COLUMN

和モダン住宅のお洒落なガレージハウスを建てよう

和モダン住宅のお洒落なガレージハウスを建てようの画像

1、和モダン住宅 施工事例はこちら

 洋風の家に注目が集まる中、和のテイストを取り入れた住宅も再び人気が上がってきています。以前宿泊した旅館が素敵で、旅館風の家にしたいと思ったり、静かで落ち着くタタミルームを設けた家を建てたいと思うこともあります。和モダン住宅に憧れる方も少なくありません。木材をたっぷりと使って造られた家もあります。このタイプの家は、和の雰囲気を取り入れつつ、近代的であか抜けた明るい印象が特長です。同じタタミを使った部屋であっても、襖や障子を近代的にしたり、窓周りに工夫が見られたりと様々です。光をたくさん取り入れた造りを希望する方も多く、一年を通して明るくて開放的な空間を楽しんでいる方もいます。

 二階建てのメリットは、狭い敷地であっても複数の部屋を造ったり広々と暮らせることが挙げられます。中には、一階部分をガレージにしたガレージハウスも見られます。平屋の良いところは、階段の上がり降りをしなくても良いので、楽であることが挙げられます。家族みんなが同じ階で生活することになりますので、集まりやすくコミュニケーションがとりやすいこともメリットです。高齢者の方や小さなお子さんがいるご家庭でも、安心して生活することができます。

 車を所有している方は、ガレージハウスもぜひ検討してみてください。二階建てであれば、一階部分に車を入れるスペースを造ることもできます。この場合は、それが可能になるような構造にすることが必要になります。また平屋であっても、リビングなどからすぐに移動できるガレージハウスを造ることができます。リビングから車を眺めることもできて、そこが良いと考える方も少なくありません。他にも、独立タイプを造ることもできます。

2、ガレージハウスのメリットについての画像

2、ガレージハウスのメリットについて

 ガレージハウスの良いところは、大切な愛車を雨や風などから守ることができますし、直射日光が長時間当たることを避けることもできることなどが挙げられます。それに、台風など激しい天候の際も安心ですし、風で何か飛んできてぶつかるのを避けることもできます。車だけでなく、バイクや自転車、他にも大切なものをしまっておくことができますし、愛車のお手入れをすることができます。

 車を持っていなくても、こういったスペースを設けていれば、趣味を楽しむスペースとして使うこともできますし、子供たちの遊び場として利用したりできます。外の天気が悪い時でも、気にせずに遊べますので、とても便利です。他にも、みんなでバーベキューをするなどして楽しむこともできます。

 車をガレージハウスに保管することができると、車の乗り降りも便利です。大雨の時など車に乗り込むのも大変なことがあるものです。体調が悪い方や高齢者の方、赤ちゃんなどを乗せたり下ろしたりするときなどです。しかし、濡れずに乗り降りできますので焦らずゆっくりと動作することができます。買い物したものを車から家に運ぶのが楽なこともメリットです。たくさん買った時や大きなものを購入した時も便利です。この他にも、盗難のリスクを下げることができるのも嬉しいところです。長期間家を留守にする時なども、安心して出かけることができます。
 ガレージハウスを検討する時は、換気システム、照明、コンセントなども慎重に検討することがオススメです。和モダン住宅のガレージハウスもとても素敵です。

3、お洒落で快適な家の画像

3、お洒落で快適な家

 長い時間いる場所ですから、マイホームは快適で気持ちのよい空間であることが多くの方の希望です。一人一人趣味や価値観も異なります。ですから、自分にとって一番良い家を建てることも大切なことです。
 中には、車やバイクが大好きで、愛車を眺めながら生活したりお酒を飲んだりしたいとお考えの方もいます。もちろん、設計次第でそれは可能です。平屋にしてリビングからガレージハウスにすぐに移動できるように設計したり、リビングからいつでも車の様子が見られるようにすることも可能です。これなら、ちょっとした時間であっても車のお手入れができますし、照明をつければ夜暗くなってからもお手入れを楽しむことができます。
 実は、和モダン住宅とガレージハウスはとても似合います。二階建ての家にして、一階部分に車を収納するスペースを取り付けるのも良いでしょう。入り口には必ずシャッターなどを取り付けることがオススメです。この方が防犯面でもプラスですし、雨風が入り込みません。
 ただ、注意しておきたいことがあります。それは、運転技術についてです。家を建てる場所によっては、高い運転技術を求められる場合もあります。立地条件についてもある程度の条件があります。例えば、道路の幅がある程度広くなければ、ガレージハウスは難しくなります。一般的な住宅を建てる場合と構造的に異なりますし、強度についても慎重に考えていく必要がありますので、確かな知識を経験がある業者を選ぶことが必要です。安心して建てられる業者をぜひ見つけてください。

