埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

家を手にするのならデザイナーズで

デザイナーという専門職とともに作るデザイナーズハウス


家を手にする方法はいろいろとあります。そのひとつとして、注文住宅は、もっとも自由度を高めることができる方法といえるでしょう。いかに自分の希望を活かしていくのかが注文住宅の良さですが、方法の一つとしてデザイナーズハウスを選ぶというものがあります。
家を建てるとなると、営業担当者と設計士が一緒になってこちらの意見をまとめながら作り上げていくのが一般的です。それに比べて、デザイナーや建築士が企画の段階から大きくかかわってくるところに違いが出てきます。デザインという方向性が強くでてくるところが特徴的で、意匠的に強いこだわりが出てくる性格を持っているといえるでしょう。自分が探すときにも、気に入ったデザインの物件があれば、そのデザイナーとともに進めてみるという選択が生まれてきます。単に自分の思いを生かすというだけではなく、デザイナーの技量や成果を取り入れながら進めていくことができれば、さらに一歩進めた素晴らしい物件が出来上がることが期待できます。
目指す家としては、快適で希望の詰まったものであることは注文住宅と同じですが、その手法的な部分に違いがあるといえます。明確な線引きがあるわけではありませんが、デザイナーという専門職がついているようになることで、設計に反映するだけではなく、希望を具現化することができるようになるでしょう。ここが大きなポイントであり、大事な部分です。だれもが家を建てる上で多くの希望があるのですから、安心して反映していくためにも、デザイナーのセンスや技量がポイントになってくることは間違いありません。

大事な資金計画から


デザイナーズハウスを作っていく場合、大事なことは資金計画にあります。いろいろなことができますが、予算には限界があるものです。一体どれぐらいの資金を使うことができるのか、そこから考えていくことが重要になってきます。どうしても、デザイナーズハウスとなると、無尽蔵にお金がかかると思ってしまうことがありますが、そんなことはありません。しっかりとした住宅会社であれば、予算の範囲内で実現する方法を考えるからです。これが設計であり、デザイナーの腕の見せ所として考えることができます。お金を無尽蔵に使って建てるのは、腕があるとは言えないでしょう。
資金計画を立てる場合には、無理をしないで返済できるようにすることが必要です。どんなに夢をかなえる方法といっても、長く住む家を建てるのですから、無理なく返済を続けられることが重要になってきます。その中から、いったいどれぐらいかけることができるのか、土地の値段も考えながら計画を立てていかなければいけません。それも、余裕を持って考えることが必要ですので、できるだけシビアな目線で考えることが必要になってきます。これぐらいならいいだろうといったことではなく、厳しい目で予算を管理して、オーバーしないようにすることが必要といえます。
土地に関して言えば、どんなに優れた家を建てられたとしても、住みにくい場所であれば意味がありません。住みたい場所で探すということも大切ですが、実際に見つけるのは簡単なことではないので、そんな時には、住宅会社に相談してみるのも方法のひとつです。専門家なのですから、さまざまなことを相談しながら、適切なアドバイスをもらって、ベストな選択をしていくことが重要です。

時間をかけて作り上げるということ


デザイナーズハウスを作ろうと思ったとき、施工に時間がかかることは覚えておかなければいけないポイントでしょう。早く家を手に入れたい事情があるときには、こうした方法は向きません。じっくりと腰を据えていかなければ、打ち合わせも進みませんし、納得がいく形にならない場合があるからです。設計をするだけでも時間がかかりますし、土地を見つけるところからとなれば、さらに時間が必要となります。基礎工事をしなければ建てることはできませんし、建てるためにはさまざまな部材の注文の必要も出てきます。ローンの審査といったことも考えていく必要があります。それだけの時間をかけ、納得がいくものを作りたいという人にはぴったりの方法であることは間違いありません。
時間がかかるということが欠点といえることもできますが、それだけの時間をかけるだけの価値があるのを知れば、欠点とは思わないでしょう。納得のいく家を建てることを考えた場合、細かに打ち合わせをすることは当然のことだからです。
一生のうち、家は何度も購入することができるものではありません。とても大きな買い物ですし、簡単に支払うことができるような金額でもありません。それだけの買い物をするのですから、時間をかけて納得ができるデザイナーズハウスを手に入れるというのは、大きな楽しみにもつながります。そのために必要な時間であると考えれば、価値の高さを感じることができることでしょう。