埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

和風住宅を建てるために照明にもこだわってみよう

和風住宅の照明


和風住宅を建てたいと思う方は照明に凝ってみるのも良いかもしれません。和の明かりについて考えてみましょう。
洋風のものですと、シャンデリアがありますが、和風というとどんなものがあるでしょうか。シャンデリアの華やかな明るさと比べ、和風のものはほのかな明るさです。日本のわびさびの精神なのかもしれません。和風住宅のホームページを見ると、部屋のあちこちにそのような照明がほんのりと控えめに灯っていて、和の落ち着きを感じさせます。また、和の照明用の器具には和紙が使ってあるの場合が多いので、和の雰囲気がいっそう楽しめそうです。このような落ち着きは老舗温泉旅館等をイメージすると分かりやすいかもしれません。これから和テイストのものをそろえたいと言う人は、この点を考えてそろえると良いでしょう。
それでも、迷ってしまったり、何処で買ったらいいか分からないと言う時は、住宅を建てる時に住宅の会社に相談すると良いでしょう。デザイナーズハウス等の注文住宅を扱っている会社でデザイン性の高い住宅を扱っているところのショールームでは様々な住宅に関するものがそろっています。もちろん、照明用のサンプルもあるでしょうから、見せてもらえるでしょう。
ただし、ショールーム見学の際は予約が必要な場合が多いです。インターネットでメール予約が可能なところもあるので、必要事項を記入して事前に予約しましょう。その際、希望、質問等の入力欄がある場合は、和風の家を考えているということを書いておくと、スムーズに話が進みます。
このようにして、和風住宅にはどのような明るさがよいか、この住宅の会社に相談するなどして検討すると良いでしょう。家の明るさは重要ですから、よく考えることが大切です。

和風住宅を考える


和風住宅について、様々なことを考えてみましょう。もし、和風住宅を建てるのであれば、外観のデザイン、内部の明るさにこだわって照明用の器具に凝ってみるのもステキです。外観、明るさは、お好みもありますが、和風のお宅の施行事例を見ると、明るさはどの家もほのかな明るさになっていることが多いようです。明るすぎないほうが和風の外観にふさわしいのかもしれません。
また、こういったデザインにこだわった住宅を提供する会社では注文住宅等のパンフレットがあるため、取り寄せて家族で検討するというのも良いでしょう。思い描いたような住宅があるかもしれません。まずは、どのような外観の住宅にしたいかを考えた上で、家の中の明るさについて考えた方がスムーズにいくでしょう。住宅展示場にも足を運び、担当者から話を聞いたり、家族で、どのような家にしたいか話し合ってみるのもおすすめです。このようなデザインに凝った住宅会社の担当者は様々な事例を見ていますから、良い提案をしてくれるでしょう。その話を聞きながら、ご自身やご家族の考えを取りまとめて、予算等も考えなければいけません。
そして、お子様がいらっしゃれば、10年後等を想定して考えると良いかもしれません。お子様は必ず大きくなりますから、部屋が足りないなどとなっては困るでしょう。そのようなことを念頭に家族のニーズにあった和風住宅を明るさにこだわって建てると、より素敵なものができるでしょう。

和風暮らしを楽しもう


和風を好む人であれば、和風の住宅を建てると和風の暮らしを楽しめて良いでしょう。家を和風にするとなると、家具や照明等に凝ってみる場合もあります。住宅の会社等のホームページやパンフレットには素敵な家が載っていますから、見ているだけでも楽しめるでしょう。デザインにこだわるような住宅の会社では注文住宅があり、デザイナーが提案した家等がホームページで見られますから、こういうところを見るとより参考になるでしょう。和風テイストの家というのが多く見られるのも、このようなタイプの家を好む人が多いということかもしれません。やはり、日本の和の心を大事にしたいと思う人が増えている傾向なのでしょう。最近は和食の人気が高まっているのもそのような傾向の一つかもしれません。
和風の暮らしというと、和室があります。障子、畳といった日本古来からの生活様式を大切にした暮らしです。照明も畳や障子が映えるようなものを考えると良いかもしれません。このような和風の暮らしは海外からも注目されていますので、最近は日本を訪れる外国人が増えています。和風住宅の場合は、外国人の受け入れにも適しているでしょう。
将来的に、お子様のために外国人のホームステイ等を受け入れたりできれば、英語の上達にもなりますし、外国人もこのような和風の暮らしを体験できて喜んでくれるかもしれません。自治体ではこういった交換ホームステイの制度があるというところもありますので、考えてみても良いでしょう。外国人を受け入れる代わりにお子様が外国でホームステイ出来る場合もあります。和風住宅はこのようにあらゆる可能性があります。和風暮らしを楽しみましょう。