4、和モダンのエクステリアは業者の選び方が重要の画像

4、和モダンのエクステリアは業者の選び方が重要

 近年では様々な住宅のタイプが存在しています。デザインも様々ですがその中でも和モダンなエクステリアは注文住宅の中でも人気を集めています。今後こういった家を建てたいと思っている方もいるかと思いますが、理想通りに建てるためにも業者は慎重に選ばなければなりません。どこに依頼をするかも重要なのでここでは業者選びのポイントについて話します。
まず一つ目のポイントとしては施工事例を紹介しているかの確認をすることです。なぜ施工事例をチェックしておくといいのかですが、施工事例があればこの業者はどんな家をつくることができ、どんな建て方が得意なのかをおおまかに知ることができます。例えば、洋風の建築が得意でも和風の外観に仕上げるのは苦手というところもあります。業者の中でも得意不得意があるので、和風モダンなエクステリアでつくりあげたいなら施工事例をチェックして得意かどうかを確認し、技術力などについても確認しておくと安心です。依頼をしてから変更することはなかなか難しいので、事前によく調べて納得をしてから業者を決定するようにしましょう。
 二つ目のポイントは自由度が高いかの確認をすることも大切です。注文住宅なら自由度が高いのではないかと思う人もいますが、実はそれぞれ業者によって自由度は異なります。例えば業者によっては使える素材が限られているところもあれば、お客さまの要望通りいろいろな素材を使用してつくりあげてくれるところもあります。それぞれ業者によって自由度は異なるので、せっかく注文住宅を選ぶなら、こちらの希望にどの程度対応してもらえるかも確認しておくといいでしょう。

 三つ目は展示場への参加が可能かといったチェックが必須です。なぜ展示場への参加をするといいのかですが、実際に業者が作ったモデルハウスとなっているので、どんな家ができるのかなどを実際に目で見て感じることができます。例えば和モダンな家の展示場に足を運ぶと、どんなつくりでどのような居心地なのかを体感することができます。実際に参加してみないとわからないこともたくさんあるので、失敗しないためにも一度家を建てる前に参加しておいた方がいいです。このように、ここでは業者選定のポイントについて話しましたが、どこに依頼するかでどんな家が仕上がるかが異なるので、まずは注文住宅で家を建てたいと思ったら業者選定からこだわって決めることが重要です。

5、和モダンな家のメリットとは?の画像

5、和モダンな家のメリットとは?

 これからエクステリアからインテリアまで和モダンな建築で家を建てたい方もいるでしょう。今の時代は洋風ではないの?と思う人もいますが、やっぱり和風がいいと和モダンな家を選ぶ人たちも少なくありません。では具体的に洋風にはないメリットとして何が挙げられるのかについてここでは説明します。
 まず一つ目は床を全て畳にすることで不快感が減る点です。洋風の住宅だと基本的にフローリングなどの床ですが、フローリングは夏はベタベタしがちですし冬は冷たく感じます。そのため床暖房などを設置するなど工夫しなければなりませんが、和風で畳を選べば夏はベタベタしませんし冬も冷たいと感じることはありません。こういった快適さがあるのでここ最近では選ぶ人も増えています。
 二つ目のメリットは壁の素材です。基本的に洋風のデザインではビニールクロスなどが使用されることがあります。ビニールだと調湿機能などもあまり優れていませんが、和風モダンなら真壁などを使用することもでき、調湿機能にも優れていますし塗り方次第ではいろいろな表現をすることも可能です。壁もいろいろなデザインが選べるのは魅力的です。
このように、洋風では得られないメリットが和風モダンにはたくさんあります。昔ながらの雰囲気を感じたいという人や、その中でも快適な暮らしを実現したいと思っている人は和風モダンな現代の建築スタイルを選ぶということについて検討してみるのも方法の一つです。

6、和風モダンで家を建てたい方への画像

6、和風モダンで家を建てたい方へ

 和風モダンで家を建てたい場合はいろいろこだわりたいポイントもあるかと思いますが、家を建てる前にはどんな部分にこだわった方がいいかもチェックする必要があります。実際に大切な部分についてここでは話します。
まず収納にはこだわった方がいいでしょう。近年の住宅は収納スペースがないところも多く、特に注文住宅では収納について考えていないと後悔することにもなります。特に収納する物がたくさんある場合は収納スペースにはこだわった方がいいので、間取りなどを考えるのも大切ですが収納にも気を配るようにしましょう。
 大切なのが窓の配置です。和風モダンな家は自然素材がたくさん使用されており、快適な生活ができるよう配慮されていますが、光が入らなければ暗い雰囲気になってしまいます。なるべく光を取り入れるためには窓の配置が重要です。窓の位置をこだわって選ぶことで光が入りやすい環境になるので、どこに窓を設置するのか、どのくらい設置するのかということをチェックしておくようにしましょう。

