埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

和風建築の注文住宅で採光を考える

住みやすさに必要な採光を考えていく


注文住宅を作るのであれば、住みやすい家にしたいと考えるのが当然です。一生に何度もそのチャンスが訪れるわけではないのですから、とても重要なポイントになるでしょう。省エネや節電なども考えていかなければいけませんが、住みやすさということを考えていかなければ意味がありません。その中で進めていくことが省エネや節電ということになるからです。順番が大切であるのは、注文住宅で建てる場合にはよく考えていかなければいけないということになります。和風の建築にする場合でも、よく考えていく必要が出てくるでしょう。その中で大切なことが、風通しということとともに必要になる採光です。風を通すということとともに、光というものは生活に欠かすことができません。生活しているなかで、気分も大きく変わってくることは確かです。和風であっても重要なのは、大きな開口を作るということになるでしょう。太陽の傾きから考えて、南側に作ればそれだけ効果もあげられるようになるはずです。ですが、光を取り入れるということで開口を大きく作れば、外からも見えるようになってしまいます。プライバシーということとともに考えていかなければ、両立させることが難しくなるでしょう。
採光がうまくできるようになっていくと、電気を使うタイミングが変わってきます。日中などでは電気を使わずに済むことから、節電を進めていくことができるようになるでしょう。光は暖かく感じるようになり、冬場は過ごしやすく、夏場は風通しによって過ごしやすくなります。和風の住宅で快適に毎日を過ごしやすくするためには、非常に重要なポイントになるのは間違いありません。

熱を遮り自然な空間を作り出すためにも


和風でも注文住宅では、窓からの熱ということも考えていく必要があるでしょう。日差しが入ることで、暖かな空間にすることはできます。その代わりに、室内の温度が上がりやすくなり、夏場は快適に過ごすことが難しくなります。風通しの良さでカバーすることができますが、外気温よりも大きく室温を下げることはできません。そのため、暑い日にはエアコンなどの冷房機器の必要性も出てきます。節電は重要なことですが、仮に健康を害して病院代がかかったとなると、せっかく節約したとしても無意味になってしまうからです。そうなると、採光ということと遮熱ということを考えていく必要があるでしょう。バランスが重要な要素となりますが、そこで重要になってくるのは、窓からの熱の侵入を遮断することです。そこで、複層ガラスなどを使うというのもひとつの方法といえるでしょう。これによって、外からの熱を遮断しながらも、光は取り入れることができるようになります。
和風の場合には、畳を使うということも重要ですが、常に強い光ばかりを浴びれば、すぐに焼けてしまうということもあるでしょう。こうした複層ガラスなどを用いれば、さわやかな空間づくりを進めることができます。これだけではなく、植栽なども重要になってくるでしょう。注文住宅というと、家を建てるということだけに注目してしまいますが、植栽ひとつによって、日陰が出来上がり、さわやかな空間にすることも可能です。窓も開けることができるようになり、涼しい時間には部屋の熱気を逃がすことができるようになります。新鮮な空気も取り入れることができるようになり、夏場の冷房を下げることもできるようになるでしょう。快適に保つためには、重要なポイントです。その中で自然な光を取り入れることができるようになるのですから、和風の空間にはぴったりとなるでしょう。

古き知恵を現代で大きなメリットとして生かす


和風の空間の採光ということでは、ガラス戸やサッシの形状も重要になってきます。縁側に大型サッシを取り付けるというのもひとつの方法となるでしょう。そこに、障子を設けることによって、採光と遮光という二つの目的を果たすことができるようになります。大きな窓にすることができれば、冬も暖かに過ごすことができるでしょう。障子によって外からの視線を遮ることができるようになり、プライバシー保護にも大いに役立ちます。これは和風建築のメリットともいえるでしょう。注文住宅においても、こうした利点を生かしていくことによって、さらに過ごしやすい空間を作り出せるようになります。室内もガラス戸を使うことによって、他の部屋の光も利用することができますし、部屋に入った光を外に有効活用もできるでしょう。曇りガラスを使うことができれば、プライバシーも確保することができますし、光も維持することができます。
洋室にするだけが注文住宅ではありません。和風の良さを生かしていくこともできるのですから、現代の建築にも取り入れていくべきでしょう。昔の知恵は古いだけのものではありません。現代の建築技術とともに考えれば、素晴らしい空間を作り出せるといえるでしょう。