COLUMN

和風の家を建てたい方へ

和風の家の特徴とは


近年では洋風の住宅が増えてきており、特に分譲住宅ではほとんどが洋風住宅となっています。しかし、ここ最近では昔ながらの日本の和風住宅が人気を集めてきています。主に注文住宅で建てる方法になりますが、昔ながらの日本の家ということで落ち着きを感じる人も多いと言われています。日本ならではの家と言っても様々な特徴があります。これから和風で建てたいと思っている方のためにもここではどんな特徴があるのかについて紹介をします。
まず1つ目は門を構えた入り口があることです。基本的に洋風な作りでは入り口に大きな門があるということはほとんどありませんが、日本では一般的に住宅地の道路に歩道が少ないので公共のスペースとして私有地との境目に門を設けているところがあります。門と言っても比較的大きいですし、コスト的にも門があるのとないのでは変わってくるので、通常の分譲住宅で作るということはほとんどなくなりました。しかし、注文住宅なら昔ながらの門の再現まで行うことができるでしょう。
2つ目は塀で囲むことです。近年の洋風で建てられている分譲住宅などは家を塀で囲むということはコスト的にもあまりありません。基本的には柵などを利用して囲むことがほとんどですが、昔ながらの日本の家はプライバシーを守るためにも塀や壁で覆っているところが多くなっています。これはプライバシーを守ること以外にも高級感が出るため、和風の中でも人気の形です。
3つ目は屋根瓦です。日本は世界の中でも雨が多い国になるので、近年では屋根瓦で家が建てられるということは減ってきています。屋根瓦は昔は劣化すると雨漏りなどに繋がると言われていましたが、近年では技術も向上しているので、雨を弾くような作りも可能になっています。屋根瓦は洋風な屋根に比べると高級感もありますし、和風の印象を与えられる重要な部分になるので屋根瓦を使用したいと思っている人も多いと言われています。
その他にも床が暖かいといった特徴があります。近年では比較的安いフローリングタイプが増えていますが、床暖房が無ければ素足で歩くときに冷たいと感じることがあります。それに比べて畳は床暖房などが無くてもフローリングほど冷たいと感じることはありません。暖かさがある点は魅力的です。このようにここでは一部分を紹介しましたが、和風には様々な特徴があります。

失敗しない間取りの考え方


家を建てるという場合には注文住宅と分譲住宅のどちらかを選ぶ人が多いですが、和風にしたいという要望などがあるなら注文住宅を選択すると理想通りに建てることができるでしょう。しかし、慎重に考えないと後々間取りなどで失敗したと後悔をすることもあるので、一つひとつのことを慎重に考えることは大切です。その中でも間取りは重要になるので、ここでは間取りを考える際のポイントについて紹介します。
まず1つ目は気持ちのいい光が家の中に入るかどうかです。例えば家が完成してから光が入ってこないと後々気付いても変更することは難しいので、事前にどのように作ったら光を上手くとり入れることができるのかなどを業者と話し合って決めるようにするといいでしょう。もちろんあまり光が強く当たってほしくない場所もあるでしょう。全ての部屋に光が入るように作ってしまうと、これも後悔する可能性があるので、光をとり入れるところと入れないところを考えながら決めていくことが大切です。
2つ目は生活動線です。生活動線はそれぞれの家庭によって異なりますが、例えば子供がまだ小さいという場合には将来的なことも考えながら生活動線について検討するといいでしょう。
3つ目はコンセントの位置です。和風をイメージし過ぎてコンセントが少なくて失敗したという人は多く存在しています。今では多くの家電があるので、コンセントの配置や数にもこだわった方が後悔することはありません。
このように、間取りに関しては考えたいことが色々ありますので、失敗したくないと思っている人は前もって生活スタイルをイメージしておくといいでしょう。

注文住宅はどこに依頼する?

和風の家にしたいという場合は注文住宅を選択する人が多いかと思いますが、ここで重要になるのがどこの業者に依頼をするかです。実際に注文住宅で家を建てることが出来る業者はたくさん存在しています。選び方は重要になりますが、まず大切なのが展示場の見学ができるかどうかです。展示場を見ることのメリットとしては家の設備や使用されている材料などを実際に目で見て確認することができることです。そうすることで、どんなデザインにしたいかイメージもしやすくなるので、より理想的なマイホームを建てられるでしょう。
また、業者の資料も見ておきましょう。資料はネットから請求することができますが、資料を見ることができればどんな家を完成させられるのかなどを見ることができます。何も知らずにいきなり注文してしまうと後悔をする可能性もあるので、まずはどこの業者に依頼をしたいのかについて考えましょう。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00