埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

家の内装をおしゃれに和モダンのある空間にする

内装を和モダンにするメリットはどこにある?


マンションなどを中心として現代の家は洋風にアレンジされた部屋が中心になっています。洋風の部屋で暮らしている方が都会的で暮らしやすいという意見もあるでしょう。しかしその反面、子どものころの実家をイメージするような和風テイストを残したいと思っている人も少なくありません。
そのような人の間で近年注目されているインテリアスタイルの一つに、和モダンがあります。基本的には洋風の暮らしができる部分は現代の一般的な住宅と一緒です。しかしその中にも和風のインテリアや素材を取り入れることによって、日本古来の和の雰囲気と機能的な洋風とを融合させていこうというのが基本的なコンセプトです。
洋風のインテリアの場合、テーブルやいすなど高さのあるものが中心です。しかし日本人は、地面に直接座るのをはじめとして低い目線での暮らしを長年ずっと行ってきました。そこで和モダンスタイルの特徴として、ロータイプの家具を中心に構成するというものがあります。床に近い所に家具があることで、常に目線を低く持っていくことができます。
和モダンの内装を取り入れた人の中には「以前と比較してもっと落ち着ける空間になった」という意見もしばしばみられます。またこの低い家具に囲まれるというのは、部屋の広さを感じさせる意味でもメリットがあります。上部の空間がすっきりとするので、見た目にゆとりが出てくるのです。狭めのマンションやアパートで生活する人は少しでも窮屈さを出さないようにするためにも、和モダンのスタイルを取り入れてみるのはメリットがあります。

家のスタイルを決めるにあたって重要なのは色をどうするか?


では自分の家に和モダンのテイストを取り入れるにはどうすれば良いでしょうか。そのためには内装の色をどうするかを考えることです。内装ですが、少し落ち着いた色を取り入れてみると、和風の大人の空間になりやすいです。具体的には墨のような黒や朱色を部分的に取り入れてみるという方法があります。内装全般をこういった色で統一してしまうと、ちょっと色の力が強くなってしまいます。ですからベースになる色はもっとオーソドックスで自己主張の強くないものを用意するのがおすすめです。
例えば深みのあるグリーンや辛子色などはどうでしょうか。いずれも昔の日本家屋の壁などにしばしばつかわれていた色なので、和風テイストには適していると言えます。全体的にトーンは深みのある、落ち着いた色合いのものを選ぶのがおすすめです。この方が和風でありながらどこかモダンな雰囲気も感じさせてくれるような空間に近くなります。
和風の住宅をイメージしてみましょう。障子やふすま、畳などいずれも直線のアイテムが使われているという印象はありませんか。和風の建築を見てみると、基本的に直線で構成されています。日本の住宅は基本的に茶室を見ても分かるように簡素なものが多いので、無駄なものを極力そぎ落とす傾向があります。そのためには直線的な内装を意識することが大事です。
現代の建築の中には、丸みを取り入れた空間もしばしばみられます。しかし和風を前面に出したければ、できるだけ直線のみによって構成されている空間で、インテリアコーディネートをしてみるのも方法の一つです。インテリアについても、あまり複雑なデザインを取り入れないようにする、小物などのアイテムもシンプルにして雑然とした印象にしないように心がけてみましょう。

畳などを用意して和風テイストを強めてみる


和モダンの家を目指すのであれば、内装で床がひとつのポイントになります。やはり和風の住宅と言えば、床は畳というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。しかし特にマンションなどを見てみると、フローリングをはじめとして、なかなか畳の床の物件は見られなくなりました。
畳の床でなければ、ラグで代用することもできます。現在販売されているラグの中には、畳テイストのい草を使ったものも出てきています。これをフローリングの床に敷くだけでも印象が和風に近づきます。そして畳の中でもおすすめなのが、琉球畳です。琉球畳の特徴として、縁のないことが挙げられます。縁のないことによって、圧迫感を軽減でき、モダンな雰囲気になっています。もし部屋のスペースがあまり広くないのであれば、このような琉球畳を使ってみると良いでしょう。リビング横の洋室にこのようなラグを取り入れただけでも、簡単に和モダンスタイルの雰囲気にすることが可能です。
また小さな子供のいる家庭でも琉球畳を使ってみると良いでしょう。子どもは部屋の中を走り回ることが多いものです。フローリングで滑って転倒すると怪我をする恐れもあります。しかし畳のような天然素材の上であれば、もし転倒したとしても安心です。フローリングだけでなく、座ったり横になったりするほっと落ち着ける空間を作ることもできるので、家の内装のアレンジに困ったのであれば、このような形で和モダンを取り入れてみるのも方法の一つです。