必ず限られているので、空間をどこに求めるのかということが重要なポイントになります。それが、縦の空間をうまく使うということにつながっていきます。垂直方向の縦の空間を利用することによって、地下室を作ることもできますし、3階も作ることが可能です。屋上も有効に使うことができれば、ガーデニングなどもできるでしょう。庭代わりに利用することにすれば、生活空間は驚くほど広がります。実際の問題として考えても、地下室は工夫次第で居住空間にすることもできますが、建築基準法の制限次第ということもあるでしょう。
こうした工夫ができるかどうかは、設計にかかっている部分がかなり大きくなります。地盤の問題も考えていかねばならず、上に高くするということは、狭小であるがゆえに、重心が高くなってしまいます。地震などの揺れを受けた時にも、大きな力がかかりやすいという問題があるでしょう。地盤が弱かったりすれば、その分力を掛けることもできなくなるので、しっかりとした確認も必要です。素人では分かりづらい部分もあるため、十分に業者と連携し確認していかなければなりません。ただ土地があるというだけでは、うまく進めることができないからです。

生活動線を考えていくことの重要性

狭小住宅を注文住宅として建てる場合、コストはいろいろと変動します。一定の金額で建てられるとは限りません。条件がそれぞれ違うため、どんなところに何を設置すれば快適なのかということで、同じ住宅を建てるのは難しいからです。その中で、重要になってくるのは、快適性を高めるということになってくるでしょう。動線を考えていくと分かりますが、1階に台所があって、居間は3階になればこれは大変です。似たようなことに、居間は1階でもトイレが3階だったりすれば、生活にならないでしょう。これは、動線管理がしっかりとできていないからこそ起こる問題です。
生活空間として快適にするためには、動線を管理し、本当に問題が無いように?いでいかなければなりません。これには、ライフプランや家族構成も関わってきます。足腰の弱い高齢の方がいるのに、3階を生活の中心に持ってくれば苦痛でしかありません。また、大人の空間が3階で、子どもたちの空間が1階になると、まったく目が行き届かなくなるでしょう。こうした形になってしまうと、決して暮らしやすくはないので、細かな条件を入れてプランニングする必要があります。これは現在だけではなく、将来も含めての問題です。
こうしたプランニングの先には、壁を作らないようにすることや、吹き抜けによって開放感を高くするなどのアイデアが生きます。光の遮断なども、開放感を作り出すポイントになってくるでしょう。動線管理ができなければ、こうしたアイデアも生かされることはないため、注文住宅に関して、相当な能力を持っている業者と一緒に考えていくことが大切です。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00