COLUMN

注文住宅で二世帯住宅を建てるメリットと留意点とは

二世帯で同居することのメリット


間取りやエクステリアなどに自由な発想が反映できるのが注文住宅です。建て替えを機に親と一緒に住める二世帯住宅を考える方も少なくないでしょう。「いつかは同居を」と考えられている方は、後から親世代に合わせて大規模な改築に費用をかけるよりも、初めから両方にとって快適な生活空間を確保していた方が経済的にもお得になります。
生活上のメリットは、急用やプライベートの約束があっても子どもを安心して預けられること、日頃の育児でもいろいろと相談に乗ってもらえることなどがあげられます。また、昔からおじいちゃんやおばあちゃんと生活をともにすると、情緒が安定した思いやりのある優しい子どもが育つとも言われています。コミュニケーション能力の欠如が現代の深刻な課題となっていますが、二世帯同居で暮らしている子どもは、お年寄りが困っている場面で自然にサポートすることができることが多いようです。
祖父母世代が元気であれば、掃除や洗濯などの家事を分担することができ、保育園に入ることが難しい今の時代でも、子どもを預けて働きに出ることも可能となります。また、介護が必要になったからと親を引き取るのではなく、日頃から一緒に暮らすことで、注文住宅で家を建てる際に、あらかじめバリアフリーなどの対策ができ、後になって大幅なリフォームをする必要もなくなります。さらに、二世帯住宅には、完全分離型や一部共有型などさまざまなタイプがあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができるのも大きな魅力です。すぐ近くにいるのにお互いを干渉しない適度な距離を保ちながら、ストレスフリーで生活することができ、親世代、子世代どちらにとってもメリットが大きいと言えるでしょう。

注文住宅で建てる二世帯住宅のタイプ

注文住宅で二世帯住宅を建てる際には、いくつかのタイプからライフスタイルに合わせて選択することができます。そのひとつが、完全分離型です。各世帯が完全に独立した生活空間を持つもので、玄関やキッチンなどを共有せずにそれぞれの生活に合わせて自由に暮らすことができます。上下階や左右棟で2つに分けるスタイルが一般的で、生活時間帯が大きく異なる、プライバシーを尊重したい、緊急時以外普段は干渉しない、経済、生活、両面で依存し合わない、などという世帯に向いています。デメリットとしては、建築コストが割高になり、敷地スペースに余裕がないと建てられなかったり、ライフラインが全く別になるのでランニングコストが高くなったりすることなどがあります。
二世帯住宅に多くみられるタイプとして一部共有型もあります。玄関やキッチン、リビングや浴室など、住居内の施設を一部共有しながらもそれぞれが快適に生活することを目指すものです。食事の好みや時間帯が異なるため、キッチンは世帯で別にしたい、時間を気にせず入浴したいので、お風呂は別にしたい、間取りに余裕がないため、キッチンやお風呂は共有したい、少しでも毎日顔を合わせて会話がしたい、など注文住宅ならではのさまざまなニーズを反映して設計、建築することができます。デメリットとなるポイントについても話し合いながら歩み寄れるのもこのタイプの特徴です。
また、一緒に過ごす時間をなるべく長くもちたい、経済的な負担も互いに軽くしたいといった理由から多くの部分を一緒に利用する共有型を選択する方もいます。完全分離型、一部共有型については、親世代の健康状態やお互いのライフスタイルによって、よく話し合って決めるといいでしょう。

二世帯住宅の経済的なメリットと留意点

注文住宅で二世帯住宅を建てる際には、親世代、子世代どちらにも経済的な大きなメリットがあります。第一に、費用負担が少なくて済む場合が多いことがあげられます。ほとんどの場合、親世帯が所有する敷地に子世帯がローンを組んで建て替えを行いますが、土地所有のための費用がいらないため、耐震補強やインテリアなどにより費用をあてることができ、快適な住まいを手にすることができます。
二世帯が別々に独立して生活するよりも、二世帯同居した方が、エネルギー消費量が少ないという調査結果もあり、特別な設備の導入や過度な節約をしなくても、エコな生活を送ることもできます。本来、2つの建物が必要であるところが1つに集約され、キッチンやリビングを別々にしても、玄関や浴室を共有したり、食材や消耗品の買い物をまとめ買いしたりすることで、どちらの世帯も出費を抑えることができ、無駄のない生活を送ることができるのです。
注文住宅の場合は、自由な設計ができることが最大の魅力です。二世代同居の場合は、共用設備や空間をどのように線引きするかということが大切になってきます。お互いに我慢しない、快適な生活を送るためには、さまざまな配慮が必要です。例えば、1階に親世帯の寝室などを配置する場合は、2階に住む子世代の生活音が気にならないように、床に防音加工を施すことも考えましょう。仕事で夜遅く帰宅することが多いのであれば、玄関を別にすることも必要かもしれません。また、食事はいつも一緒に摂るが、気を遣わずにお茶を飲んだり、軽食を摂ったりできるようにサブキッチンを設けるなど、親世帯、子世帯ともに快適に生活を送ることができるように設計することが大切です。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00