埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

理想の二世帯住宅について

二世帯住宅とは


二世帯住宅とは、二世帯以上の親世代、子世代などが一緒に住む住宅のことです。親子世代が一つの家に一緒に住むという条件の中でも、プライバシーを最低限守りながら、自分たちの生活もしつつ、家族が近くに住んでいるという安心感や協力体制を持つ理想的な環境を整えることができます。
二世帯住宅には、比較的共有スペースが多い昭和以前からある様式のものもありますが、現在一般的なものは、独立して一つの振り分けられたスペース内ですべての生活ができるように、分離されている様式のものです。よくあるパターンが一階と二階で、内側もしくは外側に階段や玄関を設けているタイプです。このほか、別の棟に独立したもう一つの家を建てることも広義で二世帯住宅の区分に入ります。
二世帯住宅で注意したい点は、どこまで相手の生活圏に干渉しあうかを決めることが大切です。そのため、特に共用スペースがある場合は使用時間などを決めるなどのルール作りが必要になります。また、お互いの生活音を意識して遮りながら、相手の生活圏を邪魔しないような配慮が必要です。日ごろからコミュニケーションがスムーズに取れている親子関係でしたら特に不自由はありませんが、あまり干渉せず、お互いが独立した考え方を持っている家庭の場合は、コミュニケーションを頻繁にとるなどして、トラブルやストレスを抱え込まないようにすることが求められます。

共用スペースと個人スペースについて


二世帯住宅を建てる際には、どの部分を共用スペースにし、どの部分を個人スペースにするのかをあらかじめ決めておく必要があります。例えば水回りの場合、台所やお風呂を共用するのか、それとも個々のスペースに設けるのか検討することになります。台所を共用する場合は、2世帯が一緒にご飯を食べる事になることが多いため、お互いの食の好みにも配慮することになります。同じスペースを使う場合は、同時に料理ができるスペースが十分にあるのかなどを検討しなければなりません。生活リズムや時間帯、食の好みが違うという問題があるようなら、お互いの居住空間の中に台所をそれぞれ設けるという対策が必要です。
お風呂の場合は、1つのお風呂場を共有するならお互いが使う時間帯を考慮することになります。人数が多ければ、入る時間をきちんと決めなければ後の人まで回らなくなってしまう心配があり、家族の時間帯が不規則な場合は、お風呂やシャワーを二つ設けることが必要になります。理想の二世帯住宅を考える際には、何を共用し、何をどこに設けるかを、あらかじめしっかりと考えておくことが大切です。
一方、あえて共用するスペースを設けることで、各スペースに居住する家族のふれあえる空間を作ることができます。生活リズムや時間帯が異なる中で無理に合わせようとすることで、価値観のズレが生じストレスを感じてしまうなど、細かな問題が浮上することも考えられますが、親世帯が孫と一緒に遊ぶことのできる空間や、お互いが客間として利用できるスペースを確保することで、柔軟に対応できる環境を整えることができます。

展示場や施工事例集を取り寄せる


具体的にどのような家にしたいという理想のイメージがうまくまとまらない時に活用したいのが、展示場や施工事例集など実際に建てられた部屋の資料です。住宅展示場を見学しながら、自分たちが住む住居をどのようにしていこうか理想のイメージを膨らませることができます。また、希望や問題点をほかの家庭は実際に家を建ててどのように解決したのかを参考にし、反省点を取り入れることでトラブルを未然に防ぐことができます。
二世帯住宅を建てる際に展示場を訪問する魅力は、素材の質感や居心地を肌で体感できることです。実際に家にある家具などをどこに配置し、間取りをどのくらいの大きさにすればゆとりがあるかなど、家族で訪れることで臨場感ある雰囲気を感じとることができます。注意しておきたいことは、モデルルームとして展示しているものは、自宅の家具とは異なるため印象が変わってきてしまうことがあるという点です。愛用しているもの、置く予定の家具などでイメージし直し、あらためて組み立てて考えることが大切です。どこのハウスメーカーに依頼するかを決める段階での訪問は、1つの家に時間をかけて回ってしまうと、一日で展示場の家をすべて見るのが難しくなってしまいます。あらかじめどこを重点的にチェックするのかを検討してから展示場を見て回るようにするとスムーズです。
施工事例集とは、過去に実際に施工された建築デザインをまとめたものです。自分の家にも取り入れたいアイデアや、二世帯住宅において具体的に問題点を解決する方法や手法を知ることができます。これまで考えてもみなかった家作りの際に押さえておきたい部分を発見し、家族への配慮や間取りの工夫などを知ることができるので、理想をきちんと形にして現実化するためにも、取り寄せておくと良いでしょう。注意することは、ある程度計画が煮詰まってきている時点で追加工事をすることになると、手間も費用も予定よりもかさんでしまうことが考えられます。まだ工事にとりかかっていない、計画の時点での参考資料として活用することが望ましいです。