COLUMN

和風住宅の定義は存在するのか

日本の環境の中で変化していった住宅

日本の住宅は、海外の住宅とは違い、木造住宅として発展してきました。海外のように、良質で大量の石材が取れるということがなかったことも、住宅に与えた影響のひとつです。そのため、近年までは、ほとんどの住宅が木造であったことは、現在でも大きな影響を与えています。木造軸組工法と呼ばれることもありますが、畳を中心にして作られてきました。生活スタイルにもあっており、和室という存在が欠かすことができなかったことは確かです。
近代化してきたことによって、和風住宅という言葉が生まれてきたのも、時代の変化とともに木造軸組工法から、コンクリート造りやプレハブ工法、ツーバイフォー工法といったことが取り入れられるようになったことが大きいでしょう。この背景のひとつとして、第二次世界大戦で、大量の住宅が失われたことによって、急速に住宅整備を進めていくこととなり、その後も住宅需要の増加が続いたことがあります。安価で安定した住宅を提供していくということと、木造軸組工法があっていなかったということも重要です。これが、洋風住宅の浸透を加速させ、和室のない住宅も増えていきました。日本建築ではなく、和風住宅ということがおこなわれていったのも、こうした背景があったことを外すことはできないでしょう。
和風住宅とは、正確に定義があるわけではありません。どこかに明確な線引きが存在し、洋風と分けているわけではないため、定義があいまいであるともいえるでしょう。ですが、和風という言葉がついているとおり、感覚的に寄せているものはその定義に入ってくるといえます。玄関や屋根、和室を作るといったことがあげられますが、もう一歩進めて考えてみることも必要です。

定義はあいまい

和風住宅とは何かということになれば、伝統的な和のデザインや要素といった部分を取り入れているということになるでしょう。定義としてもあいまいですが、新しいかたちであることは間違いありません。日本人の心の部分で求めているということもありますが、洋式だけで固めていくのではなく、どこかに懐かしさも感じる部分が欲しいということにもいえます。
いくつかのポイントをあげるのであれば、設計の段階から玄関を引き戸にしたり日本瓦を使っているというのが、外観的にも和風ということになっていくでしょう。和室を作り、畳を使うというのも、どこかで感じさせてくれる部分です。ツーバイフォー住宅のように、完全に壁構造ということを前面に出すのではなく、木造住宅らしさを作り出すというのも、和風を感じさせます。外壁も漆喰などを使っていくだけで、感じ方も変化させることができるでしょう。
定義ということを考えるのであれば、洋風とは何かということも考えていかなければいけません。対極にあるからこそ、定義もはっきりさせることができるからです。

洋風ではないと感じること

洋風住宅を感じる要素としては、玄関がドアであるということがあげられるでしょう。和風住宅でもドアは使いますが、引き戸ではないだけでも、大きな違いとして感じることになります。屋根を見てみると、日本の瓦ではなく、地中海風の鮮やかなものや、スレートになっていれば、外観からの違和感を覚え、洋風であると感じることでしょう。内部を見渡した時に、軽量鉄骨造りやツーバイフォー住宅のような間取りは、自然と洋風な作りになります。日本の建築は柱から構造を作っていきますが、ツーバイフォー住宅では壁構造で強度を保つからです。
最近増えた傾向としては、外壁がガルバリウム鋼板であるということもあげられるでしょう。おしゃれな作りとしてレンガを使う場合もあります。これも日本の木造軸組工法には見られない壁構造であり、構造強度を壁に求めているため、違和感を覚える部分です。縁側の存在も重要で、洋風には存在しません。ちょっとしたことが重なっていくと、洋風な感じが増えていくことになりますが、逆に減らしていくことができれば、和風住宅に近づいていくといえるでしょう。つまり、感覚的な部分が強く、日本的に感じることができるのであれば、それは和風住宅であるということになります。外観の仕上げひとつでも印象を変えることができるのですから、定義があいまいでなにも決められていないということも理解できるでしょう。
和風住宅ということでは、風土にあった知恵を生かしてきたことは間違いありません。工夫も凝らしてはきましたが、知恵を活かして多くの進化も遂げてきたといえます。生活だけではなく、文化的にも根付いてきたからこそ、和風住宅というかたちを求めていることも確かです。その気持ちを実現することを考えても、理解している建築業者で設計していくことが重要になってくるでしょう。一瞬の判断だけではなく、長い目で見て考えれば、どこか落ち着いた雰囲気を持つということは、メリットにもつながっていくからです。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00