埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

車が2台入るガレージハウスを建てるにはどうすればよいか

車が2台入るガレージハウス


車が2台ないと生活が不便という人も多いです。お子さんの送り迎え、主人もマイカー通勤で必要という生活であれば、車が2台ないと不便です。また、駅から遠い場所に住んでいたり、高齢の両親が近くに住んでいて病院の送り迎えに使うと言う場合もあります。
そのような生活環境の人がガレージハウスを建てるとなると、車2台が入るものが良いでしょう。そして、こだわりたいタイプの人であれば、注文住宅のデザイナーズハウスがおすすめです。オリジナルで自分好みのものが建てられます。「デザイナーズハウスの資料請求」で検索すると様々なサイトがでてくるため、それぞれで資料請求してみると良いです。その中から良さそうなところをピックアップして、いくつかの会社の資料を取り寄せ、さらにじっくりと情報を見てみると希望が明確になってくるでしょう。
もし、土地を持っていて家だけを希望しているのであれば、その土地のサイズ等を把握しておきましょう。家を考えるためには土地がどのくらいの広さなのかも知っておかなければいけません。デザイナーズハウスであれば、その土地に合う車2台が入るガレージハウスを住宅の会社の担当者が提案してくれることになるため、ご家族でその提案を基に話し合いが出来ます。
また、実際に車2台が入るガレージハウスを建てたという知り合いがいたら、見せてもらって参考にすると良いでしょう。メリットやデメリットも聞けるため、そういったことも参考にさせてもらい、自分の家に役立てると言うのも良い方法です。そして、いくつかの住宅展示場に足を運んで、モデルハウスを見てみるのもおすすめです。そういった会場はお子さん向けのイベントもよく開催しているため、お子さん連れでも安心していくことができます。

車は便利なのでガレージがほしい


家を建てるとなると、車があるかどうかが問題になる事があります。その家庭にもよりますが、車は2台あるため、その車が入るガレージハウスを希望すると言う人もいるでしょう。車のあるなしは、その人の住んでいる環境や仕事関係にもよります。もし、都会の下町であれば、土地が狭いので無理かもしれませんが、郊外となると土地の広いところがありますし、駅が遠ければ、仕事や買い物等にいくのにも車が必要でしょう。また、お子さんが大きくなることを考えると、学校や塾、習い事の送り迎えにも車が必要という事があるのです。もしかしたら、大きくなってからの方が必要となることもあります。塾、習い事に行くとなると帰りは夜になるだけでなく、部活等で帰りが遅いときは迎えに行くことになるためです。また、少年スポーツ団等に入れば、試合の送り迎えに車が必要であり、そのような団体であれば合宿がある可能性が高く、そういう際にも車が必要となるでしょう。
そして、もし、二世帯住宅であれば、車は必ず必要です。高齢の両親は車の運転がだんだん危険になるため、病院の送り迎えをしないといけません。もし、体調が悪くなれば、それが頻繁になることもあります。そのような環境で車生活に慣れている家庭であれば、車なしの生活は考えられないものです。
このように考えると、家を建てる際はガレージが必要です。それも2台入るものが良いでしょう。もしかしたら、お子さんが大きくなって車を運転するかもしれないため、その辺りも考えておくことが良いです。そういったことを考えて、素敵なガレージハウスを建てられるようすると失敗しません。

車2台が必要な家


最近は昔に比べると車のあるお家は多くなりました。1台という家庭もありますし、それより多く所有しているという家庭もあります。そのように車を持っているというような家庭の場合、家を新築にする際に車が入るガレージハウスを思い浮かべる人もいるでしょう。その場合、車の大きさを考えてガレージハウスを建てる必要があります。また、色々なデザインがあるため、担当者によく聞いて決めることが大切です。
こだわりのある人であれば、ガレージの色もこだわって決めたいものでしょう。持っている車の色に合わせたいという希望もあります。しかし、一人で決めると後で家族の不満が出て来ることもあるため、家族でよく話し合って決めるようにすると良いです。お子さんが今はまだ、保育園あるいは幼稚園や小中学生だとしても、いずれは大きくなって車の運転をする可能性があります。
住宅はそのように10年後、20年後を見据えて建てるものです。家族の良いコミュニケーションにもなるため、意見を言い合ってより良いガレージハウスにしましょう。その際、関わる住宅会社が決まっていたら、担当者にも入ってもらって話し合うとよる客観的な意見がもらえます。色々な工夫を凝らし、家族全員の意見を聞くことが大切です。このようにすると、後悔しないようなすてきな家になります。そして、ガレージについてもどうすればいいか、パンフレットを身ながら家族で話し合ってみましょう。