埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

和風モダン住宅にあえて土間を取り入れる意味とメリット

意外に相性抜群?和風モダン住宅に土間を入れる意味


日本で伝統的に取り入れられてきた建築工法のひとつに土間があります。昔ながらの農村地域などで多く見られるスタイルですが、機能的にもすぐれているとしてここ数年は都市部の注文住宅などでも取り入れられるケースが増えてきています。
第一のメリットは、外からの汚れを直接室内に持ち込まずにすむことです。玄関部分に専用スペースを確保することによって外と室内との中間地点ができ、畑から持ってきたばかりでまだ土がついている野菜などをいったん保管しておくことができます。農村地域で活用されてきたのは、そのような理由があるのです。
大型の荷物を置いておくスペースとしても最適です。自転車やバイクなど汚れのつきやすいものの専用スペースにすることで雨や泥などを気にせず、屋内での暮らしを楽しむことができます。
ちょっとした来客時にも効果を発揮します。たとえば、新聞の勧誘やキャッチセールスなど、部屋のプライベートな部分は見せたくないけれど玄関先で応対するのはなんとなく失礼などという場合にも、屋外と室内との緩衝地帯がもうけられていれば落ち着いて話ができますし、相手にも不快感を与えずにすみます。これもまた、御近所同士のコミュニケーションが比較的さかんな農村地域のコミュニティを守るための生活の知恵なのかもしれません。
汚れを気にしなくてすむというメリットを利用して、キッチンの床に配置するのもひとつのアイディアです。キッチンは家の中でも最も水による汚れがつきやすく、フローリングではメンテナンスに苦労するという声がよく聞かれます。その点、排水性にすぐれ汚れをある程度放置できるスペースをキッチンにつくれば普段のお手入れも格段に楽になります。

和風モダン様式に土間を入れるデメリット


日本古来の伝統様式は上手に活用すれば暮らしをいろいろな意味で支えてくれますが、その一方でデメリットについても慎重に考慮しなくてはなりません。
暮らしに直接影響を与えるという面でのデメリットといえば、冬場の底冷えが挙げられます。コンクリートをむき出しのまま放置しているような状態のため、冬場は外気温の冷たさが直接的に伝わってしまい、断熱効果がほとんど期待できないのです。また、反対に熱気も溜め込みやすいという特徴があり、たとえば近くに冷蔵庫などを配置すると、本体が放出する熱を吸収して真夏でも熱くなってしまう場合があります。注文住宅に取り入れる場合は最大の特徴である蓄熱作用を考慮に入れたうえで、冬場にはとくに高性能の暖房器具を併用するなど、厳重な寒さ対策が必要になります。
空間的な非効率性もデメリットのひとつです。もともとフラットな空間の一部をあえて若干低くする手法ですから、必然的に空間が分割されることになります。あらかじめ分割されることを想定したうえで配置する場合は問題ありませんが、リフォームなどで急遽分割が必要になった場合には空間がより不便なかたちで分けられることになりかねません。また、年齢を重ねるにつれて分割によって生まれた段差が億劫になるケースもあります。最近注目のスキップフロアと同様、導入にあたっては体力がなくなってからのこともよく考え、必要に応じてバリアフリー設計に切り替えられるような工夫が必要になります。
ここまで見てきておわかりいただけたかもしれませんが、デメリットはメリットの裏返しです。ちょっとした工夫次第で欠点を利点に変えることができます。注文住宅設計の際は専門家のアドバイスを取り入れたうえで最適な手法を取り入れましょう。

和風モダン住宅の土間設計で後悔しないためには


プロのアドバイスを最大限に取り入れ、理想を思いきり追求した注文住宅も、暮らしていくうちにいつしか経年劣化し、あちこち修繕する必要が出てきます。住宅のリフォームで最も多いのはキッチン、トイレなどの水まわりと言われています。水まわりはとくに年月による劣化が激しく、場合によっては大がかりな改修工事が必要になるケースがあります。
つづいてリフォームの依頼が多く寄せられるのが寝室です。ベッドルームは1日の始まりと終わりを清々しい気分でむかえたい場所であり、ユーザーの理想を最大限に実現したい空間でもあります。住まいを事前にチェックするのは日中の時間帯が多く、早朝や深夜のベッドルームの快適さを知る機会はほとんどありません。そのため、実際に入居してはじめて空間的な違和感に気づき、あわてて改修工事を行うケースが多いようです。
注文住宅を購入するうえで大切なのは、夫婦間での意見をすり合わせておくことです。住まいはほとんどの人にとって一生に一度の買い物になるため、それぞれの理想や譲れないポイントがぶつかり合い、決定的な亀裂につながりやすいと考えることができます。設計前の段階で納得のいくまでとことん話し合い、最終的にはきちんと意見を一致させる、というのが理想の住まいづくりのパターンです。
夫婦だけの問題ではありません。子どもがある程度成長している場合は、子どもの意見を取り入れる必要があるでしょう。また、両親世代との同居を視野に入れている場合はそちらのほうの要望を反映させることも重要です。夫婦、両親、子ども、それぞれの願望をひとつひとつ意味のあるかたちにして、理想の住まいをつくっていく、それはまさに「みんなのいえ」なのです。