埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

自然素材住宅を選ぶ理由

注目されるようになってきた自然素材住宅


住宅の環境を考えた時に、いったいどんな素材を使うべきなのかということを考えることになります。大事な住環境を作り上げていくことになるのですから当然ですが、生活をすることを踏まえて考えていかなければいけません。その中で必要になってくるのは、安全な生活ということです。安全に暮らすことができる状況は、なによりも大事なことだからです。家族が安心して暮らすことができるようにすることは、マイホームを建てるときにも重要なポイントになってきます。だからこそ、安心して暮らすことができる自然素材住宅が注目されるようになってきたのです。
近年、住環境の問題点として、シックハウス症候群が注目されるようになったのは、マイホームを考えている人であれば知っているところでしょう。シックハウス症候群は、ホルムアルデヒドによって引き起こされる問題です。接着剤や断熱材といった、化学合成品を使っていくことによって、自然に揮発していき、健康を害していきます。これもひとつの例でしかなく、他にも原因となってくる物質はいろいろとあります。しかし、自然素材を使えば、接着剤は必要がありません。接着剤も塗料も同じような素材です。使い方が異なる程度で中身は同じ有機溶剤を使っています。シックハウス症候群を見てみた場合、これらの有機溶剤が、同様の被害を生み出す原因となってしまっているのが問題です。自然素材住宅にすることによって、塗装も抑え、有機溶剤を最小限に抑えることができるようになり、安全性は格段に向上させることができるようになります。特に子供がいる場合には、この健康被害は大きな問題になってくるでしょう。これは、自然素材住宅を選ぶ理由としては、とても大きなものになってくるはずです。

シックハウス症候群から家族を守る


シックハウス症候群を予防することは、とても重要なことです。生活の大半を過ごす室内の空気をきれいにして、健康に過ごすとともに、自然素材住宅を選ぶ理由として保湿性をあげることもできるでしょう。自然の材木を使うことになるため、木の特性を生かしていくことができます。コンクリートは熱伝導率が高く、温まりやすく冷えやすいというデメリットがあり、そのために断熱材を使うことになるでしょう。これがシックハウス症候群という悪循環をもたらします。
自然素材住宅にすれば、こうした熱伝導をシャットアウトして、保湿性を高めていくことが可能です。実際に断熱材の使用を最小限のとどめることができるようになり、住環境をもっと高いレベルにすることができます。快適な環境を作り出すためには、自然素材住宅にすることが大きなメリットをもたらすことになるでしょう。
弾力性を持っていることも、自然素材住宅にする価値が出てきます。普段から部屋の中で過ごす人にとって、硬い床は膝に負担をかけていくことになるのが問題です。料理をするときなど、常に立って歩きます。これが大きな負担につながっていき、健康に影響を与えてしまうのですから、弾力のある素材を使う大きな理由です。横になったときにも体の負担を減らすことができるようになります。生活環境として考えると、弾力がある素材を使うことは将来的にわたって健康的な住環境を作るという大きな意味があるでしょう。高齢の方と暮らすときにも、体の負担を最小限にすることができる住宅です。

安定した住環境を作るため


自然素材住宅のデメリットとして、ひび割れやゆがみをあげることがあります。自然素材ですので、吸水して膨張したり乾燥収縮したりすることによって変形する可能性があるのは確かです。そこで重要になってくるのが、含水率のコントロールにあるでしょう。素材をしっかりと乾燥させて、含水率を下げることが重要になってきます。強度を安定させるという面においても重要になり、ひび割れなどを防ぐことが可能です。長く住むことを考えれば、こうした手間をかけた素材を使っていくことが重要となってきます。細かやかに管理された資材を使えるところで建てることが重要でしょう。体に対する配慮も考えて、長く住める環境を作ることができるようになります。
自然素材住宅を考えるうえでは、構造材だけではありません。壁面や外壁にも使っていくことが重要になってきます。漆喰や珪藻土に関しても重要であり、近年見直しが進むようになりました。調湿効果があることが重要で、日本で長年使われてきたことにも大きな意味があります。湿度が高い時には水分を吸収してくれますし、乾燥しているときには水分を吐き出してくれるため、安定した環境を作ることが可能です。防音壁を作るよりも、より自然に音を抑えることができるようになることも重要でしょう。静かな住環境を作り出すこともできるようになることを考えていくと、自然素材住宅にする理由がいくつも見えてくるようになるはずです。