埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

和風住宅の特徴と良さ

和風住宅の特徴である縁側と土間


縁側は家のへりに作られた板敷き状の部分で、古くからの日本の住宅に多く見られます。部屋の外側や外周部に作り付けられており、廊下として使用されることもありますが庭から部屋に入ることができ、洋風住宅のウッドデッキやベランダに近いものです。縁側が建具の外に作られているものを外縁や濡縁と呼ばれます。腰を掛ける程度の比較的幅の狭い物が多いです。建具の内側に作られた縁側は内縁と呼ばれており、外縁に比べると広いものが多いです。また、側柱と入側柱の間を広く作り板を張って作ったものを入側縁や広縁と呼びます。入側縁の外側には外縁があることもあります。
縁側は、板の張り方によっても呼び方が決まっています。建物に対して垂直に板を張る方法で作られているものを切れ目縁と言います。薄い板を作る技術がなかったころの古い日本住宅に多いです。建物に対して平行に板を張る方法で作られているものをくれ縁と言います。薄い板を作ることが可能となってからは、平行に張りつけているものが多く比較的新しい住宅はくれ縁が多いです。
古い日本家屋の土間は作業場や炊事場として使用されていたことが多く、土でできており土間から一段高く作られた生活場所である部屋に続いていました。比較的新しい日本家屋では、玄関を入ったすぐの場所で三和土や珪藻土、コンクリートやタイルでできているのが一般的です。
近年の和風住宅に縁側や土間を取り入れたものも多く、縁側に関しては特徴的な味わいを好んで切れ目縁を施している場合もあります。和風住宅でありながらウッドデッキのような広いスペースを設けた縁側や、ベビーカーや車椅子が利用しやすい工夫を凝らした土間なども好まれています。

和風住宅の特徴である塗り壁


古くから和風住宅で多く使用されているのが塗り壁です。高温多湿である日本の気候の中で、湿気が多い時期には湿気を吸収することができ、乾燥する時期には湿気を放出することができるため年中快適に保つことができます。高い吸湿性があることでダニの繁殖やカビの発生を抑えることもできます。断熱効果や耐火性能が高いことや、塗り壁を用いることで耐震性能が増すというメリットもあります。塗り壁には上塗りに使われる土によって色や触り心地が違う土壁や、上塗りを砂で仕上げる砂壁、消石灰に砂や糊・麻スサなどを混ぜて作った漆喰を使用する漆喰壁などがあります。使用する素材によってさまざまなメリットもあります。
珪藻土を使った土壁は、無数の小さい穴が表面にたくさんあいている多孔質な土です。人に優しい素材であるとされており、調湿性や耐火性に優れています。断熱効果も高く、さらには遮音性や吸音性にも優れている高機能素材です。このほか、有害な化学物質を吸収する性質があり空気を浄化することができます。消臭効果もありたばこの匂いやペットの匂い、トイレの糞尿臭なども吸着して分解することができます。
備長炭を使用したものは調湿効果や消臭効果も高く、吸着効果によって空気の浄化機能も高いです。
漆喰は消臭効果が高く、アルカリ性のためカビに強い性質があります。また、塗布後の硬化方法により高い強度が特徴です。外壁にも使われることが多く、城や寺院・蔵などにも多く使用されてきた伝統ある素材です。
和風住宅のみではなく、洋風住宅に合う素材もあります。床の素材などとの組み合わせで和モダンなど、人の体にも優しく住み心地の良いおしゃれな住宅を実現することができます。

和風住宅の特徴である畳みや障子


和風住宅で多く用いられている畳は、土壁と同様で吸湿性と放湿性に優れており過ごしやすい環境を整えてくれます。藺草やわらで編んでいるためたくさんの空気を含むことができ、高い断熱性と保温性を発揮できるため、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。弾力性もあるため衝撃を吸収することができ、カーペットなどを利用しなくても体への負担が少ないです。遮断効果もあり、音を吸収してくれます。畳みの特徴でもある藺草の香りと色は、リラックス効果があります。
また、畳での生活は足腰にも良いとされており、就寝時の体圧が分散され腰の成長に悪影響を与えず背骨の曲がりを防ぐ効果があります。表面の感触は足裏を適度に刺激し脳を活性化するため、赤ちゃんやお年寄りに大きな影響を与えてくれます。
障子も古くから日本の住宅で使用されてきました。紙でできているため破れてしまうデメリットがありますが、紙と木でできているため調湿効果と断熱効果があります。近年の住宅で取り入れることにより冷暖房の使用頻度を抑えることや結露を防ぐ効果もあります。窓に取り付ける場合は直射日光を抑えることができ、優しい光を取り入れることができます。光を拡散して部屋の照明を均一にしてくれることから優しい雰囲気になり、照明効率は上がるので控えめな照明でも明るく見せてくれます。
畳みや障子は取り入れ方によって広々とした空間づくりにも役立ちます。さまざまな素材との融合によりモダンな雰囲気を醸し出すこともできます。