埼玉県、千葉県、東京都のデザイナーズハウス

COLUMN

和モダン住宅の家具の配置や展示場と業者の選び方


和モダン住宅の家具の配置のポイント



和モダン住宅の購入を検討している人も多いですが、購入後には家具を配置することが一般的です。家具があることで生活の利便性を高めることができます。例えば種類にはベッドやソファー、ダイニングテーブルなど、複数挙げられます。ベッドは就寝をする時に使います。ソファーはリビングでくつろぐため、ダイニングテーブルは家族で食事を楽しむために活用します。しかし、実際に家具を導入する人の中にはどのような配置が好ましいのか分からないという人も少なくありません。配置にはポイントがあるので紹介をします。

ポイントの一つは動線に配慮して配置をすることです。もし動線に配慮しないで設置をすれば、移動する時に家具に足などをぶつけてしまう可能性が高くなります。また、比較的軽量の家具は衝突によって倒れてしまうことも珍しくありません。動線を確保しないと逆に生活がしづらくなり、安全性が確保できないこともあります。動線に配慮するためには人の移動にはどれぐらいのスペースが必要なのかを考えます。体型などによっても異なりますが、一般的には横向きに通過する時は約45センチ以上必要であるとされています。横向きで通過する狭いスペースは和モダン住宅には少ないため、正面を向いて通過することが多いですが、正面を向いて通過する時に必要とされるスペースは約55センチから60センチです。さらに家族で暮らす人も多いため、二人同時に通過する機会も多くなります。二人が同時に通過する機会が多いスペースに関しては、約110センチ以上スペースを空けておきましょう。家具を動線を考えてレイアウトする時、ダイニングテーブルなどは椅子を引いた時に壁など何かの障害物に衝突してしまわないように設置します。

また、スペースは余裕を持たせることで暮らしやすい配置が実現できる可能性があります。多くの方は狭さを感じる住宅よりも広々としている空間の方が好ましいと考えます。広々とした空間を実現するためにも家具の配置は考慮すべきと言われています。例えば、圧迫感をできるだけ少なくするために、ソファーやダイニングテーブルに座った時に窓側に目線をやれるように配置をします。もし窓に庭などがあれば、視線が抜けるので広々と感じる人が多くなります。

さらに、とても背の高い家具はできるだけ控えた方が良いでしょう。その理由は背が高いことで圧迫感を感じやすくなるからです。食器棚などに関しても背が高い家具になります。どうしても背が高いものを設置する必要がある人は、できるだけ壁側に配置できるように工夫をしましょう。



和モダン住宅の展示場に参加しよう



このように家具の配置にはさまざまなポイントがありますが、一から配置をしたことがない人の中には一度例を見てみたいと考える人も少なくないでしょう。実際に例を見れば、どのような配置が好ましいのか理解できると共に、その配置を気に入れば自分の和モダン住宅にも取り入れることができます。

また、実際に和モダン住宅を購入していない人で早めに配置を検討している人もいますが、そのような人は展示場に参加することで内装を確認することができます。展示場のモデルハウスにはダイニングテーブルや本棚などが設置されているため、配置の参考にできます。そして、内装だけでなく展示場では実際にそのハウスメーカーのスタッフの人が対応をしてくれます。そのため、もし和モダン住宅の購入で悩みを抱えている場合でも相談に乗ってもらうことができます。

さらに、展示場に参加をすればそのスタッフとの相性なども確認することができるため、メーカー選びにも活用することができます。参加をする人の中には歩きながら見回すだけの人もいますが、実際にダイニングテーブルやソファーに座ることで和モダン住宅の魅力などを感じられる可能性があります。例えば、ソファーに座ることで見え方なども確認することができます。



業者の選び方のコツを知る



実際に和モダン住宅の購入を検討している人もいますが、現在では家の設計や販売をしてくれる業者は複数あるため、あらかじめ選び方のコツを知っておくと参考にすることができるでしょう。

まず業者を選択する時は施工事例を確認します。展示場と同様に、施工事例を確認すればどのような設計で販売をしたのかなどを確認することができす。これによって業者の設計力などを知ることができる可能性があるため、参考にできます。

次に価格を確認します。価格は土地や住宅の広さなどによって異なる可能性もありますが、業者によっても金額が異なることがあるため、提示された値段の比較をして予算内で対応してくれる業者を選択しましょう。

また、業者を選ぶ時はアフターメンテナンスなども確認をします。基本的に多くの業者がアフターメンテナンスを行ってくれますが、アフターメンテナンスの対応をしてくれる期間などは異なるため、それぞれの業者で確認をして依頼しましょう。