COLUMN

狭小住宅ならガレージハウスという手もある。

狭小住宅ってなんだ?

日本の面積は世界と比較して狭いということは、みなさん地理などの勉強の中でよく理解されていることでしょう。特に都市部は人口が多く地価も高いので、マンションの暮らしを選択される方も少なくありません。例えば土地を持っていても、住宅を建築するほどの面積がないと考えられたり、住宅を建築できるような形ではないということもあります。そうなると利用価値のない土地に税金を支払っているだけとなり、手放すことも考えますが、形状が悪い土地や狭い土地はよほど利用価値が高い人通りの多いところでなければ売れません。
最近は建築技術が格段に進み、それによってこうした狭い土地、狭小な土地にも住宅が建設されています。形が住宅建築には適さないといわれる土地でも狭小住宅として建築できるなら、個性豊かで魅力的な住宅を建築することも夢ではありません。こうした狭小の土地は安く売られていることが多いので、近頃は狭小の土地をわざわざ探して安く住宅を建築したいという人も多くなっているのです。
狭小住宅というのは一般的に15坪、つまり50平方メートル以下の土地に建築された住宅の事をさします。都市部でもこうした狭い土地や変形した土地は、周囲の土地の値段よりもかなり安くなっているのでお買い得ともいえます。例えばこうした狭い土地を利用し、ガレージハウスを建設するという方もいて、今住宅建築は大きく変わりつつあるのです。限られた予算でも工夫次第で土地込の安い住宅建築ができるとなれば、今賃貸住宅にお住まいの方にとっても魅力的なお話になるでしょう。
変形地でも密集地でも快適な空間をつくる事ができる高い技術を、現在の建築施工業者の中には持っているという所がありますので、土地が高すぎて家を購入できないとあきらめるのはまだまだ早いのです。

狭い土地でも趣味・生活に活かせる空間になる

狭小住宅の一つの方法として利用を考えたいのが、ガレージハウスで、ビルトインガレージの家、または別棟のガレージが自宅の敷地内にある場合をさします。車をガレージに入れておきたいと考える方も多くいらっしゃいます。近頃はゲリラ豪雨等がありますし、突然雹が降ってくるということもあります。バイクは盗難被害なども多くなっているので、ガレージの中に入れて守りたいと考えている方も多いのです。
一人で暮らす場合や夫婦二人で暮らすということなら、ガレージの上に住まいとするスペースを作る事もでき、狭小住宅として建築する方も少なくありません。ガレージは趣味の部屋としてバイク用品やカーメンテナンス用品を入れておいてもいいですし、夫が好きな釣りグッズ、また妻が行っているガーデニングのグッズを置いておくということでも重宝します。また高齢になってお子さんたちもそれぞれに家庭を持ったというご家族も多くなり、その場合、今までの家では大きすぎるので、狭小住宅を建築しご夫婦二人は新しく建設したガレージハウスへ、今まで暮らしてきた家は第三者に賃貸するようにすれば、不労所得も得ることができます。
ガレージだけではなく別の機能を持たせてより暮らしを豊かにする造りの住宅を作る事も、狭小住宅なら安く建築できるというメリットがあります。こうした住宅は所有されている狭い土地、また購入を考えている狭い土地などを安く有効活用できる方法となります。
使い道のない土地だと思っていた土地も、アイデア次第で楽しく利用できる土地、有効活用できる土地となりますので、活用方法を考えてみると良いでしょう。

様々な活用ができる住宅建築を考えてみては?

1階をガレージにして2階を住まいという状態にする以外、1階部分にトイレ、浴室、洗濯洗面、玄関など作り、その横に車を停めるガレージ部分、2階に洋室やダイニングキッチン、それに廊下などを作り住まいとするという方法もあります。夫婦二人、また一人暮らしの方でペットと一緒に暮らしたいという方にもピッタリの方法です。
もちろん趣味にだけ利用するということならガレージのみでもいいですし、2階に洋室を作り2階は奥様の趣味の部屋としてもいいでしょう。自宅の横などに狭い土地を保有されていて、使い道がないと考えている方も、こうした狭小住宅なら住まいとしてもまた趣味などに利用する場所としても活用方法が広がります。
形が悪い三角形の土地などで面積が狭くても、地下を作ったり建物を上に伸ばすことで、それほど狭さを感じることなく利用できますし、室内のデザインを考える事で広く見せることもできます。
間口が狭く小さい土地を保有されている方の資産運用としても注目されている狭小住宅建築は、これから先の生活をより楽しく充実したものにできる方法としても魅力があるといわれています。狭い土地を保有されていて何かに活用したい、運用したいという場合も、住宅建設やガレージ建設等、考えてみてはいかがでしょうか。
活用する方法としては様々な方法がありますが、狭小住宅施工に慣れている業者さんに依頼することが理想的な住宅づくりになるのではないでしょうか。狭い土地に建物を建てるということはガレージハウスも様々な事を考えなければならないので、経験も実績もある業者の方が安心です。

資料のご請求(無料) 来場のご予約
資料請求
資料請求
来場予約
来場予約
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00