7、和モダン住宅の家具の配置のポイントの画像

7、和モダン住宅の家具の配置のポイント

 和モダン住宅の購入を検討している人も多いですが、購入後には家具を配置することが一般的です。家具があることで生活の利便性を高めることができます。例えば種類にはベッドやソファー、ダイニングテーブルなど、複数挙げられます。ベッドは就寝をする時に使います。ソファーはリビングでくつろぐため、ダイニングテーブルは家族で食事を楽しむために活用します。しかし、実際に家具を導入する人の中にはどのような配置が好ましいのか分からないという人も少なくありません。配置にはポイントがあるので紹介をします。

 ポイントの一つは動線に配慮して配置をすることです。もし動線に配慮しないで設置をすれば、移動する時に家具に足などをぶつけてしまう可能性が高くなります。比較的軽量の家具は衝突によって倒れてしまうことも珍しくありません。動線を確保しないと逆に生活がしづらくなり、安全性が確保できないこともあります。動線に配慮するためには人の移動にはどれぐらいのスペースが必要なのかを考えます。体型などによっても異なりますが、一般的には横向きに通過する時は約45センチ以上必要であるとされています。横向きで通過する狭いスペースは和モダン住宅には少ないため、正面を向いて通過することが多いですが、正面を向いて通過する時に必要とされるスペースは約55センチから60センチです。さらに家族で暮らす人も多いため、二人同時に通過する機会も多くなります。二人が同時に通過する機会が多いスペースに関しては、約110センチ以上スペースを空けておきましょう。家具を動線を考えてレイアウトする時、ダイニングテーブルなどは椅子を引いた時に壁など何かの障害物に衝突してしまわないように設置します。

 スペースは余裕を持たせることで暮らしやすい配置が実現できる可能性があります。多くの方は狭さを感じる住宅よりも広々としている空間の方が好ましいと考えます。広々とした空間を実現するためにも家具の配置は考慮すべきと言われています。例えば、圧迫感をできるだけ少なくするために、ソファーやダイニングテーブルに座った時に窓側に目線をやれるように配置をします。もし窓に庭などがあれば、視線が抜けるので広々と感じる人が多くなります。

 さらに、とても背の高い家具はできるだけ控えた方が良いでしょう。その理由は背が高いことで圧迫感を感じやすくなるからです。食器棚などに関しても背が高い家具になります。どうしても背が高いものを設置する必要がある人は、できるだけ壁側に配置 できるように工夫をしましょう。

8.和モダン住宅の展示場に参加しようの画像

8.和モダン住宅の展示場に参加しよう

 このように家具の配置にはさまざまなポイントがありますが、一から配置をしたことがない人の中には一度例を見てみたいと考える人も少なくないでしょう。実際に例を見れば、どのような配置が好ましいのか理解できると共に、その配置を気に入れば自分の和モダン住宅にも取り入れることができます。

 実際に和モダン住宅を購入していない人で早めに配置を検討している人もいますが、そのような人は展示場に参加することで内装を確認することができます。展示場のモデルハウスにはダイニングテーブルや本棚などが設置されているため、配置の参考にできます。そして、内装だけでなく展示場では実際にそのハウスメーカーのスタッフの人が対応をしてくれます。そのため、もし和モダン住宅の購入で悩みを抱えている場合でも相談に乗ってもらうことができます。

 さらに、展示場に参加をすればそのスタッフとの相性なども確認することができるため、メーカー選びにも活用することができます。参加をする人の中には歩きながら見回すだけの人もいますが、実際にダイニングテーブルやソファーに座ることで和モダン住宅の魅力などを感じられる可能性があります。例えば、ソファーに座ることで見え方なども確認することができます。

9、業者の選び方のコツを知るの画像

9、業者の選び方のコツを知る

 実際に和モダン住宅の購入を検討している人もいますが、現在では家の設計や販売をしてくれる業者は複数あるため、あらかじめ選び方のコツを知っておくと参考にすることができるでしょう。

 まず業者を選択する時は施工事例を確認します。展示場と同様に、施工事例を確認すればどのような設計で販売をしたのかなどを確認することができす。これによって業者の設計力などを知ることができる可能性があるため、参考にできます。

 次に価格を確認します。価格は土地や住宅の広さなどによって異なる可能性もありますが、業者によっても金額が異なることがあるため、提示された値段の比較をして予算内で対応してくれる業者を選択しましょう。

 業者を選ぶ時はアフターメンテナンスなども確認をします。基本的に多くの業者がアフターメンテナンスを行ってくれますが、アフターメンテナンスの対応をしてくれる期間などは異なるため、それぞれの業者で確認をして依頼しましょう。

資料請求する 来場予約する
資料請求
資料請求する
来場予約
来場予約する
0120-321-549営業時間:9:00 - 18:00