埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

和風住宅の外壁に利用したいサイディングの種類とは

和風の住宅にはどんな壁材があっている?


新しく建築された住宅をみると、和風モダンでオシャレな住宅が多いと感じることがよくあります。今新しく住宅を建築する計画の方、また設計段階という方は、壁の色や材質などをどうするか、設計士さんや建築会社の方々から説明を受けているかもしれません。しかし、正直、和風住宅に利用する外壁用のサイディングは種類が多く、素人ではさっぱりわかりません。
和モダンではなく、和風住宅がいいという方にとって、サイディングなどの壁材を利用すると洋風に近づいてしまうのではと悩む方も多いです。確かにこうした材料をみると、これは洋風か和モダンな住宅に利用するような壁材なのではないかと思うことも少なくありません。
壁材をタイルやレンガにすればまぎれもなく洋風イメージの家になります。しかし、和のイメージのサイディングもかなり多く、例えば塗り壁調のものなどなら、和風のイメージを崩さず、お値段もそれほどお高くなく利用できるので、和風住宅の外壁などによく利用されています。和風というとどうしても塗り壁にしないと雰囲気が出ないからデザインも塗り壁的な物しか使えないと思う人も多いのですが、実は木目的なデザインのものでも雰囲気のいい和風的なイメージになるものがあります。木の質感が見える和風住宅なら、ウッド調のものを利用すれば優しい雰囲気の住宅になります。
デザイン等も豊富なので様々な物を見ておきたいと思う時には、建築会社の方や設計士さんに見本を見せてもらうとイメージしやすいと思います。またお近くに新築された和風の住宅があるという場合や、古くてもその壁に利用されているイメージに近い物を利用すると、和テイストの住宅になると思います。
塗り壁で外壁を作るとかなりの費用が掛かりますが、サイディングならかなりコストダウンできるので予算に合わせて考えてみるといいでしょう。

利用する材料で将来にも違いが出てくる


今どのような壁にするか悩んでいるという方で、お近くにメーカーの展示場などがあるようなら、一度展示場を訪れてみるといいと思います。みなさんが考えているよりも、住宅の壁に利用する素材はかなり多く、特にサイディングの種類はとても豊富なのです。
またこの材質がいい、デザインがいいと思うものがあれば、住宅展示場などを訪れてみると、最近は和モダン住宅や和風住宅が人気で、展示会場にも多くなってきていますので、どのような壁材が利用されているか確認できるかも知れません。メーカーの展示場には壁材のほかにも、見ておくべき材料や設備などがたくさん展示されていますし、住宅展示場は実際にその設備や材料が利用されているので、利用したらどのようになるのかということがイメージしやすくなるのでオススメです。
また和風の外壁にサイディングを利用する場合、縦に利用するか、横に利用するかで全く印象が変わる事があります。通常横でも縦でも利用可能なので、どっち方向に利用するのかをよく考えておくことも大切な事です。縦横の違いでかなりイメージが変わります。
それに利用する材料によってコストのほか、後のメンテナンスも変わってきます。外壁は雨風にさらされることが多いのでどうしても傷みますし、劣化によって防水機能が衰える時が来るので、ある程度の期間で改修、リフォームが必要になる事も考えておくべきです。
高ければいいということはありませんが、やはりある程度の材料を選んでおかないと後でお金がかかる事も少なくありません。じっくり将来のことも考えて材料、設備等も考えていく方がいいでしょう。

和風のイメージにしたいならどんなサイディングを使う?


タイル、レンガなどの模様を利用するとかなり洋風なイメージになります。最近はメーカーから耐久性もあり、より美しいデザインサイディングが販売されていますので、少しお高くなっても長く持たせたいという場合には新しい物を利用してもいいかと思います。
石柄は様々な色とイメージの違う石の模様を出しているもので、どれを利用するかによって洋風にも傾きますし和風にも傾きます。かなり自然の石と近い風合いを持っているものもありますので、デザインや色などをよく確認して壁に使った場合にどういったイメージになるか考えてみることも大切です。
木目は和風住宅にぴったりするサイディングですが、木目調もデザインがとても多く、本当に木の風合いを感じる暖かな色合いもありますし、木目でも無機質なグレーを使ったものがありますので、印象がだいぶ変わります。ナチュラルな木目や色のものでも、横に利用すると洋風という感じが出てきますし、縦に利用すると和風という印象になり、使い方、方向を違えるだけでも印象ががらりと変わります。どちらの方向に利用するかを考えておく方がいいと思います。
ベース柄は和風、洋風、モダン、またクラシックなど様々な印象のラインアップが揃っているので、ベース柄から選択される方も多いようです。和風住宅により傾けるために、こうしたベース柄を利用し、外壁に組み込む窓枠をより日本調に仕上げるなどすると、モダン的なイメージを感じる和風の住宅になります。
和風の住宅でもどんなイメージの外観にしたいのか考えて使う材料、材質を選ぶこと、また耐久性等も考慮して選ぶ必要もあります。